オススメ品 知識

Amazon媒体で本を読む。KindleとFire HD8を徹底比較。どちらが読書に優れているか?

投稿日:





Amazonで電子書籍を読む

アマゾンの電子書籍リーダーとして名高いKindle(キンドル)

それとほとんど形状のかわらないタブレット端末Fire HD

多くの人が、どちらを買うべきか悩むという。

今回は、それぞれの性能を比較しながら、

「読書」に向いているのはどちらなのか?

という観点から考察してみる。

比較する前に。

KindleとFireタブレットはどちらも様々な種類が発売されている。

今回は、価格の観点から

同等で、人気の高いもの。

・Kindle 16GB ¥ 8,980

・Fire HD 8 タブレット 16GB ¥ 11,980

この二つを比較してみることとする。

 

ちなみに、どちらもAmazonプライム会員であれば、

今なら4,000円OFFのクーポンを使用することができる。

つまりどちらも1万円以下で購入できるモデルである。

 

Kindle(キンドル)

例えばこんな経験はないだろうか。

スマホで本を読もうとする。

例えば、kindleのアプリや青空文庫のアプリなどを利用すれば、

電子書籍リーダーとしてスマホを使うことができる。

しかし、スマホの場合、他にもやりたいことがある。

例えば、ネットで調べものをしたり、LINEで友人に連絡を取ったり、

何もしていなくても、メール等のプッシュ通知が届くこともある。

これが「読書」において、いかに邪魔であるかは、

体験からご存じなのではないだろうか。

読書にとって、活字以外の情報は不要である。

そうしたものを一切排除した媒体がKindleである。

 

Fire HD 8 タブレット 16GB

Kindle(キンドル)

電子書籍が紙の書籍と異なる点、

そして電子書籍に抵抗がある人が抱いているネガティブなイメージ。

その代表的な2点を挙げてみる。

①質感

読書を紙で楽しんできた人にとって、

(わたしもそうであったが)画面を見て読書をするということに抵抗があるだろう。

タブレットのイメージでKindleに抵抗があるのであれば、

断じてそれは間違っている。

E-ink(イーインク)とは?

白色と黒色の粒子を流体を収めたマイクロカプセル中で電界によって移動させることで白と黒の表示を行なうものである。 粒子移動型などとも呼ばれる。

電子泳動という方式で画面に表示するわけだが、

簡単に言えば、実際のインクとなんら変わりがないということだ。

紙の本の質感をここまで再現しているのは、Fireではなく、Kindleならではである。

そしてもう一点。このE-inkは、

ページの切り替え時に電力を消費するだけであり、

同じページをいくら開きっぱなしにしても電力が消費されないという利点もある。

Kindleにおいては、

一日30分使用した場合で、数週間、充電なしで楽しむことができる。

 

 まとめ

「読書」をするなら断然、Kindleだ。

もしわたしが、

Fire HDをオススメするとしたら、スマホをもっていない方へのみだろう。

それもプライム会員の方に限って、である。

 









-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コーヒー界の“Apple” ブルーボトルコーヒー新宿へ! 珈琲と小説。

  ブルーボトルコーヒーへ 新宿駅すぐそばの商業施設「NEWoMan」に行ってきました。 目的は、日本3店舗目である「ブルーボトルコーヒー」さん。 「NEWoMan」には入ると、さっそくコー …

都築響一『圏外編集者』部屋にこもり郊外に出る編集術。その他おすすめ本も紹介。

都築響一とは? 珍スポット、独居老人、地方発ラッパー、 路傍の現代詩、カラオケスナックなどなど 無名の天才を発見し続ける編集者。 『POPEYE』や『BRUTUS』を担当したことも。 そんな彼の近著『 …

アメトーーク!読書芸人で紹介された本たち②

『応仁の乱』呉座勇一 応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) posted with ヨメレバ 呉座 勇一 中央公論新社 2016-10-19 売り上げランキング : 17 Am …

ショウペンハウエル『読書について』から本当の「本の読み方」を学ぶ。

『読書について』ショウペンハウエル 読書について 他二篇 (岩波文庫) posted with ヨメレバ ショウペンハウエル 岩波書店 1983-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 表紙に …

小説家志望者が社会言語学を学ぶべき理由。『日本語は「空気」が決める~社会言語学入門~ (光文社新書)』から小説における言語共同体を考察する。

「文は人なり」と「アイデンティティ」 「文は人なり」という言葉がある。 その人が使う言葉が、その人を表す。 言葉と人との同一性だ。 同一性というと、アイデンティティという言葉もある。 アイデンティティ …