オススメ品 ニュース

アイコス互換品の最高傑作「iBuddy(アイバディー)」のメリット、デメリット。

投稿日:2017年10月20日 更新日:




アイコス互換品

このブログではこれまで

プルームテックの互換品を多く紹介してきた。

正規品より安い互換バッテリーさえ買えば、

いつでも楽しめるプルームテック。

アイコスより、手軽な印象が強かった。

しかし、、

最近、アイコスの互換品が増えている。

「アイコスの互換品」とは、

マルボロヒートスティックが吸える商品だ。

様々な互換商品が販売されているが、

今回はそんななかでも一番オススメな、

「iBuddy(アイバディー)」

を紹介する。

iBuddy

「アイコスのデメリットを全て解消した」

と言われているアイバディー。

 

 

1本から購入可能な葉巻通販サイト「シガーコネクション」

アイコスのデメリットって?

アイコスは臭いが少なく、

紙タバコより有害物質が少ないなど、

様々なメリットがあるが、

デメリットもある。

よく言われるのが、次の2点だ。

①連続で吸えない

紙タバコと違い、連続吸いができず、

一回一回、充電をしなければならない。

なかには連続で吸うために、

アイコス二台持ちまでしている人もいる。

②味にムラがある

アイコスは、

ヒートスティックを挿しこんで使用するが、

なかなか挿さりにくい時があったり、

挿し方によっては味にムラがある。

ところが、iBuddyなら。メリットだらけ。

アイコスの2点のデメリット。

アイバディーは、なんと解決しちまっている。

①連続吸い可能

アイコスと違い、

本体一体型のアイバディーは、

充電がなかならない限り、

連続吸いが可能。

満充電で、16本吸えると言われている。

アイバディーなら、二台持ちする必要もないのだ。

②アイコスより味にムラがない?

板状のアイコスと違い、

アイバディは、針状の熱源。

ヒートスティックをスムーズに刺すことができ、

熱が全体に満遍なく伝わるため、

ムラのない味を楽しむことができる。

③コンパクト!

アイバディは名刺サイズほど。

グローと同じぐらいコンパクトであり、

アイコスよりも持ち運びに便利。

ポケットに入れても気にならないだろう。

④リーズナブル。

互換品なだけあって、

アイバディーは安い。

「アイコスはよく故障するので、安いアイバディーにした。」

という方も多い。

妥協でアイバディーにしたのに、

アイコスより使い勝手が良く、

アイコス正規品に戻れないといったレビューも多い。

iBuddyのデメリットは?

デメリットはなんだろうか。

あんまり思いつかないが、

あえていうなら、

ヒートスティックを挿すところに蓋がない

という点だろうか。

吸った直後だと、臭いが漏れてしまう可能性がある。

まぁでも、それぐらいである。

アイバディー。

試してみる価値は十分にある。



-オススメ品, ニュース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

町田康の新作小説『湖畔の愛』が新潮2017年9月号で一挙公開されました。筒井康隆の系譜を継ぐ作家が描くスラップスティック。

町田康の新作小説『湖畔の愛』 2017年9月の表紙に、どどんと書かれた、 町田康『湖畔の愛』(200枚)の文字。 これは、と、買わずにいられなかった人も多いのではないだろうか。 中を開くと、こんな文言 …

【追悼】クマのパディントンで世界中に愛された作家、マイケル・ボンド死去。おすすめ書籍、映画「パディントン」を紹介。

マイケル・ボンドとは? ボンド,マイケル 1926年、英国ニューベリー生まれ。 1943年、英国空軍に航空士として入隊。その後陸軍に移り、中東へ行く。そこで軍務に携わりながら作品を書き始め、1945年 …

電車通勤・通学にオススメな、さくっと読める短編小説案内

電車と本 電車で通勤・通学している間、なにをしていますか? 一昔前まで、電車での時間つぶしの王道は「読書」であった。 しかし最近電車に乗ると、 スマホでニュースを読んでいたり、ゲームをしていたり、と …

【書評】山下澄人『鳥の会議』解説 町田康。山下澄人の小説から学ぶこと。

  山下澄人『鳥の会議』   この本が単行本として出た時から、 町田康が絶賛したという話を耳にしていた。 それを聞いて読まずにはいられなかった。 読んでみてまず、 語り手の表現(視 …

渋沢栄一も影響を受けた『論語』。素晴らしいリーダーの条件とは?

渋沢栄一とは? 江戸時代末期から大正初期にかけての官僚、実業家。 第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業を設立・経営。 「日本資本主義の父」といわれている。 そんな彼が傾倒した学問があ …