小説 文学 知識

都甲幸治と町田康が、夏目漱石『吾輩は猫である』を語った対談から、夏目文学を考察する。

投稿日:





夏目漱石『吾輩は猫である』

 

だれもが一度は読んだことのある言わずと知れた名作。

夏目漱石は、39歳でこの作品を書き、40歳でこの世を去った。

この作品に込められた思いとは?

一見ふざけっぱなしのこの作品。

漱石は最後の最後でこう綴っている。

「呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、
どこか悲しい音がする。」

ユーモアが繰り返されたあとに、

最後に人間の根底を問う。




都甲幸治と町田康が『吾輩は猫である』を語った

アメリカ文学研究者であり翻訳家の都甲幸治と、

いまや日本文学の第一人者でありる町田康が、

『吾輩は猫である』について対談した。

今回は、そのとき二人が語っていたことを思い出して書いてみる。

 

都甲は上記した漱石の名文についてこう考察する。

「500ページぼけてきて、最後に悲しみを表現している」

それに対して町田は、漱石の思いを段階的に予想し、違った考えを示す。

①「最初から絶望」

⇒②「おちゃらけてみよう」

⇒③「ますます悲しくなってきた」

この作品を書いて1年でなくなった漱石。

怒涛のユーモアの最後に、

うつ病であったとも言われる彼の心の闇を垣間見ることができる。

猫を主人公にするということ

動物が主人公として登場する作品を多く出版している町田康。

 

主人公を動物にすることで、文章のあり方が変わってくるという。

町田康は、執筆時のエピソードで、

猫を主人公として描いた時の小説の面白さを語った。

「猫なで声」という言葉を書こうと思ったとき、

彼は、「ちがう」と思い、

「猫なでられ声」だと訂正した、という。

そこに読者としては、ユーモアを感じるようになる。

あるいは、

「新幹線に乗って大阪に行った」

という文章を書こうと思ったときに、

「新幹線というものがあるらしいが、」と前置きを置かなければならない

とその「制限」を語る。

制限があるからこそ、窮屈になり、それを打ち破ろうとするエネルギーが笑いを生むのではないか。

漱石においても、『吾輩は猫である』の冒頭で、

窮屈をユーモアに変えている部分がある。

吾輩はここで始めて人間というものを見た。然もあとで聞くとそれは書生という人間のなかで一番獰悪な種族であったそうだ。

猫目線で語ることで、自分自身(書生)を皮肉している。

町田康が語る「文学の意味」

町田は、自分で作品を書くときに、

自ら笑いながら書いているという。

そうして自分の正気を保っているのだという。

漱石もそうした意味合いを持ちながら『吾輩は猫である』を書いたのではないだろうか。

だとしたら執筆が漱石の心を癒していたのかもしれない。









-小説, 文学, 知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【視力回復】1日5分で効果的に目を良くするためにすぐできること iPhoneの裏ワザも!

読書、、PC、スマホ・・・ 現代人の目は酷使されすぎている。 毎日のケアは必須で、 そうしなければ維持すらできず、 視力は落ちていくのみ。 目が悪くなると、遠くからきた人に 「ひさしぶり」 と言われて …

催眠療法(ヒプノセラピー)とは? 歴とした療法の一つ。これで医者要らず。オススメ本『あなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法』を紹介。

ヒプノセラピー(催眠療法)とは? 催眠療法(ヒプノセラピー)とは、 催眠を用いる精神療法の一種。 1955年に英国医師会が、 1958年に米国医師会が、有効な治療法として認めている。 実は、歴史のある …

【Kindle UnlimitedとPrime Readingの違い】実際にキンドルアンリミテッドを利用してみて感じたこと。オススメ本も紹介。

本・書籍ランキングへ Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い Prime Reading(プライムリーディング) 以前このブログでも紹介したPrime Reading。 ア …

アイコスの次はコレ!「入手困難なプルームテック」を今すぐに楽しむ秘密の方法。中原中也『わが喫煙』

Ploom TECH プルームテックをご存じですか? アイコスの次に来る新しいタバコ。 まだ福岡でしか販売されておらず、 なかなか手に入らない。 しかしながら、 プルームテックをすぐに楽しめる方法があ …

ポールオースター ニューヨーク3部作! 翻訳家柴田元幸 現代世界文学のおすすめ

ポールオースターとは? オースター,ポール 1947年生まれ。 コロンビア大学卒業後、数年間各国を放浪する。70年代は主として詩や評論、翻訳に創作意欲を注ぎ、’85年から’86年にかけて、『ガラスの街 …