オススメ品 知識

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

投稿日:




文章の書き方を何に学ぶか

学ぶは真似る。

名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、

文章力は向上していくだろう。

読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。

中でも一番手取り早く、

文章の持つ力を感じ取ることができるのは、

コピーライターの文章だ。

しかしコピーなら何でもいいと言うわけではない。

現代においてはネット上にコピーが溢れかえり、

下品で学ぶところの何もないコピーもたくさんある。

そうした玉石混交のなかで、

では、どのようにして優れたコピーに出会うべきなのだろうか。

今回は、効率的に素敵なコピーと出会える、

オススメ本を紹介する。

『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方』

 

内容(「BOOK」データベースより)

「メガネは、涙をながせません」(金鳳堂)、「たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった。」(日本たばこ産業)、「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」(日本ペットフード)―。広告コピーは、商品・サービス・企業をわかりやすく気持ちよく表現する、現代の高感度文章。ロングセラー『名作コピー読本』の著者が、読み手を惹きつけ、思いが伝わる文章の書き方を指南する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鈴木/康之

コピーライター。1937年生まれ。40年にわたって広告界でコピーライターとして活躍。「広告批評」主宰の広告学校では開講以来ドリルを担当、若手ライターたちにコピーの技法を指導する。広告制作会社タイム代表。




「読ませる」力

本のタイトルにもあるように、

優れたコピーには、

「読ませる」力がある。

そもそもコピーとは、

商品に興味を持ってもらい、買ってもらうための文章だ。

当然、目にとまるよう作られており、

印象に残るような文体を駆使している。

そして究極的に無駄を省く。

この「無駄を省く」というのはコピーライターだけでなく、

文章を書く全ての職業に当てはまる必須能力である。

ではいかに無駄を削ぎ落としていくのか。

著者によると、

まずはたくさん書く。

書いて書いて書きまくる、のだそうだ。

そしてそこから推敲にはいる。

元の文章量が多ければ多いほど、

情報の取捨選択をしなければならなくなる。

そうすることによって、

何を伝えたいのか。

自然と答えにたどり着くのだ。

プロがプロに学ぶ課程

この本の著者は、プロのコピーライターである。

そして当然この本の中に紹介されている幾多ものコピーもプロのコピーライターが書いたものだ。

著者は一つ一つコピーを取り上げ、

一つ一つ分析をしていく。

そして解説する。

つまりこの本では、

プロがプロに学ぶ過程を知ることができる。

すなわち読者は「学ぶは真似る」を真似る人となる。

効率的に学べるワケはそこにある。




-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

映画好き必見!Fire TV Stick がオススメな理由。Amazonを使いこなせ!

Fire TV Stickとは? Amazonビデオなどの映像コンテンツをテレビで観れるようにするためのデバイス。 使用方法は、HDMI端子にスティックを挿すだけ! Fire TV Stick (Ne …

内田樹『修業論』から無敵とは何か、無我の境地とは何かを学ぶ。合気道と哲学の関係性がスッキリ分かるベストセラー光文社新書。

内田樹 1950年東京都生まれ。 東京大学文学部仏文科卒業。 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授を2011年に退職。 同年、神戸市に武道と哲学のための学塾「凱風館」を開設。 『私家版・ユダヤ文化論』 …

夏目漱石『文鳥』を読んで文鳥を飼ってみた。飼育方法も紹介。

夏目漱石『文鳥』 文鳥・夢十夜 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 夏目 漱石 新潮社 2002-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 夏目漱石の『文鳥』は、短いながらとても魅力 …

読書のBGM。本と相性の良い音楽たち。民族音楽、ジャズ、ロック。夢野久作、筒井康隆、絲山秋子、他。

本と音楽 読書の際に、音楽を聴く。 本の世界を邪魔しないもの、 逆に、本の世界に導いてくれるもの。 本と音楽には相性がある。 何で音楽を聴くか   音楽を紹介する前に、 音楽を聴くアイテムと …

転職を考えたらまず読むべき本・中越 裕史『天職がわかる心理学』『好きなことが天職になる心理学 』を紹介。

転職・天職の前に 一つの会社で働きづつけるということが、日本人の美徳であったが、 現在では、転職が当たり前になっている。 転職する理由は様々だろう。 しかし、できれば自分に合った会社で働きたいと思うの …