オススメ品 ニュース 小説 文学 知識

蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

投稿日:




蓮實重彦

蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 – )は、

東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者、小説家。

第26代東京大学総長、同大学名誉教授。

 

『伯爵夫人』

 

内容紹介

【第29回三島由紀夫賞受賞作】

エロス×戦争×サスペンス 世界の均衡を揺るがす文学的事件!

帝大入試を間近に控えた二朗は、謎めいた伯爵夫人に誘われ、性の昂ぶりを憶えていく。

そこに容赦なく挑発を重ねる、従妹の蓬子や和製ルイーズ・ブルックスら魅力的な女たち。

しかし背後には、開戦の足音が迫りつつあるらしい――。

蠱惑的な文章に乗せられ、いつしか読者は未知のエクスタシーへ。

著者22年ぶりとなる衝撃の長編小説。



町田康によると『伯爵夫人』は

「蓮實重彦の『伯爵夫人』を読むと、その隅々まで配慮の行き届いた文章に感心も得心もし、他の人はともかくも、自分はほとんどノリと気合だけで書いているのではないかと思ってしまう。さほどに文章にも、そしてまた構成にも、こうした時代設定にした場合に必ず生じ、読者に脳内での修正を求めることになるはずの瑕疵や違和感がひとつもなく、全体の印象としてはなにか、イヤーな気配が漂って楽しい感じがまったくないのだけれども、別に楽しくなくてはならないという法はないのだから、これは優れた小説であるとせざるを得ない。」

三島由紀夫賞・受賞時の記者会見が問題に

町田康が受賞作を発表。

その後の受賞記者会見で、蓮實重彦は、

「まったく喜んではおりません。はた迷惑な話だと思っております」

と受賞の感想を述べた。

また、報道陣からの質問には

「馬鹿な質問はやめていただけますか」と切り返すなど、

会見場は異例の重苦しい雰囲気に包まれた。

youtubeに記者会見の映像がある。

蓮見重彦ならではの受け答えは、痛快ですらある。

『小説から遠く離れて』

そんな蓮見重彦が小説について書いた本がある。

 

内容(「BOOK」データベースより)

村上春樹、井上ひさし、丸谷才一、村上龍、大江健三郎、中上健次などの代表作に説話論的な還元を施しつつ、本書自らが限りなく「小説的」たらんとする画期的な長篇評論。

現代日本文学の第一人者たちの小説を様々な面から評論する。

この本を読めば、その小説家たちの共通点を知ることができる。

小説家志望者必読の書である。



-オススメ品, ニュース, 小説, 文学, 知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

絲山秋子とロック ― 小説と音楽の融合(ビート・ジェネレーション、Theピーズ・・・)

絲山秋子とは? ≪略歴≫ 東京都世田谷区出身。 東京都立新宿高等学校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒。 卒業後INAXに入社。営業職として数度の転勤を経験。 1998年に躁鬱病を患い休職、入院。 入 …

小説家志望者が社会言語学を学ぶべき理由。『日本語は「空気」が決める~社会言語学入門~ (光文社新書)』から小説における言語共同体を考察する。

「文は人なり」と「アイデンティティ」 「文は人なり」という言葉がある。 その人が使う言葉が、その人を表す。 言葉と人との同一性だ。 同一性というと、アイデンティティという言葉もある。 アイデンティティ …

小説好きにオススメな「ユリイカ」5選

『ユリイカ』とは? 青土社から出版されている月刊誌。 詩や文学などの批評や、思想についてが中心であり、 小説家や文学愛好家に好まれている。 名前の「ユリイカ」は、見つけたを意味する「Eureka(エウ …

「うつ」と「文学」夏目漱石は、うつ病だった? 鬱がもたらした文学上の功績

文学の歴史を見ていると、 うつ病やノイローゼであった作家の多さに驚かされる。 そもそも、うつ病、ノイローゼとはなんなのか。 どうして作家にそれらが多いのか。 例えば、文豪・夏目漱石。 彼は、33歳から …

漫画『昭和元禄落語心中』(著:雲田はるこ)が現代に生まれたワケと歴史

『昭和元禄落語心中』とは? 昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)[Kindle版] posted with ヨメレバ 雲田はるこ 講談社 2012-09-28 Kindle Amazon[書 …