オススメ品 知識

Amazon媒体で本を読む。KindleとFire HD8を徹底比較。どちらが読書に優れているか?

投稿日:





Amazonで電子書籍を読む

アマゾンの電子書籍リーダーとして名高いKindle(キンドル)

それとほとんど形状のかわらないタブレット端末Fire HD

多くの人が、どちらを買うべきか悩むという。

今回は、それぞれの性能を比較しながら、

「読書」に向いているのはどちらなのか?

という観点から考察してみる。

比較する前に。

KindleとFireタブレットはどちらも様々な種類が発売されている。

今回は、価格の観点から

同等で、人気の高いもの。

・Kindle 16GB ¥ 8,980

・Fire HD 8 タブレット 16GB ¥ 11,980

この二つを比較してみることとする。

 

ちなみに、どちらもAmazonプライム会員であれば、

今なら4,000円OFFのクーポンを使用することができる。

つまりどちらも1万円以下で購入できるモデルである。

 

Kindle(キンドル)

例えばこんな経験はないだろうか。

スマホで本を読もうとする。

例えば、kindleのアプリや青空文庫のアプリなどを利用すれば、

電子書籍リーダーとしてスマホを使うことができる。

しかし、スマホの場合、他にもやりたいことがある。

例えば、ネットで調べものをしたり、LINEで友人に連絡を取ったり、

何もしていなくても、メール等のプッシュ通知が届くこともある。

これが「読書」において、いかに邪魔であるかは、

体験からご存じなのではないだろうか。

読書にとって、活字以外の情報は不要である。

そうしたものを一切排除した媒体がKindleである。

 

Fire HD 8 タブレット 16GB

Kindle(キンドル)

電子書籍が紙の書籍と異なる点、

そして電子書籍に抵抗がある人が抱いているネガティブなイメージ。

その代表的な2点を挙げてみる。

①質感

読書を紙で楽しんできた人にとって、

(わたしもそうであったが)画面を見て読書をするということに抵抗があるだろう。

タブレットのイメージでKindleに抵抗があるのであれば、

断じてそれは間違っている。

E-ink(イーインク)とは?

白色と黒色の粒子を流体を収めたマイクロカプセル中で電界によって移動させることで白と黒の表示を行なうものである。 粒子移動型などとも呼ばれる。

電子泳動という方式で画面に表示するわけだが、

簡単に言えば、実際のインクとなんら変わりがないということだ。

紙の本の質感をここまで再現しているのは、Fireではなく、Kindleならではである。

そしてもう一点。このE-inkは、

ページの切り替え時に電力を消費するだけであり、

同じページをいくら開きっぱなしにしても電力が消費されないという利点もある。

Kindleにおいては、

一日30分使用した場合で、数週間、充電なしで楽しむことができる。

 

 まとめ

「読書」をするなら断然、Kindleだ。

もしわたしが、

Fire HDをオススメするとしたら、スマホをもっていない方へのみだろう。

それもプライム会員の方に限って、である。

 









-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

読むのが遅い悩みに!遅読のすすめ「スロー・リーディングの実践」平野啓一郎 /「フロー・リーディング」とは?

「速読」か「遅読」か 本を読むスピードは、人それぞれだ。 しかし「速読」が優れた読書だというイメージが蔓延っている。 読むことが遅くて悩んでいる、なんて人も少なくなかろう。 たしかに本を早く読むことは …

都築響一『圏外編集者』部屋にこもり郊外に出る編集術。その他おすすめ本も紹介。

都築響一とは? 珍スポット、独居老人、地方発ラッパー、 路傍の現代詩、カラオケスナックなどなど 無名の天才を発見し続ける編集者。 『POPEYE』や『BRUTUS』を担当したことも。 そんな彼の近著『 …

【河出書房新社】おすすめ本! 吉本隆明から『大人の塗り絵』まで一挙紹介。

河出書房新社とは? 1886年(明治19年)に河出靜一郎日本橋に設立。 当時は教科書や学習参考書を中心に出版していたが、農学関係書の刊行を次第に増やす。 1933年(昭和8年)に2代目の河出孝雄が河出 …

【Kindleのススメ】「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月から電子書籍化!ベストセラー『古事記』も!

電子書籍とは? 紙媒体ではなく電子化された書籍のこと。 書籍リーダーとして最も有名なのはAmazonの「Kindle」だろう。 Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つ …

蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

蓮實重彦 蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 – )は、 東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者、小説家。 第26代東京 …