「本ブログ」Bun-log

本を “読む、書く、考える” 。

文学 知識

中原中也はイケメンか 大岡昇平『中原中也』

投稿日:2017年3月11日 更新日:




 

中原中也と聞くと、
どのような姿を思い浮かべますか。

暗いハットの下に光を帯びたモノメニアックな目。

スーツ姿で寝癖の付いた髪。

幼年時代の尖った耳。

おそらくこの3つのうちどれかであろう。

中原中也の詩集を読んでいて、

ぱたと本を閉じた時、

表紙に写る彼の顔を見て、

ああこの人はイケメンなのではないか、

と思った。

中原中也で画像検索をして、

その写真に自分の好みの髪型を想像してほしい。

ホラホラ、イケメンではないか。
『骨』

ホラホラ、これが僕の骨だ、
生きていた時の苦労にみちた
あのけがらわしい肉を破って、
しらじらと雨に洗われ、
ヌックと出た、骨の尖(さき)。

それは光沢もない、
ただいたずらにしらじらと、
雨を吸収する、
風に吹かれる、
幾分(いくぶん)空を反映する。

生きていた時に、
これが食堂の雑踏(ざっとう)の中に、
坐(すわ)っていたこともある、
みつばのおしたしを食ったこともある、
と思えばなんとも可笑(おか)しい。

ホラホラ、これが僕の骨――
見ているのは僕? 可笑しなことだ。
霊魂はあとに残って、
また骨の処(ところ)にやって来て、
見ているのかしら?

故郷(ふるさと)の小川のへりに、
半(なか)ばは枯れた草に立って、
見ているのは、――僕?
恰度(ちょうど)立札ほどの高さに、
骨はしらじらととんがっている。




中原中也の『骨』です。

詩はしばしば、

「自分の感性が見れる鏡」だと言われます。

私は彼の詩を読むと、笑ってしまいます。

哀しい中にどこか可笑しさがあるのです。

その可笑しさがなければ、

彼は詩を書き続けなかったことでしょう。

どこかふざけている。

ふざけないと生きていけない。

そういった生きる上での哲学が

彼の詩には表れています。
そんな中原中也の生き方が、

友人の視点で描かれた本があります。

大岡昇平『中原中也』

 

親交のあった大岡昇平が中原中也の生き様について、語っています。

そこには友人の視点ならではの、中原中也の魅力がたっぷり詰まっておりました。




-文学, 知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

五木寛之と玄侑宗久の対談『息の発見』から現代人に必要な呼吸法を学ぶ。

『息の発見』五木寛之&玄侑宗久 息の発見 (角川文庫) posted with ヨメレバ 玄侑 宗久,五木 寛之 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-03-25 売り上げランキング : …

又吉直樹2作目『劇場』発表!芥川賞『火花』に続く「又吉効果」で、今、文芸誌がアツイ! 

芸人ピース又吉直樹氏の『火花』が文學界に掲載され、 増刷を2度繰り返したことで、 累計部数が同誌史上最高の4万部に達した。 当初部数は1万部。 発売からわずか2日で4倍の部数に達したことになる。 純文 …

第43回 川端康成文学賞受賞!『文字渦』円城塔の必読小説5選。

第43回 川端康成文学賞 川端康成文学賞に、円城塔さんの『文字渦』(「新潮」5月号)が選ばれた。 贈呈式は6月23日ホテルオークラ東京で行われる。 川端康成賞とは? 作家の川端康成を記念して作られた文 …

Chuck Berry 死去【3月18日追悼号外】ロックンロールの創始者チャックベリーとは?新譜は? 伝説から学ぶこと

ロックンロールの創始者の一人 チャック・ベリーが18日、 アメリカ・ミズーリ州の自宅で亡くなった。 享年90歳。 ロックンロールを生み出した彼。 1955年のデビューから現在に至るまで、 「ロック」と …

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

文章の書き方を何に学ぶか 学ぶは真似る。 名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、 文章力は向上していくだろう。 読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。 中でも一番手取り早く、 文章の …