オススメ品 ニュース

アイコス互換品の最高傑作「iBuddy(アイバディー)」のメリット、デメリット。

投稿日:2017年10月20日 更新日:




アイコス互換品

このブログではこれまで

プルームテックの互換品を多く紹介してきた。

正規品より安い互換バッテリーさえ買えば、

いつでも楽しめるプルームテック。

アイコスより、手軽な印象が強かった。

しかし、、

最近、アイコスの互換品が増えている。

「アイコスの互換品」とは、

マルボロヒートスティックが吸える商品だ。

様々な互換商品が販売されているが、

今回はそんななかでも一番オススメな、

「iBuddy(アイバディー)」

を紹介する。

iBuddy

「アイコスのデメリットを全て解消した」

と言われているアイバディー。

 

 

1本から購入可能な葉巻通販サイト「シガーコネクション」

アイコスのデメリットって?

アイコスは臭いが少なく、

紙タバコより有害物質が少ないなど、

様々なメリットがあるが、

デメリットもある。

よく言われるのが、次の2点だ。

①連続で吸えない

紙タバコと違い、連続吸いができず、

一回一回、充電をしなければならない。

なかには連続で吸うために、

アイコス二台持ちまでしている人もいる。

②味にムラがある

アイコスは、

ヒートスティックを挿しこんで使用するが、

なかなか挿さりにくい時があったり、

挿し方によっては味にムラがある。

ところが、iBuddyなら。メリットだらけ。

アイコスの2点のデメリット。

アイバディーは、なんと解決しちまっている。

①連続吸い可能

アイコスと違い、

本体一体型のアイバディーは、

充電がなかならない限り、

連続吸いが可能。

満充電で、16本吸えると言われている。

アイバディーなら、二台持ちする必要もないのだ。

②アイコスより味にムラがない?

板状のアイコスと違い、

アイバディは、針状の熱源。

ヒートスティックをスムーズに刺すことができ、

熱が全体に満遍なく伝わるため、

ムラのない味を楽しむことができる。

③コンパクト!

アイバディは名刺サイズほど。

グローと同じぐらいコンパクトであり、

アイコスよりも持ち運びに便利。

ポケットに入れても気にならないだろう。

④リーズナブル。

互換品なだけあって、

アイバディーは安い。

「アイコスはよく故障するので、安いアイバディーにした。」

という方も多い。

妥協でアイバディーにしたのに、

アイコスより使い勝手が良く、

アイコス正規品に戻れないといったレビューも多い。

iBuddyのデメリットは?

デメリットはなんだろうか。

あんまり思いつかないが、

あえていうなら、

ヒートスティックを挿すところに蓋がない

という点だろうか。

吸った直後だと、臭いが漏れてしまう可能性がある。

まぁでも、それぐらいである。

アイバディー。

試してみる価値は十分にある。



-オススメ品, ニュース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マクルーハン『メディア論』をメディアに踊らされる現代に再考する。

マーシャル・マクルーハンとは? Herbert Marshall McLuhan(1911年7月21日 – 1980年12月31日) カナダ出身の英文学者、文明批評家。メディアに関する理論 …

「本音と建前について」現代の本音はどこにあるのか?トランプ大統領誕生の過程から読み解く。

本音はどこいった? 国民の本音はどこにあるのか。世論調査で次第にトランプ氏が優勢だと知って本当に驚いたのは誰だろうか。全米100紙の内、2紙のみがトランプ氏を支持し、それ以外の大半がヒラリー氏を支持し …

廃車の活用。旅行ガイドとしても楽しめる廃車本を紹介。

日本の廃車が 東南アジアにでかけると、 日本の車両に出会えることがある。 日本で廃車となった車両は、 海を越え、新しい場所で人々を乗せ続けている。 このことを知ったのは、とある本との出会い。 東南アジ …

アマゾンプライム会員で前田司郎の小説、映画、脚本など様々な世界観を堪能する!

Amazon Prime アマゾンで物を買い、 アマゾンで本を読み、 アマゾンで音楽を聴き、 アマゾンで映画を観る。 娯楽のすべてを網羅できるアマゾンプライム。 いま、大活躍の作家がいる。 &nbsp …

2017年ノーベル文学賞をカズオ・イシグロ氏が受賞。『日の名残り』などオススメ小説を紹介。

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏! 今年のノーベル文学賞に、 日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 村上春樹がノミネートされたり、 近年ではボブディランが受賞するなどして、 話題となった文 …