エッセイ オススメ品 小説 文学

孤高の小説家・エッセイイスト中島らものオススメ本5選。

投稿日:





中島らものオススメ本5選

自らに無理難題を課す。

作家・中島らものオススメ本を5つに絞るのは、ほとんど不可能だ。

純文学からエンターテイメント、珠玉のエッセイ。

なににおいても一流。わざと二流になることができる、一流。

中島らもの文章に出会わなかったら、

私は本の虫になっておらず、本とは縁遠い人間であっただろう。

『ガダラの豚』

内容紹介

魔神バキリの呪術パワーを奪え! テレビの取材でケニアを訪れた主人公を待ちうける驚天動地の大事件。呪術師、詐欺師が入り乱れ、痛快無比の大活躍。日本推理作家協会賞受賞作。(解説・長島信弘)

上・中・下巻からなる長編小説。

小説にのめり込む、あるいは小説に飲み込まれる

そういった経験を初めてこの本で味わった。

魅惑的な呪術の世界。

中島らもは、自ら経験することを作家としての性だとした。

そして、一冊の小説を書くにあたって、膨大な本を読んでいたことも知られている。

さまざまな経験と博識の集大成のような小説だ。

 

『今夜、すべてのバーで』

内容紹介

薄紫の香腺液の結晶を、澄んだ水に落とす。甘酸っぱく、すがすがしい香りがひろがり、それを一口ふくむと、口の中で冷たい玉がはじけるような……。アルコールにとりつかれた男・小島容(いるる)が往き来する、幻覚の世界と妙に覚めた日常そして周囲の個性的な人々を描いた傑作長篇小説。

中島らも自身がアルコール中毒である。

彼の家には、様々なフーテンが住み着いていたという。

私小説に近く、純文学のど真ん中。

第13回(1992年) 吉川英治文学新人賞受賞。

 

『ロカ』

内容(「BOOK」データベースより)

作家・小歩危ルカ、六十八歳。巨額の印税を得て以来、新宿のホテルで一人暮らし。相棒はWネックのギター「ロカ」。あとは酒と大麻と鮟鱇鍋。「IQが185もあると予知能力が備わる。だから私の予知したことはほぼ、九十六パーセント当たるんだ」。著者が急逝直前まで書いていた、問題の近未来の私小説。

遺作で偉業。

身体はぼろぼろであったはずなのに、

頭はどんどん冴えていたのか。

天才と呼ばれた理由が、この小説には詰まっている。

集大成。未完なのに、この面白さ。

大槻ケンヂが中島らも作品のなかで一番好きだと言っていた。

 

『頭の中がカユいんだ』

内容(「BOOK」データベースより)

何かワケありの僕は、ある日、突然、妻子を残し家出する。勤める小さな広告代理店に、寝泊りするようになった僕。TV局員をはじめ、いろんなギョーカイ人たちと、夜に、昼に、昭和最後のヒートアップする大阪を徘徊する日々。次々とトンデモナイ事件が起こる中、現実と妄想の狭間で僕は…。中島らも自身が「ノン・ノンフィクション」と銘うった記念碑的処女作品集。

 

『中島らもエッセイ・コレクション』

内容(「BOOK」データベースより)

没後なおカリスマ性を放つ著者のエッセイ集ベスト版!生い立ち。酒。ドラッグ。文学。ロック。生と死。そして恋。「低俗ではなくて反俗、高まいさを求めるのではなくてエンターテインメントを、ヒューマニズムよりはニヒリズムを、涙よりは笑いを」。ロマンチックな眼差しと、鋭い洞察、シュールな微笑みをたずさえたユーモアセンス。夭折の天才がここにいる。

エッセイ本。たくさんオススメがありすぎて、選ぶのは無理。

すこしずるいけど、この本を紹介。









-エッセイ, オススメ品, 小説, 文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年ベスト小説⁉︎ 坂口恭平『けものになること』 まるで音楽。読む麻薬。

建築家、作家、絵描き、踊り手、歌い手・・・ 様々な肩書を持ち、 現代日本で最も異彩を放つ男。 坂口恭平。 彼ほどまでに自分らしい生き方を模索し、 実行している人はいるだろうか。 その実行力は学生時代か …

太宰治『小説の面白さ』〜「面白くない」と言うことで面白くなる太宰の魅力 〜

太宰治は常におどけている。 彼の『小説の面白さ』という文章を 読めば、彼が何故おどけ続けたのか、 わかるような気がする。 「小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変え …

ショウペンハウエル『読書について』から本当の「本の読み方」を学ぶ。

『読書について』ショウペンハウエル 読書について 他二篇 (岩波文庫) posted with ヨメレバ ショウペンハウエル 岩波書店 1983-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 表紙に …

やなか珈琲が名作文学とコラボ?「飲める文庫」とは?AIテクノロジーが小説の読後感を、「珈琲の味わい」に表現した作品たち。

やなか珈琲「飲める文庫」 「飲める文庫」 、、?、、 すぐには理解できなかった。 コピーにはこうある。 「名作文学を、AIが珈琲に。」 よくわからないけど、なにやら魅惑的なことだけは確か。 説明文を読 …

自作小説・無料公開『メーヘレンたち』

メーヘレンたち まったく馬鹿らしいと思ったよ最初は。でも他に縋りつけるものが何もなかったから仕方なく、それを五回読み通して、面倒だと思うことはすべて排除しながら、こうして漫喫のパソコンでこの文章を書い …