副業 小説 知識

Kindle本を簡単に出版する方法を一から紹介。これを読めば、だれでも電子書籍が出版できる!(拍子抜けするほど簡単です)

投稿日:





Kindle(電子書籍)出版のすすめ

アマゾンで本を販売する。

夢のようなことに思えるかもしれないが、

実は、だれでも簡単に出版することができる。

今回は、そのノウハウを紹介していく。

これを読めば、今日中に出版できるはずだ。

ステップ①まずは原稿を書こう。

ここでは、「小説」という体で話を進める。

小説家を目指したことのあるかたなら、すでに何作かは小説のデータを持っているかもしれない。

まずは練習がてらそのデータをそのまま使ってもよい。

ステップ②KDPに登録しよう。

KDPとは、kindle direct publishingの略。

ますは以下リンクにアクセスし、登録をしよう。

KDPに登録はここから

登録に、すでにアマゾンの会員であればすぐに終わる。

必要な情報を入力していくだけ、という簡単作業なのでまずは登録してみよう。

ステップ③データを「.txt」で保存

ワードで小説を書いている人なら、

「名前をつけて保存」⇒「その他」⇒「テキスト ファイル(*.txt)」を選択して保存する。

ステップ④「でんでんコンバーター」で更に変換

また変換?

と思うかもしれないが、作業は簡単なのでついてきてほしい。

kindleで出版するには、データを特定の形式に変換することが必須だ。

さて、先ほど変換したtxtデータを、次に「.epub」に変換する。

epubってなに?

私もわからないから安心してほしい。

ただ、ここでやることは、

「でんでんコンバーター」という無料のデータ変換サイトにアクセスし、変換するだけ。

「でんでんコンバーター」はこちら

やることといえば、

①データ(.txt)をアップロード

②タイトルの入力

③作者名の入力

④縦書き/横書きの選択

そして「変換」ボタンを押すだけ!

実に簡単。kindle出版が誰でもできるのは、

この無料サービスを提供している方のお陰です。(ありがとうございます!)

ステップ⑤Kindle Previewerをダウンロードして更に変換

また、変換?

そうです。変換です。けど何か?

というぐらいに、またまた簡単作業なのでご安心を。

まずは、

ここからKindle Previewerをダウンロードしよう!

ダウンロードが完了したら、

さきほど「でんでんコンバーター」で出力したデータを、

Kindle previewerにドロップするだけ。

自動で、kindle出版ができる最終形態に変換してくれます。

お疲れ様です!

これで、文章データの準備は完了!

ステップ⑥表紙をつくろう!

次に表紙をつくる。

簡単にいえば、デザインだ。

って、簡単そうじゃないか・・・。

でもご安心。

ここで気を付けることはただ一つ。

それは「サイズを1000ピクセル以上にする」ということだけ!

表紙のデザインは、好きなようにやればOK。

例えば、

自分で撮った写真に、タイトルと著者名を書く

だとか、

シンプルに背景色を決めて、タイトルと著者名を書く

だとか、

パソコンに最初から入っている「ペイント」で十分に作ることができる。

⑦必要な材料は揃った!KDPにコンテンツを登録しよう!

KDPにコンテンツを登録するには、3つのステップがある。

①Kindle本の詳細

ここでは、タイトルだとか著者名だとか、内容だとか、

本のデータを入力するだけ。

特に力を入れるべきは、「内容紹介」だ。

ここに入力した文章がそのままアマゾンの本の紹介ページに載るので、

どんなコピーを書くか、しっかり考えたほうがいいだろう。

②Kindle本のコンテンツ

ここでは、作ったデータをアップしていく。

ここまで読んでくださったかたは、

もうすでにあるデータを提出するだけの単純作業だ。

③Kindle本の価格設定

いくらで売りたいか、価格を設定して、

全項目終了!!!!!!

あとは、待つのみ!

さて、自分でやることはすべて終わった。

あとは、アマゾンさんがチェックしてOKなら、

めでたく出版開始となる。

(長くても72時間以内に販売開始されるそうだ)

まとめ

いかがでしたか?

電子書籍がここまで身近になる前までは、

本を出版するとなると、出版社に売り込んだり、自費出版をしたり・・・

とハードルが非常に高かった。

しかし、現代であれば、こんなに簡単に本が出版できてしまうのです!

さあ、あなたも作家デビューを(拍子抜けするほど簡単に)果たしてしまいましょう!!










-副業, 小説, 知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

遠藤周作は『沈黙』だけではもったいない。小説だけではなく、エッセイにこそ彼の魅力が詰まっている。

遠藤周作とは? 遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)。 日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 代表作は、 …

『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』から学ぶこと① 「書くこと」は「知ること」だ!

私が、かねてから、 これを国語の教科書にすればいいではないかと思っている本がある。 井上ひさし 『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』だ。 今回は、ものを書くときに必要な手順について、 この本か …

コーヒー好きにオススメの本『珈琲の世界史』を紹介

珈琲と本   偏見でしょうか?   本好きには コーヒー好きが多いように思います。   そういえば、 コーヒーや喫茶店を題材にした 小説もたくさんありますね。 &nbsp …

会社に絶望しているならこれを読め!寺本隆裕「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」

会社に絶望していませんか? 私の答えは、「していました」。 ・増えない給料… ・深夜の残業… ・仕事のできないダメ上司… そんな会社に絶望したある会社員。 その会社員が「1本のペン」を使って、 会社を …

新宿サブナードで古本浪漫州開催!

新宿サブナードとは? 新宿駅東口の靖国通りとモア四番街の地下にある地下ショッピングモール。 通称はサブナード。 「古本浪漫州」とは? サブナードで定期的に行われている古本市。 開催期間 : 4月10日 …