オススメ品 ニュース

アイコス互換品の最高傑作「iBuddy(アイバディー)」のメリット、デメリット。

投稿日:2017年10月20日 更新日:




アイコス互換品

このブログではこれまで

プルームテックの互換品を多く紹介してきた。

正規品より安い互換バッテリーさえ買えば、

いつでも楽しめるプルームテック。

アイコスより、手軽な印象が強かった。

しかし、、

最近、アイコスの互換品が増えている。

「アイコスの互換品」とは、

マルボロヒートスティックが吸える商品だ。

様々な互換商品が販売されているが、

今回はそんななかでも一番オススメな、

「iBuddy(アイバディー)」

を紹介する。

iBuddy

「アイコスのデメリットを全て解消した」

と言われているアイバディー。

 

 

1本から購入可能な葉巻通販サイト「シガーコネクション」

アイコスのデメリットって?

アイコスは臭いが少なく、

紙タバコより有害物質が少ないなど、

様々なメリットがあるが、

デメリットもある。

よく言われるのが、次の2点だ。

①連続で吸えない

紙タバコと違い、連続吸いができず、

一回一回、充電をしなければならない。

なかには連続で吸うために、

アイコス二台持ちまでしている人もいる。

②味にムラがある

アイコスは、

ヒートスティックを挿しこんで使用するが、

なかなか挿さりにくい時があったり、

挿し方によっては味にムラがある。

ところが、iBuddyなら。メリットだらけ。

アイコスの2点のデメリット。

アイバディーは、なんと解決しちまっている。

①連続吸い可能

アイコスと違い、

本体一体型のアイバディーは、

充電がなかならない限り、

連続吸いが可能。

満充電で、16本吸えると言われている。

アイバディーなら、二台持ちする必要もないのだ。

②アイコスより味にムラがない?

板状のアイコスと違い、

アイバディは、針状の熱源。

ヒートスティックをスムーズに刺すことができ、

熱が全体に満遍なく伝わるため、

ムラのない味を楽しむことができる。

③コンパクト!

アイバディは名刺サイズほど。

グローと同じぐらいコンパクトであり、

アイコスよりも持ち運びに便利。

ポケットに入れても気にならないだろう。

④リーズナブル。

互換品なだけあって、

アイバディーは安い。

「アイコスはよく故障するので、安いアイバディーにした。」

という方も多い。

妥協でアイバディーにしたのに、

アイコスより使い勝手が良く、

アイコス正規品に戻れないといったレビューも多い。

iBuddyのデメリットは?

デメリットはなんだろうか。

あんまり思いつかないが、

あえていうなら、

ヒートスティックを挿すところに蓋がない

という点だろうか。

吸った直後だと、臭いが漏れてしまう可能性がある。

まぁでも、それぐらいである。

アイバディー。

試してみる価値は十分にある。



-オススメ品, ニュース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「僕と共鳴せえへんか?」日本製ロードバイクで神保町の古本屋めぐり 織田作之助『夫婦善哉』

去年の春に、 何故だか無性にロードバイクが欲しくなって、 けど、ロードバイクについて何もわからない。どうしよう。 って時に見つけたのがこれ。 【手組み立てMade in japan】ロードバイク シマ …

おすすめ2018年最新iQOS(アイコス)互換品。正規品を超える使用感。

アイコス互換品 有害物質を9割以上削減できることや、 臭いが少ないことで人気のアイコス。 そんなアイコスには正規品にも勝る互換品があるのをご存知ですか。 今回は、最新の互換品を紹介します。  geem …

映画好き必見!Fire TV Stick がオススメな理由。Amazonを使いこなせ!

Fire TV Stickとは? Amazonビデオなどの映像コンテンツをテレビで観れるようにするためのデバイス。 使用方法は、HDMI端子にスティックを挿すだけ! Fire TV Stick (Ne …

澁澤龍彦のオススメ本。三島由紀夫が激賞した幻の書『快楽主義の哲学』について。サド裁判とは?

澁澤龍彦とは? 澁澤 龍彥(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお) 1928年(昭和3年)5月8日 – 1987年(昭和62年)8月5日)。 日本の小説家、フランス文学者、評論家。 別名 …

仏教から学ぶこと。『般若心経講義』から価値のある「刹那主義」について考察してみた。

 『般若心経講義』は現代人の必読書 今さえ良けりゃいい。 「刹那主義」というと聞こえがいいが、 今さえよければ、という考え方には様々あり、 そこを間違えると、いずれくる「今」は「よく」なくなる。 ある …