オススメ品 知識

コミュ力の向上、コミュ障の改善は平田オリザ『対話のレッスン』から学べ!これで対人関係の悩みは解消される!

投稿日:2017年6月2日 更新日:




平田オリザとは?

平田 オリザ(ひらた オリザ、男性、1962年11月8日 – )は日本の劇作家、演出家。

劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人。

代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三部作など。

現代口語演劇理論の提唱者であり、自然な会話とやりとりで進行していく「静かな演劇」の作劇術を定着させた。

戯曲集のほか『現代口語演劇のために』など理論的な著書も多い。

コミュ障について

コミュニケーション障害の略。

人との付き合いが上手くいかず、

自意識過剰ぎみに使われることが多い。

しかし、

悩みを持つ全ての人が本当に「コミュ障」だろうか?

もし少しでも悩みがあるのなら、

この本を読むことをおすすめする。

『対話のレッスン』

内容紹介

日本人の多くはなぜコミュニケーション・スキルが身につかないのか。政治家も経営者も、「演説」「日常会話」「雑談」は得意でも「対話」「談話」は苦手なことが多い。
ふだん同じ価値観の仲間とばかり会っていると、異なるコンテクストの相手と議論をしなくて済む。文化の違う相手と交渉したり共同作業をする経験が、まだ日本人には少ない。さらに携帯電話、ネットなどの新しいツールの登場で、世代間のギャップは広がる。
それでは、どうしたら対話が生まれるのか。どのようなコミュニケーション・スキルが必要なのか。
――豊富な具体例をもとに、新しいコミュニケーションの在り方を真摯に探る。

「解説」のなかで高橋源一郎はこう書いている。

「みなさんも、この本を読みながら、著者である平田オリザさんと共に、ゆっくりと(平田さんが指摘するようなこと、あるいは、それに触発されて、みなさんの内側に巻き起こってくることについて)考えてもらいたいのである。それは、みなさんにとっても、たいへん貴重な時間になるだろう」




ポイントは「対話」と「会話」の違い

「対話」とは、

他者との価値観をすり合わせること。

「会話」とは、

単なる雑談。

 

であると平田オリザは指摘する。

いわゆる「コミュ障」だと思っている人は、「会話」において、コミュ障だと思い込んでいるだけではないだろうか。

日本人は「対話」をあまりしない。

曖昧を好む日本人は、価値観の違う人を受け入れにくいからなのかもしれない。

しかし「対話」を避けていては、日本人のコミュニケーション能力は改善されていかないだろう。

この本は、様々な事例からコミュニケーションのあり方を教えてくれる。

コミュ障の自覚がある人にも、ない人にも、

自分のコミュニケーションについて見つめ直すためにおすすめの一冊だ。



-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

転職活動で悩み円形脱毛症に。考え方を変えて私がした選択。そして治った。

転職時代 どんなに大きな企業に勤めようが、転職を一度は考えるのが現代である。 それほどまでに転職は一般化してきている。 しかし、いざ転職しようとすると踏み込めない人も多いのではないだろうか。 転職した …

最も簡単な副業 セルフバックについて。1日に10万円を稼ぐ方法。

副業 現在、副業がブームなのをご存じだろうか。 今、なんと5人に1人が副業をしているという調査もある。 たしかに会社員としての給料だけでは不安な現代。 年金さえ、もられるか分からない。   …

映画好き必見!Fire TV Stick がオススメな理由。Amazonを使いこなせ!

Fire TV Stickとは? Amazonビデオなどの映像コンテンツをテレビで観れるようにするためのデバイス。 使用方法は、HDMI端子にスティックを挿すだけ! Fire TV Stick (Ne …

面白すぎて増刷?異常に売れてる専門書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』著:川上和人

今、話題沸騰の専門書がある。それは、鳥類学の・・・ 話題の書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』 その発起人、というか著者は、この人。 川上和人 1973年大阪府生まれ。 東京大学農学部林学 …

【おすすめ哲学書】デカルト『方法序説』の「我思う、ゆえに我あり」についてとは何か?

哲学書って難しい? 哲学書や哲学史は難しいイメージがあった。 しかし哲学を知ることは、こころをおおらかにしてくれる。 「忙しくて時間がない」と言われている現代人。 読書でさえも「速読」がスキルとされる …