オススメ品 政治 文学 知識

マクルーハン『メディア論』をメディアに踊らされる現代に再考する。

投稿日:




マーシャル・マクルーハンとは?

Herbert Marshall McLuhan(1911年7月21日 – 1980年12月31日)

カナダ出身の英文学者、文明批評家。メディアに関する理論で知られる。

もともと英文学教授であったが、メディアに関する理論の方が彼を著名にした。

現在、メディア研究と呼ばれる分野において重要位置を占める存在のうちの一人。

 

マクルーハンの『メディア論』

●「メディアはメッセージである」という主張。

普通、メディアとは「媒体」を表すが、その時私たちはメディアによる情報伝達の内容に注目する。しかし、彼はメディアそれ自体がある種のメッセージ(情報、命令のような)を既に含んでいると主張した。例を挙げると、同じニュース内容でもメディアが新聞か放送か週刊誌かネットかで受け止め方が違ってくるということ。

 


 

●メディアは人間の身体の「拡張」であるとの主張。

自動車や自転車は足の拡張、ラジオは耳の拡張であるというように、メディア(媒体)は身体の特定の部分を「拡張」する。しかし、単純に拡張だけが行われるのではなく、「拡張」された必然的帰結として衰退し「切断」を伴う

 


 

その他、

「ホット」と「クール」なメディアという分類や、

グローバルヴィレッジ(地球村)のような分析・視点など、実に様々な理論を展開した。

 

現代とマクルーハンの『メディア論』

天災の後に必ずといっていいほど人災が問題となる。

そしてその人災を招いているのは必ずといっていいほどメディアである。

現代において、メディアはその直訳の「媒体」ではない。

マクルーハンの「メディアはメッセージである」という有名な言葉は、

現代のメディアに翻弄される人々に対する助言とも冷笑ともとれる。

メディアは人間と対象との媒体ではこと足りず、それ自体がメッセージを発し、人はそのメッセージを前に立ち止まり、奥にある対象物へ辿りつかない。

人間と対象物との間にメディアが発するメッセージがマジックミラーのように立ち塞がっている。

人間から対象物は見えず、対象物は踊らされる人間を見て焦燥しているように思える。

ここまでであれば人が現地に足を運べば真実を垣間見ることができる。

しかし、天災を人災に収斂させる現代の巨悪の過程では、更に厄介なことが起こっている。

人・メディア・対象物という構図の「メディア」と「対象物」の間で人間が逆方向に信号を送り始めたのだ。

その結果、

「メディア」と「対象物」の境に靄がかかり、どこに嘘があるのか見分けるのが困難になった。

「(メディアは)人間の身体の拡張」だというマクルーハンの言葉に合わせて言えば、

メディアだけでなく対象物にまで手が伸び、そこまでもが人間の身体の一部であるようにして自由自在に変容させているのが現代の人間とメディアとの関わり方だと言えるのではないか。

本来人の手が加えられるはずのなかったものに手が加えられていくなかで、

私たちは情報を操作する人間がいる位置、即ち、「メディア」と「対象物」の間に身を置いてみなければならない。

そこは虚実が飛び交う混沌とした世界である。

受動的態度で情報を得る時代は終わり、能動的にならなければ、マジックミラーの向こう側の世情を知ることは出来ない。







-オススメ品, 政治, 文学, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

面白すぎて増刷?異常に売れてる専門書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』著:川上和人

今、話題沸騰の専門書がある。それは、鳥類学の・・・ 話題の書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』 その発起人、というか著者は、この人。 川上和人 1973年大阪府生まれ。 東京大学農学部林学 …

【寝る間も惜しんで読みたい本】睡眠不足で眠くても本を読みたい。激選!目覚ましグッズも紹介。受験勉強にも。

本好きなら、 眠くても読みたい本がある。 今回は、そんなあなたに、眠くならずに読書を楽しめるグッズを紹介する。 学生時代には、勉強の時にもお世話になりました。 ノーズミント ノーズミント posted …

私小説をなめてはいかん。劇的におもしろいオススメ私小説を紹介!

私小説とは? 私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、 日本の近代小説に見られた作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説。 心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別され …

転職を考えたらまず読むべき本・中越 裕史『天職がわかる心理学』『好きなことが天職になる心理学 』を紹介。

転職・天職の前に 一つの会社で働きづつけるということが、日本人の美徳であったが、 現在では、転職が当たり前になっている。 転職する理由は様々だろう。 しかし、できれば自分に合った会社で働きたいと思うの …

又吉直樹2作目『劇場』発表!芥川賞『火花』に続く「又吉効果」で、今、文芸誌がアツイ! 

芸人ピース又吉直樹氏の『火花』が文學界に掲載され、 増刷を2度繰り返したことで、 累計部数が同誌史上最高の4万部に達した。 当初部数は1万部。 発売からわずか2日で4倍の部数に達したことになる。 純文 …