ニュース 小説 文学

【追悼】クマのパディントンで世界中に愛された作家、マイケル・ボンド死去。おすすめ書籍、映画「パディントン」を紹介。

投稿日:




マイケル・ボンドとは?

ボンド,マイケル
1926年、英国ニューベリー生まれ。

1943年、英国空軍に航空士として入隊。その後陸軍に移り、中東へ行く。そこで軍務に携わりながら作品を書き始め、1945年に最初の短編が雑誌に掲載される。1947年BBC(英国放送協会)のモニター・サービスの仕事についたのち、テレビ・カメラマンとなる。そのかたわら、楽しみに書いていたラジオの脚本や短編が採用され、英国ほか世界数カ国で放送された。1965年にカメラマンの仕事をやめてからは、執筆活動に専念し、数々の作品を発表。

なかでも「パディントン」シリーズは有名。

マイケル・ボンド氏、91歳で幕

そんなマイケル・ボンド氏が、惜しまれながらも、

6月27日に91歳で亡くなった。

子供たちにも愛されている作品の作者がもう91歳だったことに驚いた。

「パディントン」は40カ国語以上に翻訳されており、

販売数は、世界中で、3500万部以上。

ことからもマイケル・ボンド氏の作品が

いかに世界から愛されてきたかがこの数字からも分かる。

そして、これからも愛され続けるであろう。

今回は追悼の意を表して作品を紹介したい。

『くまのパディントン』まずはやっぱりこれ。

くまのパディントン

くまのパディントン

  • 作者:マイケル ボンド
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 2002-06-20

内容(「BOOK」データベースより)

南米のペルーからロンドンにやってきたくまのパディントンは、ひょんなことからブラウンさんの一家と暮らしはじめました。ママレードが大好きで、いつも困った事件にまきこまれるけれど、いつも運よく逃れてしまうパディントンは、たちまち街の人気者になります。人気シリーズの第一作。

『パディントンのクリスマス』クリスマスプレゼントにも最適。

パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ)

パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者:マイケル・ボンド
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 1968-11-20

内容(「BOOK」データベースより)

今ではすっかり人気者となったパディントンですが、内緒で部屋の改装をはじめ、ドアの上にも壁紙を貼りつけて部屋から出られなくなったりと、相変わらず騒動をまきおこします。ところが、しかられるどころか、感謝されるという運の良さもいつものとおりです。人気シリーズの第二巻目。

 『パディントンとテレビ』笑える作品。スラップスティックです。

内容(「BOOK」データベースより)

パディントンとテレビ (世界傑作童話シリーズ)

パディントンとテレビ (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者:マイケル・ボンド
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 1971-09-10

思いこみが激しくて融通のきかない、しかし愛すべきくまが、またまた大騒動を巻き起こします。今回はテレビのクイズ番組に出演し、アナウンサーと珍問答を交わしたあげく、例によって強運を発揮してみごとに賞金を獲得します。パディントンが繰り広げる抱腹絶倒の冒険の数々をお楽しみください。

映画化も大成功

[内容解説]
この愛すべき小さなクマの笑いと冒険の感動ストーリーに世界が熱狂!
本国イギリスで「アナと雪の女王」の驚異的オープニング記録を抜きさり、
さらにヨーロッパ、アメリカへとヒットの波が広がり全世界大ヒット。
辛口批評サイトRotten Tomatesでは98%フレッシュをはじき出すなど絶大な評価を獲得。
日本でも絶賛と高い満足度をうけて、大ヒットを記録!

 

マイケル・ポンドさん、お疲れ様でした。







-ニュース, 小説, 文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

都築響一『圏外編集者』部屋にこもり郊外に出る編集術。その他おすすめ本も紹介。

都築響一とは? 珍スポット、独居老人、地方発ラッパー、 路傍の現代詩、カラオケスナックなどなど 無名の天才を発見し続ける編集者。 『POPEYE』や『BRUTUS』を担当したことも。 そんな彼の近著『 …

茂木健一郎 「オワコン」芸人批判で炎上! 対して芸人は? キーワードは「質問力」?

茂木健一郎   日本で最も有名な脳科学者なのではないか。 いま、彼のツイッターでの発言が物議を醸している。   Twitter茂木健一郎 (@kenichiromogi) 日本の芸 …

言葉を変えることで新しい世界を描き出す魅力。オススメ芥川賞受賞作・どうしても捨てられなかった本・多和田葉子『犬婿入り』他の書評。

どうしても捨てられなかった本 以前このブログで紹介した通り、 Kindleを手に入れたことや引っ越しによって、 紙の本を手放すことにした。 本好きの私にとっては、かなり苦しく、寂しい思いのする断捨離で …

新しくなったFire HD 8を買ってみた。ダウンロードすべきアプリを紹介。実は小説執筆もできちゃいます。

Fire HD 8が新しくなった iPadよりも圧倒的にコスパがよく、 Amazon中毒の私にとって、これ以上ないタブレット端末。 Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Ne …

BRUTUS(ブルータス)『危険な読書』からオススメ本を紹介。前回は筒井康隆。今回の危険な作家は?

BRUTUS『危険な読書』 以前このブログでも紹介した ブルータスの『危険な読書』。 2018年1/1・15合併版で、 同じ名前の『危険な読書』が発売された。 BRUTUS(ブルータス) 2018年 …