オススメ品 知識

DELL Inspiron 11 3000のレビュー。小説やブログの執筆に必要なアイテム(PCやアプリ、辞書など)紹介。

投稿日:




小説やブログを書く準備


小説やブログなど、執筆をする際に、

これだけは用意しておきたいというものがある。

今回は私が愛用しているアイテムを紹介する。




①パソコン

まずは、なんといってもパソコンだ。

パソコンにも様々な種類があるが、

オススメなのは、小型のノートパソコンである。

デスクトップのパソコンは高性能だが、

どこでもいつでも書ける小型のノートパソコンこそが、

小説執筆には最適である。

また、停電時、電源が切れる恐れがあり、

せっかく書いた小説が消えることも考えられる。

リスク管理の面からも

小型のノートパソコンをオススメする。

なかでもオススメなのが、コレ。

【DELL Inspiron 11 3000】

なんといっても安い。

そして薄い。

無駄な機能が必要ないのが「執筆」用のPCである。

充電も10時間程度持つ。

シンプルで安心して使える一品だ。

オフィス付のものも販売しているが、

コストを抑えたい方には、キングソフトで代用することをおすすめする。




 ②ソフト

執筆に書かせないのが、

WORDなどの文章作成ソフトだ。

なかでも私のオススメなのはコレ。

KINGSOFT Office 2016 Personal パッケージCD-ROM版

 ③スマホ

小説を書くには、スマートフォンも有効だ。

といっても、スマホで小説の全てを書くのは

オススメしない。

私が使っているのはiPhoneだが、

オフィス互換性のある、使いやすいアプリは、

残念ながら存在しない。

では、どのようにスマホを使うのか?

まずオススメしたいのが、

情報収集ツールとしてである。

PCで文章を書いている時に、

ネットに繋いで、必要な情報を検索すると、

手間が掛かる(やる気が損なわれる)危険性がある。

なぜなら、ネット上に溢れている雑情報に目が行ってしまい、

執筆が捗らなくなるからだ。

「スマホでも一緒では?」

と思うかもしれないが、

ここで大事なのは、

ワード(編集ソフト)を閉じることなく、

常に視界に入るようにしておくことだ。

情報収集は、スマホで行うべきである。

④アプリ

スマホの話が続くが、

小説執筆時に役立つアプリを紹介する。

【精選版 日本国語大辞典】

辞典・辞書系のアプリには、

様々なものがあるが、

これは素晴らしい大物アプリだ。

大ボリュームで、小説を書くには十分の情報量である。

⑤本(辞典・辞書)

小説を書くときには、

PCの横に置いておくと便利な「本」がある。

この本を置いておけば、

書きあぐねることはなくなるだろう。

 『ことば選び実用辞典』


小説を書くために役に立つ本を紹介したブログもあるので、

↓こちらもチェックしてほしい↓

【必読】小説執筆の上で役に立つ本ベスト3 これを読めば誰でも小説を書ける!





-オススメ品, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

保坂和志『小説の自由』から「優れた小説」とは何かを考える。

保坂和志『小説の自由』 小説の自由 (中公文庫) posted with ヨメレバ 保坂 和志 中央公論新社 2010-05 Amazon Kindle 楽天ブックス 内容(「BOOK」データベースよ …

コーヒー界の“Apple” ブルーボトルコーヒー新宿へ! 珈琲と小説。

  ブルーボトルコーヒーへ 新宿駅すぐそばの商業施設「NEWoMan」に行ってきました。 目的は、日本3店舗目である「ブルーボトルコーヒー」さん。 「NEWoMan」には入ると、さっそくコー …

【フリーライターになるために】文章で稼ぐことができる、CrowdWorks(クラウドワークス)がおすすめ!まずは副業から始めよう!

クラウドワークスとは? 日本最大級のクラウドソージングサイト。 多くのメディアにも取り上げられ、今際注目のサイトである。 クラウドソージングとは? 個人・企業からの仕事を、インターネット上で個人が受注 …

【コーヒー好き必見】ネスカフェ ドルチェグスト/ネスカフェ バリスタを無料同然で試してみたレビュー。最大のメリットは「時短」?

ネスカフェのコーヒーメーカーが無料同然で楽しめる? ネスレ通販オンラインサイトでのキャンペーンが行われているのはご存知でしょうか。 コーヒー好きの私は、さっそく試してみました。 コーヒーメーカー(マシ …

『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』から学ぶこと① 「書くこと」は「知ること」だ!

私が、かねてから、 これを国語の教科書にすればいいではないかと思っている本がある。 井上ひさし 『井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室』だ。 今回は、ものを書くときに必要な手順について、 この本か …