オススメ品 小説 文学 知識

知識が足りない?日本史上最も知的な対談『人間の建設』小林秀雄&岡潔

投稿日:2017年5月12日 更新日:




『人間の建設』

内容(「BOOK」データベースより)
有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイン、俳句、素読、本居宣長、ドストエフスキー、ゴッホ、非ユークリッド幾何学、三角関数、プラトン、理性…主題は激しく転回する。そして、その全ての言葉は示唆と普遍性に富む。日本史上最も知的な雑談といえるだろう。

小林秀雄

1902‐1983。東京生れ。東京帝大仏文科卒。1929(昭和4)年、「様々なる意匠」が「改造」誌の懸賞評論二席入選。戦中は「無常という事」以下、古典に関する随想を手がけ、終戦の翌年「モオツァルト」を発表。’67年、文化勲章受章。連載11年に及ぶ晩年の大作『本居宣長』(’77年刊)で日本文学大賞受賞

岡潔

1901‐1978。大阪生れ。日本数学史上最大の数学者。1925(大正14)年、京都帝大卒業と同時に講師に就任、以降、広島文理科大、北大、奈良女子大で教鞭をとる。多変数解析函数論において世界中の数学者が挫折した「三つの大問題」を一人ですべて解決した。’60(昭和35)年、文化勲章受章



日本史上最も知的な対談

この本が「日本史上最も知的な対談」と呼ばれる意味は、

多変数関数論の基礎を築いた岡潔と

日本トップの批評家小林秀雄との対談であるという点。

これはまさに、

理系のトップと文系のトップの会話である。

非常に難しい領域のことを話し合っているものの、

理系的な言葉のみでは理解しにくいことが、

文系的な言葉が補われることによって、

理解しやすくなっています。

それはまた、

岡潔が、数学者でありながら「情緒」を大切にした人物であったからでもありましょう。

つまり思想家としての一面もあったからこそ、

この2人の対談はより深く面白くなったのではないか。

このブログを読んでくださっている方には、「言葉」についての対談部分は是非読んでほしい。

ある言葉がヒョッと浮かぶでしょう。そうすると言葉に力がありまして、それがまた言葉を生むんです。私にはイデーがあって、イデーに合う言葉を拾うわけではないのです。

小林秀雄は、

言葉がでてきて、その言葉が子供を生み文章ができる

と言います。

文章はやはり、考えてから書くものではなく、考えながら書くものだと思わされるのです。




-オススメ品, 小説, 文学, 知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャンドルナイトは人に地球にやさしい夏至の風物詩。2017年「100万人のキャンドルナイト」情報満載!

そもそもキャンドルナイトってなに? キャンドルナイトは、 「無駄な電気を使わずに、キャンドルの灯だけで過ごす」というスローライフ運動の一つです。 日本ではまだ新しい風物詩としての印象が強いかもしれませ …

保坂和志『小説の自由』から「優れた小説」とは何かを考える。

保坂和志『小説の自由』 小説の自由 (中公文庫) posted with ヨメレバ 保坂 和志 中央公論新社 2010-05 Amazon Kindle 楽天ブックス 内容(「BOOK」データベースよ …

新入社員必見 新生活で困った方へ、応援グッズ。必読の本。

スーツが眩しい季節 三月も終わり、花見の季節。 街中にはまだ身体に馴染んでいないスーツの男女を見かける。 新入社員だ。 私も昔、新入社員として、東京から大阪に異動になった。 ドキドキとウキウキがない交 …

コーヒー界の“Apple” ブルーボトルコーヒー新宿へ! 珈琲と小説。

  ブルーボトルコーヒーへ 新宿駅すぐそばの商業施設「NEWoMan」に行ってきました。 目的は、日本3店舗目である「ブルーボトルコーヒー」さん。 「NEWoMan」には入ると、さっそくコー …

芥川龍之介が考えた「小説の読者」3パターンについて。

芥川龍之介 羅生門・鼻 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 芥川 龍之介 新潮社 2005-10 Amazon Kindle 楽天ブックス 誰もが知る小説家である彼は、 とうぜんながら読者 …