オススメ品 コーヒー

目的別おすすめコーヒーメーカー。あなたのニーズに答えるコーヒーメーカー探し。

投稿日:2017年12月2日 更新日:





コーヒーメーカーを買う目的

家族構成や年齢、性格などによって、

コーヒーメーカー選びは決まってくる。

例えば、

・一人暮らし上京したての学生

・家族の多い主婦

・おしゃれ好きなOL

この三者においてだけでも、それぞれ求めるコーヒーメーカーは異なるはずだ。

今回は、目的別にオススメしたいコーヒーメーカーを紹介する。

【学生におすすめ】ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631

学生はなんだかんだ忙しい。

メンテナンスが面倒でなく、

手軽に一杯飲めるというもの。

そして何よりコスパ重視。

何といってもコスパが良い

この商品、およそ5,000円ほど。

Amazonで買えばお釣りがくる。

アルバイトで稼いだお金で、ちょっとしたご褒美に自分に買うにはもってこい。

 操作が簡単!





-オススメ品, コーヒー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

遠藤周作『友を偲ぶ』、三島由紀夫の「政治の芸術家」からICANのノーベル賞受賞と現代政治を考える。

核関連のノーベル平和賞 核関連のノーベル平和賞は1962年のアメリカのライナス・ポーリングから始まり、これまでに多くの受賞歴がある。 今回のICANを含め、その殆どが理念や訴えを評価されての受賞だが、 …

BRUTUS『危険な読書』― きっと見つかる「人生を変える一冊」。文学の毒に陶酔せよ!

  「危険な読書」 そう題された「BRUTUS」が2017年1月に発売された。 BRUTUS(ブルータス) 2017年 1/1・1/15合併号[危険な読書] posted with ヨメレバ …

【小説家志望者必見】5大文学新人賞について(傾向・おすすめ受賞作も紹介)

小説家になるために 小説家になるには色々な方法がある。 ・作品を出版社に売り込む(⇒あしらわれて終わる) ・ネットで小説を公開する(⇒無料公開のデメリットが大きい) ・自費出版(⇒お金が掛かる。売れに …

ロラン・バルトの『テクスト論』『作者の死』を踏まえた上で、本当の読解力・理解力とは? 読む力を身につけるためのおすすめ本。

「読解力」と「理解力」 同じ本を読んでいるのに、 感じることや得ることが違う。 これは良いことでもあるし、 本(テクスト)の醍醐味である。 フランスの批評家ロラン・バルトは、 『作者の死』と表現すると …