オススメ品 知識

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

投稿日:




文章の書き方を何に学ぶか

学ぶは真似る。

名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、

文章力は向上していくだろう。

読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。

中でも一番手取り早く、

文章の持つ力を感じ取ることができるのは、

コピーライターの文章だ。

しかしコピーなら何でもいいと言うわけではない。

現代においてはネット上にコピーが溢れかえり、

下品で学ぶところの何もないコピーもたくさんある。

そうした玉石混交のなかで、

では、どのようにして優れたコピーに出会うべきなのだろうか。

今回は、効率的に素敵なコピーと出会える、

オススメ本を紹介する。

『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方』

 

内容(「BOOK」データベースより)

「メガネは、涙をながせません」(金鳳堂)、「たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった。」(日本たばこ産業)、「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」(日本ペットフード)―。広告コピーは、商品・サービス・企業をわかりやすく気持ちよく表現する、現代の高感度文章。ロングセラー『名作コピー読本』の著者が、読み手を惹きつけ、思いが伝わる文章の書き方を指南する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鈴木/康之

コピーライター。1937年生まれ。40年にわたって広告界でコピーライターとして活躍。「広告批評」主宰の広告学校では開講以来ドリルを担当、若手ライターたちにコピーの技法を指導する。広告制作会社タイム代表。




「読ませる」力

本のタイトルにもあるように、

優れたコピーには、

「読ませる」力がある。

そもそもコピーとは、

商品に興味を持ってもらい、買ってもらうための文章だ。

当然、目にとまるよう作られており、

印象に残るような文体を駆使している。

そして究極的に無駄を省く。

この「無駄を省く」というのはコピーライターだけでなく、

文章を書く全ての職業に当てはまる必須能力である。

ではいかに無駄を削ぎ落としていくのか。

著者によると、

まずはたくさん書く。

書いて書いて書きまくる、のだそうだ。

そしてそこから推敲にはいる。

元の文章量が多ければ多いほど、

情報の取捨選択をしなければならなくなる。

そうすることによって、

何を伝えたいのか。

自然と答えにたどり着くのだ。

プロがプロに学ぶ課程

この本の著者は、プロのコピーライターである。

そして当然この本の中に紹介されている幾多ものコピーもプロのコピーライターが書いたものだ。

著者は一つ一つコピーを取り上げ、

一つ一つ分析をしていく。

そして解説する。

つまりこの本では、

プロがプロに学ぶ過程を知ることができる。

すなわち読者は「学ぶは真似る」を真似る人となる。

効率的に学べるワケはそこにある。




-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【夏休み、文学好きにおすすめの宿】川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した《川端の宿・湯本館》

川端康成 川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 – 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍し …

BRUTUS『危険な読書』― きっと見つかる「人生を変える一冊」。文学の毒に陶酔せよ!

  「危険な読書」 そう題された「BRUTUS」が2017年1月に発売された。 BRUTUS(ブルータス) 2017年 1/1・1/15合併号[危険な読書] posted with ヨメレバ …

集中力散漫の改善に!【読書と音楽】本に集中できるおすすめCD

読書と音楽 どういった環境で読書をしていますか? 読書に集中できる環境、できない環境があると思います。 そんなわけで今回は、読書に集中できるCDを紹介します。 ①『自律神経にやさしい音楽』 自律神経に …

本屋大賞受賞!辻村深月『かがみの孤城』 レビュー。同作家によるオススメ小説も紹介。

本屋大賞2018 「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2018年本屋大賞」 の発表会が、4月10日(火)明治記念館にて行われた。 投票数は、 一次投票には全国の504書店より書店員665人、 …

読むのが遅い悩みに!遅読のすすめ「スロー・リーディングの実践」平野啓一郎 /「フロー・リーディング」とは?

「速読」か「遅読」か 本を読むスピードは、人それぞれだ。 しかし「速読」が優れた読書だというイメージが蔓延っている。 読むことが遅くて悩んでいる、なんて人も少なくなかろう。 たしかに本を早く読むことは …