ニュース 小説 文学

【追悼】クマのパディントンで世界中に愛された作家、マイケル・ボンド死去。おすすめ書籍、映画「パディントン」を紹介。

投稿日:




マイケル・ボンドとは?

ボンド,マイケル
1926年、英国ニューベリー生まれ。

1943年、英国空軍に航空士として入隊。その後陸軍に移り、中東へ行く。そこで軍務に携わりながら作品を書き始め、1945年に最初の短編が雑誌に掲載される。1947年BBC(英国放送協会)のモニター・サービスの仕事についたのち、テレビ・カメラマンとなる。そのかたわら、楽しみに書いていたラジオの脚本や短編が採用され、英国ほか世界数カ国で放送された。1965年にカメラマンの仕事をやめてからは、執筆活動に専念し、数々の作品を発表。

なかでも「パディントン」シリーズは有名。

マイケル・ボンド氏、91歳で幕

そんなマイケル・ボンド氏が、惜しまれながらも、

6月27日に91歳で亡くなった。

子供たちにも愛されている作品の作者がもう91歳だったことに驚いた。

「パディントン」は40カ国語以上に翻訳されており、

販売数は、世界中で、3500万部以上。

ことからもマイケル・ボンド氏の作品が

いかに世界から愛されてきたかがこの数字からも分かる。

そして、これからも愛され続けるであろう。

今回は追悼の意を表して作品を紹介したい。

『くまのパディントン』まずはやっぱりこれ。

くまのパディントン

くまのパディントン

  • 作者:マイケル ボンド
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 2002-06-20

内容(「BOOK」データベースより)

南米のペルーからロンドンにやってきたくまのパディントンは、ひょんなことからブラウンさんの一家と暮らしはじめました。ママレードが大好きで、いつも困った事件にまきこまれるけれど、いつも運よく逃れてしまうパディントンは、たちまち街の人気者になります。人気シリーズの第一作。

『パディントンのクリスマス』クリスマスプレゼントにも最適。

パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ)

パディントンのクリスマス (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者:マイケル・ボンド
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 1968-11-20

内容(「BOOK」データベースより)

今ではすっかり人気者となったパディントンですが、内緒で部屋の改装をはじめ、ドアの上にも壁紙を貼りつけて部屋から出られなくなったりと、相変わらず騒動をまきおこします。ところが、しかられるどころか、感謝されるという運の良さもいつものとおりです。人気シリーズの第二巻目。

 『パディントンとテレビ』笑える作品。スラップスティックです。

内容(「BOOK」データベースより)

パディントンとテレビ (世界傑作童話シリーズ)

パディントンとテレビ (世界傑作童話シリーズ)

  • 作者:マイケル・ボンド
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 1971-09-10

思いこみが激しくて融通のきかない、しかし愛すべきくまが、またまた大騒動を巻き起こします。今回はテレビのクイズ番組に出演し、アナウンサーと珍問答を交わしたあげく、例によって強運を発揮してみごとに賞金を獲得します。パディントンが繰り広げる抱腹絶倒の冒険の数々をお楽しみください。

映画化も大成功

[内容解説]
この愛すべき小さなクマの笑いと冒険の感動ストーリーに世界が熱狂!
本国イギリスで「アナと雪の女王」の驚異的オープニング記録を抜きさり、
さらにヨーロッパ、アメリカへとヒットの波が広がり全世界大ヒット。
辛口批評サイトRotten Tomatesでは98%フレッシュをはじき出すなど絶大な評価を獲得。
日本でも絶賛と高い満足度をうけて、大ヒットを記録!

 

マイケル・ポンドさん、お疲れ様でした。







-ニュース, 小説, 文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『バカの壁』を超える養老孟司のおススメ本一挙紹介!名越康文との対談本『「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質』出版!!

養老孟司 養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 – ) 日本の解剖学者。 神奈川県鎌倉市出身。 東京大学名誉教授。 『バカの壁』 2003年に出版された『バカ …

小説『埒外のおふびいと』

埒外のおふびいと うちの洗面台にはね、電球が二つ、人間の目玉のような位置にね、付いているんです。それが昨日まではね、両目開いて―というのは顔みたいだからいうのだけれど―光って、私の小汚い顔を照らして、 …

ロラン・バルトの『テクスト論』『作者の死』を踏まえた上で、本当の読解力・理解力とは? 読む力を身につけるためのおすすめ本。

「読解力」と「理解力」 同じ本を読んでいるのに、 感じることや得ることが違う。 これは良いことでもあるし、 本(テクスト)の醍醐味である。 フランスの批評家ロラン・バルトは、 『作者の死』と表現すると …

プルームテック新フレーバーの味は美味しい? モカ(ブラウン)・アップル(レッド)を早速コンビニで買ってみた。

本・書籍ランキングへ プルームテック(PloomTECH)に新フレーバー誕生 以前このブログも紹介しましたが、 プルームテックに新フレーバー誕生!発売日は? プルームテックに、新しい味が発売されました …

電車通勤・通学にオススメな、さくっと読める短編小説案内

電車と本 電車で通勤・通学している間、なにをしていますか? 一昔前まで、電車での時間つぶしの王道は「読書」であった。 しかし最近電車に乗ると、 スマホでニュースを読んでいたり、ゲームをしていたり、と …