知識

人間もまだ進化の途中。人体の歴史を知ることで感じることとは?『人体 失敗の進化史』から生命の不思議な可能性を知る。

投稿日:2018年1月7日 更新日:




歴史を知るということ


本・書籍ランキングへ

歴史を知るには、

残されている文献や、説話をもとに、

本当のものだけを取捨選択していく過程を経る。

 

そもそも「歴史」という言葉には、

人間を含む過去の出来事を記録し、解釈する学問

過去の出来事の記録または物語風の記述

書面で保存されているように、過去の記憶されているすべて

といったような意味がある。

 

《私たちの》歴史を知るということ

しかし、私たちの歴史を知るには、

これらとは全く異なるアプローチの仕方がある。

「私たち」とは人体ことである。

人体の歴史を知る。

その上で、「文献」は、私たちの身体だ。

それは非常に興味深く、

生命の神秘を感じさせてくれる。

「人体の歴史」について書かれた良書がある。

『人体 失敗の進化史』 (光文社新書)

【内容紹介】
「私たちヒトとは、地球の生き物として、一体何をしでかした存在なのか」――あなたの身体に刻まれた「ぼろぼろの設計図」を読み解きながら、ヒトの過去・現在・未来を知る。

人体の歴史を知るために

著者は、人体の歴史を知るために、

様々な動物の形態を調べる。

そうして、進化の過程や進化のしくみなどを解明していく。

タヌキ、ニワトリ、サンマ、ホヤ、、などなど、

出てくる動物は、哺乳類であったり、鳥類であったり、魚類であったり。

それらの動物のからだの構造に迫り、

比較を繰り返し、人体の由来を解明していく。

当然、進化にはとてつもない時間が経過している。

そして、一点忘れてはならないこと。

それは今もまた進化の途中であるということである。

自分たち人間も進化を繰り返している。

 

本の中で登場する生物たちは、

何らかの困難に出会った時、偶然に恵まれ変化している。

そうしてより高度な機能を獲得する。

この本を読むと、不思議な万能感のようなものを感じる。

そのこと自体が私たち人間が進化の途中である証拠なのかもしれない。




-知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仕事もプライベートもこれで充実。思考法を簡単に学べる『世界一やさしい「思考法」の本 「考える2人」の物語』

思考法 人は誰でも思考する。 しかしどう思考するか、 その方法を知ることで、思考の質は格段と良くなる。 「その方法」を学問的に扱ったのが「思考法」だ。 思考法を学べば、 無駄に考える時間と手間を省くこ …

【忌野清志郎】音楽から著書、自転車まで。彼の功績が遺した詩と必読書。

忌野清志郎 忌野 清志郎(いまわの きよしろう、1951年4月2日 – 2009年5月2日)は、 日本のロックミュージシャン。 本名、栗原 清志(くりはら きよし)。 ●バンド歴● RCサ …

古本市に行ってみた。新宿サブナード「古本浪漫洲」で売られていたオススメ本を紹介。

古本浪漫洲 新宿サブナードで定期的に行われている 古本市『古本浪漫洲』に出向いた。 開催期間:4/10-4/26 名高い書店から集められた古本の数々は 毎回、多くの本好き達が足を運ぶ。 今回は実際に売 …

マクルーハン『メディア論』をメディアに踊らされる現代に再考する。

マーシャル・マクルーハンとは? Herbert Marshall McLuhan(1911年7月21日 – 1980年12月31日) カナダ出身の英文学者、文明批評家。メディアに関する理論 …

面白すぎて増刷?異常に売れてる専門書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』著:川上和人

今、話題沸騰の専門書がある。それは、鳥類学の・・・ 話題の書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』 その発起人、というか著者は、この人。 川上和人 1973年大阪府生まれ。 東京大学農学部林学 …