エッセイ オススメ品 文学

高橋源一郎『お釈迦さま以外はみんなバカ』のなかで絶賛された本たち

投稿日:





高橋源一郎『お釈迦さま以外はみんなバカ』

内容紹介

震災の時も酒のことしか頭にない落語家/ラブホスタッフによる文章指南/大阪おばちゃん語で憲法を表現すると/名作を2秒で読めるか?/偶然57577になった文章……。
稀代の読書家である作家だからこそ見つけられた、思わず唸る表現や、クスッと笑えることばの数々。書いた本人さえも気付いていない、秘められた意味まで深掘りしていく
本書を開けば、新しい発見があること間違いなし!

いまこの本を、「みんな」が読むべき理由

本はもちろん、ブログやWikipediaなど、

さまざまなところに救われる文章がある。

それを見つけていくのは、

書籍化した本人であったり、

姉の書いた詩を見つけた弟だったり、

高橋源一郎だったりする。

この本の中には、現代文学の第一人者である高橋源一郎が嫉妬した文章が数々紹介されている。

この本を読むと、生活の中に潜む名文を見つけ出すアンテナが反応し始める。

 

さて今回は、

そんな魅力的な『お釈迦さま以外はみんなバカ』のなかで紹介されている本たちを紹介する。

 

『たとえば君 四十年の恋歌』河野 裕子 (著), 永田 和宏 (著)

内容(「BOOK」データベースより)

乳癌で逝った妻、そのすべてを見届けた夫、歌人夫妻が紡いだ380首とエッセイ。

この本は、ただの恋や愛を描いた歌集ではない。

それは夫婦ともに歌人であり、二人の人生がプロの歌によって描かれていることだ。

言葉の数が制限された歌には、無限の深みと感動がある。





『姉ちゃんの詩集』サマー(著)

 

内容(「BOOK」データベースより)

その物語は、「姉ちゃんの自作の詩集をみつけた」という、ひとつの投稿からはじまりました。お姉さんがひそかにつづり、書きためていた詩を弟が発見。それをネットの掲示板に公開したところ、爆発的に支持が広がったのです。その詩は、思春期の女の子の奔放さが人をどきっとさせ、同時に、描かれる情景のあたたかさが癒しと笑いをもたらすという、新鮮な魅力にみちあふれていました。家族という、もっとも近くにいながら、実はなにも知らない人の物語。

姉が隠していた詩を、弟が見つけ、ネットに公開すると、どんどん広まっていく。

そして、出版に至る。

それほどまでの支持されたのは、「姉」の詩にとてつもない魅力があるからだ。

高橋源一郎はこの詳細不明の著者・サマーに嫉妬したという。

 

『偶然短歌』いなにわ (著), せきしろ (著)

内容紹介

ウィキペディア日本語版の文章の中のじわじわくる短歌たち。

思いがけない詩性と、衝撃の事実、ムダ知識にあふれた、傑作短歌100選!

ピース又吉直樹さん推薦! !

プログラムによって見つけ出された偶然にも短歌の形式にはまった文章たち。

書いた人は意図せずとも、読んでみるとなんとも味わい深い。

日本人の無意識のなかには古来独特のリズムが流れているのかもしれない。





-エッセイ, オススメ品, 文学
-

執筆者:


  1. きりたん より:

    こんばんはです。
    昨日、久々に書店に行って、これといった本を発見できず何も買わずに帰ってきました^^;
    この記事を読んでから行けばよかった・・・。

    • teiyatottori より:

      本を紹介するブログを書いている身としては、
      非常に嬉しいコメントをありがとうございます。
      最近買った本のなかでオススメなので、今度本屋さんに行った際にはご検討してみてください。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コーヒー界の“Apple” ブルーボトルコーヒー新宿へ! 珈琲と小説。

  ブルーボトルコーヒーへ 新宿駅すぐそばの商業施設「NEWoMan」に行ってきました。 目的は、日本3店舗目である「ブルーボトルコーヒー」さん。 「NEWoMan」には入ると、さっそくコー …

ショウペンハウエル『読書について』から本当の「本の読み方」を学ぶ。

『読書について』ショウペンハウエル 読書について 他二篇 (岩波文庫) posted with ヨメレバ ショウペンハウエル 岩波書店 1983-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 表紙に …

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。志賀直哉の文体とは?

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。 志賀直哉『暗夜行路』は、当時小林秀雄などによって恋愛小説という批評を受けた。 しかしこの小説を単に「恋愛小説」と括ってしまうのは、あまりに勿体無い。 実際、志 …

会社員・OLにおすすめの小説。仕事小説の金字塔・西加奈子も唸る、津村記久子の魅力。

小説家・津村記久子 『ポトスライムの舟』で芥川賞。 ポトスライムの舟 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 津村 記久子 講談社 2011-04-15 Amazon Kindle 楽天ブッ …

【おすすめ哲学書】デカルト『方法序説』の「我思う、ゆえに我あり」についてとは何か?

哲学書って難しい? 哲学書や哲学史は難しいイメージがあった。 しかし哲学を知ることは、こころをおおらかにしてくれる。 「忙しくて時間がない」と言われている現代人。 読書でさえも「速読」がスキルとされる …