オススメ品 ニュース 小説 文学 知識

蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

投稿日:




蓮實重彦

蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 – )は、

東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者、小説家。

第26代東京大学総長、同大学名誉教授。

 

『伯爵夫人』

 

内容紹介

【第29回三島由紀夫賞受賞作】

エロス×戦争×サスペンス 世界の均衡を揺るがす文学的事件!

帝大入試を間近に控えた二朗は、謎めいた伯爵夫人に誘われ、性の昂ぶりを憶えていく。

そこに容赦なく挑発を重ねる、従妹の蓬子や和製ルイーズ・ブルックスら魅力的な女たち。

しかし背後には、開戦の足音が迫りつつあるらしい――。

蠱惑的な文章に乗せられ、いつしか読者は未知のエクスタシーへ。

著者22年ぶりとなる衝撃の長編小説。



町田康によると『伯爵夫人』は

「蓮實重彦の『伯爵夫人』を読むと、その隅々まで配慮の行き届いた文章に感心も得心もし、他の人はともかくも、自分はほとんどノリと気合だけで書いているのではないかと思ってしまう。さほどに文章にも、そしてまた構成にも、こうした時代設定にした場合に必ず生じ、読者に脳内での修正を求めることになるはずの瑕疵や違和感がひとつもなく、全体の印象としてはなにか、イヤーな気配が漂って楽しい感じがまったくないのだけれども、別に楽しくなくてはならないという法はないのだから、これは優れた小説であるとせざるを得ない。」

三島由紀夫賞・受賞時の記者会見が問題に

町田康が受賞作を発表。

その後の受賞記者会見で、蓮實重彦は、

「まったく喜んではおりません。はた迷惑な話だと思っております」

と受賞の感想を述べた。

また、報道陣からの質問には

「馬鹿な質問はやめていただけますか」と切り返すなど、

会見場は異例の重苦しい雰囲気に包まれた。

youtubeに記者会見の映像がある。

蓮見重彦ならではの受け答えは、痛快ですらある。

『小説から遠く離れて』

そんな蓮見重彦が小説について書いた本がある。

 

内容(「BOOK」データベースより)

村上春樹、井上ひさし、丸谷才一、村上龍、大江健三郎、中上健次などの代表作に説話論的な還元を施しつつ、本書自らが限りなく「小説的」たらんとする画期的な長篇評論。

現代日本文学の第一人者たちの小説を様々な面から評論する。

この本を読めば、その小説家たちの共通点を知ることができる。

小説家志望者必読の書である。



-オススメ品, ニュース, 小説, 文学, 知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

文章書ければ誰でも稼げる時代『1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方 』を読んであなたもライターになる!

人気の副業 クラウドソーシングは、副業としての活躍の場を広げた。 副業を国が奨励する時代に、副業をしようと考えたことのない人はいるだろうか。 副業には様々ある。 FXや株などの投資。 とくに自動売買の …

アメトーーク!読書芸人で紹介された本たち。

アメトーーク!読書芸人 2017年11月16日に、 読書好きには待ち遠しかった アメトーーク!読書芸人が放送された。 今回は番組内で紹介された本を、 ピックアップしていく。 『蜂蜜と遠雷』恩田陸 蜜蜂 …

中野信子『脳内麻薬』から自分の「気持ちよさ」をコントロールする技術を学ぶ。ドーパミンとの付き合い方。

中野信子とは? なかの のぶこ(1975年 – )は日本の脳科学者(医学博士)・評論家。 東京都出身。東日本国際大学特任教授。 最近では、テレビ出演でも有名。 『脳内麻薬』幻冬舎新書 脳内 …

高橋源一郎『お釈迦さま以外はみんなバカ』のなかで絶賛された本たち

高橋源一郎『お釈迦さま以外はみんなバカ』 お釈迦さま以外はみんなバカ (インターナショナル新書) posted with ヨメレバ 高橋 源一郎 集英社インターナショナル 2018-06-07 Ama …

【おすすめ読書スポット】 新宿ゴールデン街・日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」

新宿ゴールデン街とは? 東京都新宿区に所在する飲食店街。およそ2000坪ほどの狭い区画に低層の木造長屋が連なっており、200軒以上の小さな飲食店が密集している。個性豊かな店が多く、常連客として作家、編 …