オススメ品 小説 文学 知識

prime reading(プライムリーディング)おすすめ書籍一覧。ビジネス書、文学、雑誌まで色とりどりの本を楽しもう!

投稿日:2017年12月13日 更新日:





プライムリーディング

アマゾンのプライム会員の特典。

特定の書籍が無料で読めるサービスだ。

kindleを持っている人、そして、プライム会員の人であれば、

このサービスを使わなければもったいない。

今回は、現在リリースされている書籍のなかからオススメ本を紹介する。

 

『ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~』(光文社新書)

内容紹介

「セミナーに通ったり、参考書を何冊も読んだけどまったく理解できない」――とかく難しいと思われがちな企業財務のポイントを、気鋭の財務戦略コンサルタントがざっくり解説。

「ファイナンス」という言葉に難しいイメージを持っている人にこそ読んでほしい。

おそらく、それは、部分的にしかファイナンスを知らないからであろう。

この本では全体像を把握できるので、全てのビジネスマンにおすすめの一冊だ。

『仕事は楽しいかね? 』(きこ書房)

商品説明

   出張の帰りに、大雪のため一昼夜空港のロビーに足止めされた「私」。そこで出会ったある老人に、つい仕事で鬱積(うっせき)した感情をぶつけてしまう。老人は実は、企業トップがアドバイスをほしがるほどの高名な実業家。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

老人との出会いの物語としても面白い。

様々な経営者の事例が紹介されているのに、読みやすいのは、

やはり物語性の高さゆえ。

数時間でさらっと読め、なんだか仕事に飽きてきた、という方にオススメの一冊。

文藝春秋SPECIAL 2017年夏号[雑誌]

 

■脳の「弱点」がわかる!■
◎中野信子 サイコパスだけじゃない 危険な脳の扱い方
■明日からできる脳力10大活用術■
○一万人の脳画像でわかった 四〇歳からの脳の鍛え方 加藤俊徳
○脳科学的に正しい「もの忘れ」予防術 澤田誠
○「やる気脳」で中年の危機を脱出せよ 澤口俊之

などなど豊富な掲載量。

ホンマでっか!?TVに出演している先生方の「脳と心」についての知識を得ることもできる。

雑誌も無料で読めるのがプライムリーディングの良いところ。

雑誌で迷ったならこれがおすすめ。




 

『般若心経講義』

内容紹介

悩み多き現代人、必見!
「般若心経」はわずか260字余りの簡単・明瞭な仏教経典。他者を救済し、仏陀を目指す大乗仏教の心髄を、「空」をテーマに説く。本書は、玄奘三蔵が翻訳した「般若心経」をベースに、「空」を肯定と否定の二面の要素から考察。「智慧とは」「迷いとは」「真理とは」「命とは」など誰もが一度は思い及ぶであろう様々な“世の理”について、仏教の教えをもとに丁寧に解説する。
「一期一会」の大切さ、ひいてはチャンスを待つ心構えなど、これからのビジネスや生き方に幅広く活用できる「般若心経」の教えを、この機会に取り入れてみては?

 

般若心経。誰もが知るお経の一つだが、いまいち詳しいことはわかっていない方も多いのでは。

この本では読みやすい文体とともに、般若心経を通して仏教を知ることができる。

仏教の教えは現代人に必須。そう思わされること間違いなし。

「般若心経」とは、「空」とは、「仏教」とは、何か? すっきりわかる良書である。

 

宮沢賢治傑作選 『銀河鉄道の夜』『注文の多い料理店』『風の又三郎』ほか

 

宮沢賢治の代表作が一気に読めてしまうお得感満載のコンテンツ。

仏教の影響が色濃いといわれる宮沢賢治。

『般若心経講義』を読んだ後だと、より一層深いおもしろみを感じられる。

 

プライム会員なら必買!

まだまだオススメしたい本はたくさんある。

あなたがもし、プライム会員なのであれば、

今すぐにでもKindleを手に入れることをオススメする。









-オススメ品, 小説, 文学, 知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アイコス互換品の最新版「efos (イーフォス)」とは? アイバディを超えた?

アイコス(iQOS)互換品 アイコス本体がなくても、 アイコスのヒートスティックが吸える互換品。 なかでも有名なのは、 iBuddy(アイバディ) iBuddy i1 Kit (アイバディ アイワン …

【小説原作のオススメ映画】古典から最新映画まで

小説原作の映画 小説が原作の映画というのは数多くあるが、 「本好き」の方にとっては、原作の方がいい!!!! と断言したくなるようなものも多い。 しかし、原作と同じくらい素敵な映画もたくさんある。 今回 …

2017年ベスト小説⁉︎ 坂口恭平『けものになること』 まるで音楽。読む麻薬。

建築家、作家、絵描き、踊り手、歌い手・・・ 様々な肩書を持ち、 現代日本で最も異彩を放つ男。 坂口恭平。 彼ほどまでに自分らしい生き方を模索し、 実行している人はいるだろうか。 その実行力は学生時代か …

やなか珈琲が名作文学とコラボ?「飲める文庫」とは?AIテクノロジーが小説の読後感を、「珈琲の味わい」に表現した作品たち。

やなか珈琲「飲める文庫」 「飲める文庫」 、、?、、 すぐには理解できなかった。 コピーにはこうある。 「名作文学を、AIが珈琲に。」 よくわからないけど、なにやら魅惑的なことだけは確か。 説明文を読 …

高橋源一郎『お釈迦さま以外はみんなバカ』のなかで絶賛された本たち

高橋源一郎『お釈迦さま以外はみんなバカ』 お釈迦さま以外はみんなバカ (インターナショナル新書) posted with ヨメレバ 高橋 源一郎 集英社インターナショナル 2018-06-07 Ama …