オススメ品 知識

グリーンスムージーはガンにも効く? スムージーの効果・効能と栄養満点レシピ、おすすめ本

投稿日:2017年6月11日 更新日:




グリーンスムージー

女性を中心として、ダイエットや生活習慣の改善に欠かせない存在のスムージー。

スムージーには身体にとって嬉しい効果がたくさんある。

効果①美肌効果

美容に欠かせない栄養がビタミンである。

しかし、いくら野菜を採っても、摂取方法を間違えてしまうと、

ビタミン成分を最大限取り込むことが難しくなってしまう。

とくに加熱調理した場合、多くの成分が失われてしまうのだ。

しかし、スムージーであれば、熱を加えないため、

野菜の成分を、そのまま摂取が可能となる。

効果②ダイエット

スムージーがここまで流行したのは、「スムージーダイエット」の効果によるものであろう。

食物繊維が豊富に含まれているスムージーを飲むことで、

腸の運動を促し、便秘を解消する働きがある。

また消化を助ける酵素により、腸内の老廃物を排出してくれるというメリットもある。

スムージーによって快便の習慣を手に入れることは、

「痩せる体質」をつくりだすことでもあるのだ。

体質をつくってしまえば、リバウンドの心配もなくなっていく。

効果③ストレス解消

多くのビタミンを含むスムージーはストレス社会の救いにもなってくれる。

ビタミンには、精神や脳を安定させる働きがあるため、

リラックス効果も期待できるのだ。

そして、なんと・・・

実は、「ガン」にも効果的であるといわれている。

夫がガンになり、ステージ4の宣言をされた女性が、

スムージーによってガンを乗り越えた実話が一冊の本になっている。

スムージーによる生活習慣の改善は、

驚くべきことに病気までもを克服させてしまうのである。

 

内容紹介より

夫のリンパにがんの転移が見つかり、ステージ4の宣告。でも……がんは消えた!!
絶望に打ちひしがれた夫婦が選んだ道とは―――試行錯誤の末につくりだした「からだにいい生活習慣」を続けるという選択――。
夫が治ると信じてガンと過ごした7カ月の出来事を交えながら、研究を重ねて完成した奇跡のビタミンジュース、代謝を上げる足つぼ、
がんに効く漢方などの毎日の習慣、悩み別のすぐに使えるレシピ、自身の反省から学んだがんになったら心掛けたい考え方を一挙紹介。

 

スムージーの選び方

上記した本のなかでも触れられているのが、

「スムージーの選び方」である。

悩みや効果から、自分にあったスムージーを選ぶことで、

よりよいスムージーとの付き合いが可能となる。

「グリーンスムージーおすすめランキングサイト」

人気のスムージーも分かるので、上のリンクから自分にあったスムージーを見つけてみてはいかがでしょうか。






-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【文豪Tシャツ】文学好きにおすすめなファッションアイテム

【文豪Tシャツ】文学好きにおすすめなファッションアイテム

今回は趣向を変えて、文学好きにオススメなファッションアイテムを紹介します。 中原中也 Tシャツ   中原中也/Tシャツ/半袖/黒/ブラック/山羊の歌/在りし日の歌/歌人/詩人/翻訳家/ po …

コミュ力の向上、コミュ障の改善は平田オリザ『対話のレッスン』から学べ!これで対人関係の悩みは解消される!

平田オリザとは? 平田 オリザ(ひらた オリザ、男性、1962年11月8日 – )は日本の劇作家、演出家。 劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人。 代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三 …

私小説をなめてはいかん。劇的におもしろいオススメ私小説を紹介!

私小説とは? 私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、 日本の近代小説に見られた作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説。 心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別され …

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

又吉直樹『劇場』評価と売れ行き好調で早くも増刷。サイン会も大盛況!モチーフになった『東京百景』。

又吉直樹『劇場』 『火花』で芥川賞を受賞してから又吉直樹の勢いがとまらない。 二作目の『劇場』は、早くもAmazonでベストセラーとなっている。 『火花』からの文学性はそのままに、 「芸人」ではない人 …