小説 文学 知識

都甲幸治と町田康が、夏目漱石『吾輩は猫である』を語った対談から、夏目文学を考察する。

投稿日:





夏目漱石『吾輩は猫である』

 

だれもが一度は読んだことのある言わずと知れた名作。

夏目漱石は、39歳でこの作品を書き、40歳でこの世を去った。

この作品に込められた思いとは?

一見ふざけっぱなしのこの作品。

漱石は最後の最後でこう綴っている。

「呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、
どこか悲しい音がする。」

ユーモアが繰り返されたあとに、

最後に人間の根底を問う。




都甲幸治と町田康が『吾輩は猫である』を語った

アメリカ文学研究者であり翻訳家の都甲幸治と、

いまや日本文学の第一人者でありる町田康が、

『吾輩は猫である』について対談した。

今回は、そのとき二人が語っていたことを思い出して書いてみる。

 

都甲は上記した漱石の名文についてこう考察する。

「500ページぼけてきて、最後に悲しみを表現している」

それに対して町田は、漱石の思いを段階的に予想し、違った考えを示す。

①「最初から絶望」

⇒②「おちゃらけてみよう」

⇒③「ますます悲しくなってきた」

この作品を書いて1年でなくなった漱石。

怒涛のユーモアの最後に、

うつ病であったとも言われる彼の心の闇を垣間見ることができる。

猫を主人公にするということ

動物が主人公として登場する作品を多く出版している町田康。

 

主人公を動物にすることで、文章のあり方が変わってくるという。

町田康は、執筆時のエピソードで、

猫を主人公として描いた時の小説の面白さを語った。

「猫なで声」という言葉を書こうと思ったとき、

彼は、「ちがう」と思い、

「猫なでられ声」だと訂正した、という。

そこに読者としては、ユーモアを感じるようになる。

あるいは、

「新幹線に乗って大阪に行った」

という文章を書こうと思ったときに、

「新幹線というものがあるらしいが、」と前置きを置かなければならない

とその「制限」を語る。

制限があるからこそ、窮屈になり、それを打ち破ろうとするエネルギーが笑いを生むのではないか。

漱石においても、『吾輩は猫である』の冒頭で、

窮屈をユーモアに変えている部分がある。

吾輩はここで始めて人間というものを見た。然もあとで聞くとそれは書生という人間のなかで一番獰悪な種族であったそうだ。

猫目線で語ることで、自分自身(書生)を皮肉している。

町田康が語る「文学の意味」

町田は、自分で作品を書くときに、

自ら笑いながら書いているという。

そうして自分の正気を保っているのだという。

漱石もそうした意味合いを持ちながら『吾輩は猫である』を書いたのではないだろうか。

だとしたら執筆が漱石の心を癒していたのかもしれない。









-小説, 文学, 知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『着物と暮らす』知識ゼロから着物選び、着付け、買取まで全てを学ぶ。

着物の季節 着物の季節はいつだろうか。 夏、花火大会、 なんてのがまず思い浮かぶかもしれない。 しかし着物は、日本人にとってオールシーズン楽しむべきものなのではないだろうか。 そのためには、 着物のあ …

信じがたいニュース「警官が銃をトイレに置き忘れ?」 思い出さずにはいられない中村文則のあの小説。

驚愕のニュースが飛び込んできた 2017年12月9日、毎日新聞から驚きのニュースが届いた。 群馬県警の警官が、ドラッグストアのトイレに銃を置き忘れた というのだ。 結果からして、客が気づき回収されたた …

副業初心者が確実に簡単に稼げるオススメ副業ランキング。一位は、せどり。FX、アフィリエイトなどその他副業との違いは?

副業ブーム 現在、副業がブームだといわれている。 終身雇用や年金に対する不安から、 会社員としての収入だけでは満足できず、 副業に着手する人が非常に多いのだ。 副業というと、どんなものを思い浮かべるだ …

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

【小説家志望者必見】ワセダ大学小説教室が1,500円ほどで受講可能? 芥川賞作家・三田誠広の講義を格安で受講する方法。

三田誠広とは? 日本の小説家。大阪府出身 日本文藝家協会副理事長。 歴史時代作家クラブ会員。 早稲田大学客員教授を経て、武蔵野大学教授。 『僕って何』で第77回(昭和52年度上半期)芥川賞を受賞。 内 …