オススメ品 知識

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

投稿日:




文章の書き方を何に学ぶか

学ぶは真似る。

名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、

文章力は向上していくだろう。

読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。

中でも一番手取り早く、

文章の持つ力を感じ取ることができるのは、

コピーライターの文章だ。

しかしコピーなら何でもいいと言うわけではない。

現代においてはネット上にコピーが溢れかえり、

下品で学ぶところの何もないコピーもたくさんある。

そうした玉石混交のなかで、

では、どのようにして優れたコピーに出会うべきなのだろうか。

今回は、効率的に素敵なコピーと出会える、

オススメ本を紹介する。

『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方』

 

内容(「BOOK」データベースより)

「メガネは、涙をながせません」(金鳳堂)、「たばこを持つ手は、子供の顔の高さだった。」(日本たばこ産業)、「死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。」(日本ペットフード)―。広告コピーは、商品・サービス・企業をわかりやすく気持ちよく表現する、現代の高感度文章。ロングセラー『名作コピー読本』の著者が、読み手を惹きつけ、思いが伝わる文章の書き方を指南する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
鈴木/康之

コピーライター。1937年生まれ。40年にわたって広告界でコピーライターとして活躍。「広告批評」主宰の広告学校では開講以来ドリルを担当、若手ライターたちにコピーの技法を指導する。広告制作会社タイム代表。




「読ませる」力

本のタイトルにもあるように、

優れたコピーには、

「読ませる」力がある。

そもそもコピーとは、

商品に興味を持ってもらい、買ってもらうための文章だ。

当然、目にとまるよう作られており、

印象に残るような文体を駆使している。

そして究極的に無駄を省く。

この「無駄を省く」というのはコピーライターだけでなく、

文章を書く全ての職業に当てはまる必須能力である。

ではいかに無駄を削ぎ落としていくのか。

著者によると、

まずはたくさん書く。

書いて書いて書きまくる、のだそうだ。

そしてそこから推敲にはいる。

元の文章量が多ければ多いほど、

情報の取捨選択をしなければならなくなる。

そうすることによって、

何を伝えたいのか。

自然と答えにたどり着くのだ。

プロがプロに学ぶ課程

この本の著者は、プロのコピーライターである。

そして当然この本の中に紹介されている幾多ものコピーもプロのコピーライターが書いたものだ。

著者は一つ一つコピーを取り上げ、

一つ一つ分析をしていく。

そして解説する。

つまりこの本では、

プロがプロに学ぶ過程を知ることができる。

すなわち読者は「学ぶは真似る」を真似る人となる。

効率的に学べるワケはそこにある。




-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

物書きにも役に立つ、ランチェスター戦略とは?『小さな会社の稼ぐ技術』栢野 克己  (著)を読めば、小説・ブログなど、自分だけのものが書ける!

ランチェスター戦略とは? もともとは、軍事戦略における損害量計算から導き出されたもの。 この法則は、第二次世界田大戦中に、主にアメリカ軍が用いて効果を発揮した。 この軍事戦略であったはず「ランチェスタ …

プルームテック(Ploom TECH)を使いこなすコツ。更に楽しく便利にしてくれるオススメなアイテムを紹介。

まずはプルームテックを購入しよう。 【送料無料】【バージョンアップ仕様】NEW プルーム・テック スターターキット 電子タバコ PloomTECH プルームテック JT ジェイティー posted w …

私が一切ミネラルウォーターを買わなくなった理由

水を買う生活 暑くなる季節、ミネラルウォーターを買う頻度も増えていた。 どうせ買うのであれば、少しでも安いもので節約しようと考え、見つけたのがこの商品。   クリスタルガイザー 48本 クリ …

【コーヒー好き必見】ネスカフェ ドルチェグスト/ネスカフェ バリスタを無料同然で試してみたレビュー。最大のメリットは「時短」?

ネスカフェのコーヒーメーカーが無料同然で楽しめる? ネスレ通販オンラインサイトでのキャンペーンが行われているのはご存知でしょうか。 コーヒー好きの私は、さっそく試してみました。 コーヒーメーカー(マシ …

コーヒー好きにオススメの本『珈琲の世界史』を紹介

珈琲と本   偏見でしょうか?   本好きには コーヒー好きが多いように思います。   そういえば、 コーヒーや喫茶店を題材にした 小説もたくさんありますね。 &nbsp …