「本ブログ」Bun-log

本を “読む、書く、考える” 。

オススメ品 ニュース 小説 文学 知識

立川談春『赤めだか』ドラマ挿入歌と立川談志の名言

投稿日:2017年4月6日 更新日:




立川談春とは?

1966年、東京都生まれ。

1984年、17歳で立川談志に入門。

1988年、二ツ目昇進。

1997年、真打昇進。

2008年、『赤めだか』で講談社エッセイ賞受賞。

近年、『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』など、テレビドラマでも俳優としても活躍。

赤めだか

内容(「BOOK」データベースより)
17歳で天才・立川談志に入門。「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での前座修業が始まる。三日遅れの弟弟子は半年で廃業。なぜか築地市場で修業を命じられ、一門の新年会では兄弟子たちがトランプ博打を開帳し、談志のお供でハワイに行けばオネーサンに追いかけられる…。様々なドタバタ、試練を乗り越え、談春は仲間とともに二ツ目昇進を目指す!笑って泣いて胸に沁みる、破天荒な名エッセイ、待望の文庫化!「今、最もチケットの取れない落語家」の異名を持つ立川談春のオリジンがここに!2008年講談社エッセイ賞受賞作品。




ドラマ化

2015年12月28日、テレビドラマ版がTBSテレビで放送された。

談春の入門から1988年の二つ目昇進落語会までを描く。

ドラマナビゲーターを笑福亭鶴瓶、

ナレーションを薬師丸ひろ子が担当。

嵐の二宮和也が談春役で主演。

談志役は、談志が旗揚げした「落語立川流」Bコースの一員で、

「立川錦之助」の高座名を持つビートたけしが演じた。

『赤めだか』の作品の素晴らしさ、

立川談志の生き様、

周りにいた人たちの愛おしさ、

全てを感じられる作品であった。

また、このドラマには名曲がズラリと使われていた。

ドラマ『赤めだか』挿入歌一覧

1.Stevie Wonder – Superstition

2.The Rolling Stones – Gimme Shelter

3.THE BLUE HEARTS – 青空

4.The Rolling Stones – Jumpin Jack Flash

5.The Rolling Stones – Miss You

6.THE BLUE HEARTS – ラブレター

7.cheryl crow – mother nature’s son

8. Nick Cave – Let it be

9.Sarah McLachlan – Blackbird

10.ビートたけし – 嘲笑

11. Carpenters – Rainy Days And Mondays

12. The Rolling Stones – Paint It, Black

13.RCサクセション – スローバラード

14.THE BLUE HEARTS – 1000のバイオリン

15.ビートたけし – 浅草キッド

16.The Rolling Stones – Angie

17.玉置浩二 – 田園

18. ザ・モンキーズ – Daydream Believer

19.シュガー・ベイブ – DOWN TOWN

20.斉藤和義 – 歌うたいのバラッド

世界の名曲集といいたくなるほど、そんなアルバムが出来るんじゃないかと言うほどの挿入歌。

ここには憧憬が複雑に絡まっている。

立川談志を尊敬する、ビートたけしが敬愛する、甲本ヒロトが尊敬する、忌野清志郎が敬愛する、ストーンズやモンキーズを尊敬する、斉藤和義、、、といったように。

どこかでみんな繋がっている。

というより、みんな絡み合っている。

音楽の面でも十分に楽しめる作品であった。

立川談志の名言

このドラマでは、立川談志が遺した名言が、ビートたけしを通って紹介されてもいる。

たとえば「嫉妬」に関して談志は、

こんな名言を遺した。

「嫉妬とは、己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱味を口であげつらって、自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです。一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。 本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。 しかし人間はなかなかそれができない。嫉妬している方が楽だからな。 」

立川談志はこの他にも多くの名言を遺している。

私が一番好きな名言は「酒」について。

酒が人間をダメにするんじゃない。
人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。

立川談志の名言は、いつも真理を言い当てている。




 

落語と文学

さてこのブログは文学について書いている。

そこでなぜ今回は落語を取り上げたか。

それは、落語が文学にとって重要だからである。

詳しくは過去に書いているので、

興味がある方はこちらを見て欲しい↓

『落語ブーム到来!? 町田康に学ぶ「落語」と「小説」の関係とは? 文章にリズムを生むためには。』http://wp.me/p8xAeH-2U

 

今回は立川談志『赤めだか』を紹介したが、

立川流の落語家には著作が多い。

また紹介していきます。




-オススメ品, ニュース, 小説, 文学, 知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

猫と文学 作家に猫好きが多い理由。猫が出てくるおすすめ本

作家に猫好きが多い理由 猫と文学の関係は、古くから濃厚だ。 心理学に「類似性の法則」というものがある。 自分と似たものを好きになるという法則だ。 作家は、ひきこもり他者を必要としない。 或いは、それを …

鬼才ジム・ジャームッシュ監督の新作映画『パターソン』『ギミー・デンジャー』日本公開決定!公開日は?その魅力とは?

ジャームッシュの新作映画2本が日本公開!! ジム・ジャームッシュ監督の新作映画『パターソン』と『ギミー・デンジャー』が全国で順次公開されます。   パターソン(8/26から公開) アダム・ド …

電車通勤・通学にオススメな、さくっと読める短編小説案内

電車と本 電車で通勤・通学している間、なにをしていますか? 一昔前まで、電車での時間つぶしの王道は「読書」であった。 しかし最近電車に乗ると、 スマホでニュースを読んでいたり、ゲームをしていたり、と …

『バカの壁』を超える養老孟司のおススメ本一挙紹介!名越康文との対談本『「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質』出版!!

養老孟司 養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 – ) 日本の解剖学者。 神奈川県鎌倉市出身。 東京大学名誉教授。 『バカの壁』 2003年に出版された『バカ …

新宿サブナードで古本浪漫州開催!

新宿サブナードとは? 新宿駅東口の靖国通りとモア四番街の地下にある地下ショッピングモール。 通称はサブナード。 「古本浪漫州」とは? サブナードで定期的に行われている古本市。 開催期間 : 4月10日 …