オススメ品 政治 文学 知識

マクルーハン『メディア論』をメディアに踊らされる現代に再考する。

投稿日:




マーシャル・マクルーハンとは?

Herbert Marshall McLuhan(1911年7月21日 – 1980年12月31日)

カナダ出身の英文学者、文明批評家。メディアに関する理論で知られる。

もともと英文学教授であったが、メディアに関する理論の方が彼を著名にした。

現在、メディア研究と呼ばれる分野において重要位置を占める存在のうちの一人。

 

マクルーハンの『メディア論』

●「メディアはメッセージである」という主張。

普通、メディアとは「媒体」を表すが、その時私たちはメディアによる情報伝達の内容に注目する。しかし、彼はメディアそれ自体がある種のメッセージ(情報、命令のような)を既に含んでいると主張した。例を挙げると、同じニュース内容でもメディアが新聞か放送か週刊誌かネットかで受け止め方が違ってくるということ。

 


 

●メディアは人間の身体の「拡張」であるとの主張。

自動車や自転車は足の拡張、ラジオは耳の拡張であるというように、メディア(媒体)は身体の特定の部分を「拡張」する。しかし、単純に拡張だけが行われるのではなく、「拡張」された必然的帰結として衰退し「切断」を伴う

 


 

その他、

「ホット」と「クール」なメディアという分類や、

グローバルヴィレッジ(地球村)のような分析・視点など、実に様々な理論を展開した。

 

現代とマクルーハンの『メディア論』

天災の後に必ずといっていいほど人災が問題となる。

そしてその人災を招いているのは必ずといっていいほどメディアである。

現代において、メディアはその直訳の「媒体」ではない。

マクルーハンの「メディアはメッセージである」という有名な言葉は、

現代のメディアに翻弄される人々に対する助言とも冷笑ともとれる。

メディアは人間と対象との媒体ではこと足りず、それ自体がメッセージを発し、人はそのメッセージを前に立ち止まり、奥にある対象物へ辿りつかない。

人間と対象物との間にメディアが発するメッセージがマジックミラーのように立ち塞がっている。

人間から対象物は見えず、対象物は踊らされる人間を見て焦燥しているように思える。

ここまでであれば人が現地に足を運べば真実を垣間見ることができる。

しかし、天災を人災に収斂させる現代の巨悪の過程では、更に厄介なことが起こっている。

人・メディア・対象物という構図の「メディア」と「対象物」の間で人間が逆方向に信号を送り始めたのだ。

その結果、

「メディア」と「対象物」の境に靄がかかり、どこに嘘があるのか見分けるのが困難になった。

「(メディアは)人間の身体の拡張」だというマクルーハンの言葉に合わせて言えば、

メディアだけでなく対象物にまで手が伸び、そこまでもが人間の身体の一部であるようにして自由自在に変容させているのが現代の人間とメディアとの関わり方だと言えるのではないか。

本来人の手が加えられるはずのなかったものに手が加えられていくなかで、

私たちは情報を操作する人間がいる位置、即ち、「メディア」と「対象物」の間に身を置いてみなければならない。

そこは虚実が飛び交う混沌とした世界である。

受動的態度で情報を得る時代は終わり、能動的にならなければ、マジックミラーの向こう側の世情を知ることは出来ない。







-オススメ品, 政治, 文学, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年ノーベル文学賞をカズオ・イシグロ氏が受賞。『日の名残り』などオススメ小説を紹介。

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏! 今年のノーベル文学賞に、 日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 村上春樹がノミネートされたり、 近年ではボブディランが受賞するなどして、 話題となった文 …

映画『パンク侍、斬られて候』公開!原作・町田康、脚本・宮藤官九郎

町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』 パンク侍、斬られて候 (角川文庫) posted with ヨメレバ 町田 康 角川書店 2006-10-01 Amazon Kindle 楽天ブックス  内 …

竹田恒泰『現代語古事記』は誰でも理解できる。日本人なら一度は読んでおきたい良書。

古事記について 古事記とは? 日本最古の歴史書であり、 712年に太安万侶が編纂し、元明天皇に献上された。 日本の神話や伝説が多く学ぶことができる。 しかし・・・ 神様の名前がいくつも出てきて、 途中 …

2017年ベスト小説⁉︎ 坂口恭平『けものになること』 まるで音楽。読む麻薬。

建築家、作家、絵描き、踊り手、歌い手・・・ 様々な肩書を持ち、 現代日本で最も異彩を放つ男。 坂口恭平。 彼ほどまでに自分らしい生き方を模索し、 実行している人はいるだろうか。 その実行力は学生時代か …

石井裕也監督の新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』のレビュー。最果タヒの詩の世界が映画化された奇跡を見逃すな!高橋源一郎が寄せたコメントとは?

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 今、文学界にも映画界にも激震が走っている。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が公開されたからだ。 主演は、池松壮亮と石橋静河。 『映画 夜空はいつでも …