知識

五木寛之と玄侑宗久の対談『息の発見』から現代人に必要な呼吸法を学ぶ。

投稿日:





『息の発見』五木寛之&玄侑宗久

内容紹介

生命の維持において、もっとも重要な位置づけとなる「呼吸」。息をすることは生きること。長生きとは長息である。呼吸をコントロールし、身体を活き活きとさせる方法を探る刺激的な問答。ブッダの教えからはじまり、禅が発展させた「息」にまつわるノウハウをふたりの作家が語らう。さまざまな健康法や呼吸法を考察・実践してきた五木寛之の発見とは何か? 健康な生活をおくるためのヒントが、知的かつ大胆な対談のなかに詰まっている!!

まず、五木が考える呼吸とは?

人は誰でも、健康で、心安らかに生きたいと思う。その第一歩が、この吐く息、吸う息である。

冒頭にこんな文章がある。

生きるために呼吸が必要なのは誰でも知っていて、一見当たり前のことのみが書かれた文章だ。

しかし、現代人は、

呼吸の大切さに気付いてないと五木は言う。

そしてそんな私たちに、まず一点、

玄侑との対談の前に注意を促す。

それは、呼吸についての私たちのイメージの訂正だ。

例えば「深呼吸」という言葉でどんな姿を思い浮かべるだろうか。

ほとんどの人が「深く吸うこと」のイメージを強く抱く。

しかし、これまた考えれば当たり前のことだが、

呼吸とは、「吐く」と「吸う」、その両方があって成り立っている。

現代人の多くは、「吸う」ことばかりに気を取られ、

「吐く」ことの重要性を軽視しているのではないか、と五木は言う。

そしてここから対談が始まる。

五木が対談相手に選んだのは、

禅宗のお寺の跡取りとして生まれ、

物心つくかつかないかのうちからお経を唱え、

その息づかいをお体得してきた玄侑宗久氏だ。



玄侑宗久と呼吸法

五木が呼吸法のプロとして対談相手に選んだ玄侑。

彼は、高校生にして、

「風邪を撃退する呼吸法」

「(緊張などで)上がったときの即効性のある息の使いかた」

を独自の呼吸法として体得したという。

呼吸の際、意識をどこに集めるかで、

諸症状を改善できるというのだ。

「怒ったとき」の息は人を殺す?

対談のなかで興味深い話がでている。

液体空気とよばれるもののなかに、

人が起こっているときの息を吐くと、

そのなかに栗色の沈殿物ができる。

アメリカのE・R・ゲイツ博士の研究によると、

一時間怒っていた人の息からできた沈殿物の成分は、

80人もの人を殺せる猛毒であることが証明されたというのだ。

もちろん息は吐く人のなかにも循環されており、

「怒り」そのものの有毒性を証明したともいえる。

怒ることは、身体に毒なのだ。

呼吸法の経典ともいうべきブッダの『安息経』


様々な苦行に励んだすえに、

人が苦しみのない日々を送るためにはどうすべきか、

を考えてブッダがたどり着いたのが息をする方法。

その知恵がつまったのが『安息経』である。

ブッダの教えを一言でいうと、

「呼吸を愛しなさい」ということだ。

私たちが普段意識せずにしている呼吸。

それを意識して変えること、つまり息を発見することの重要性が、

『息の発見』のなかで語られていた。








-知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

渋沢栄一も影響を受けた『論語』。素晴らしいリーダーの条件とは?

渋沢栄一とは? 江戸時代末期から大正初期にかけての官僚、実業家。 第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業を設立・経営。 「日本資本主義の父」といわれている。 そんな彼が傾倒した学問があ …

立川談春『赤めだか』ドラマ挿入歌と立川談志の名言

立川談春とは? 1966年、東京都生まれ。 1984年、17歳で立川談志に入門。 1988年、二ツ目昇進。 1997年、真打昇進。 2008年、『赤めだか』で講談社エッセイ賞受賞。 近年、『ルーズヴェ …

【おすすめ「食の文学」】一人暮らし・自炊には「セラミックおひつ」を使うべき

一人暮らしと自炊 今回は「本」とは関係なく。 Amazon大好き人間として、 最近買った中でオススメの商品を紹介する。 それは、 セラミックおひつ イシガキ産業 ほっこりぐるめ セラミックおひつ 1. …

若松英輔『生きる哲学』 「コトバ」とは何か? これを読めば、井筒俊彦の哲学がスッキリ分かる!

  『生きる哲学』 著:若松英輔 この本は、いつでも自分の足で確かに立ち、 新たな思索を切り開いた14人の「生きる哲学」を知ることができる。   「哲学」と聞くと、小難しく、机上で …

本を売るならメルカリよりもブクマ!が断然オススメ。その理由と使い方を解説。

本を売る場所やサービス このブログをご覧いただいている方であれば、 きっと、こんな悩みがあるはず。 「本がどんどん増えて置き場所がない・・・」 「処分するなら、読んでくれる人にあげたい」 「売ろうと思 …