スポット 小説 文学 知識

【おすすめ読書スポット】 新宿ゴールデン街・日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」

投稿日:




新宿ゴールデン街とは?

東京都新宿区に所在する飲食店街。およそ2000坪ほどの狭い区画に低層の木造長屋が連なっており、200軒以上の小さな飲食店が密集している。個性豊かな店が多く、常連客として作家、編集者、映画監督、俳優といった文化人が多く集まる。このような背景から、東京におけるサブカルチャーやアングラ芸術の発信地のひとつとなっている。

そんななかで異彩を放っている店がある。ゴールデン街のなかでは比較的新しい、この店。

「月に吠える」

「日本一敷居の低い文壇バー 月に吠える」だ!

「月に吠える」は現役ジャーナリストのマスターが、2012年6月にオープンした店。

店名は言わずもがな、詩人・萩原朔太郎氏の詩集「月に吠える」が由来。

HPにはこうある。

読書好きの方、作家・ライター・編集者志望の方、出版業界に興味がある方などが気軽に交流でき、楽しい時間を過ごし、何かを得ていただける空間でありたい。そんな願いを込めています。現役の出版系のお客様も多く、たまに有名作家や出版社社長が訪れることも。

中に入ると、本がズラリ。

その本は自由に読むことができる。

また「印税生活」など、独特な名前のオリジナル文豪カクテルをいただくことができる。

マスターの願い通り、多くのライターや小説家、編集者が訪れることで知られており、読書好きには贅沢で癒される空間である。

「入りにくい!」と思うかもしれない。(ゴールデン街はどこもそうかもしれないが)

しかし、一人でくる学生や女性も多いのだと言う。

流石は「日本一敷居の低い文壇バー」である。

新宿に寄った際には、足を運んでみてはいかがでしょうか。



 

文学賞を主催

過去には「月に吠える文学賞」という文学賞が、主催されていた。

小説家志望であったマスターが新しい才能を発掘するために創設したのだという。

こう言ったことからも、誰に対しても開かれている文壇バーであることが窺える。

 

マスターの本『フリーライターとして稼いでいく方法、教えます。』が面白い!

マスターの肥沼 和之氏が本を出している。

自身がライターとして活躍するに至った経験を綴り、フリーライターを目指している人へ向けての方法論が語られる。

その方法は、泥臭く、真面目である。

ここに書いてあることを実践できれば、確かにフリーライターとして稼いでいくことができるだろう。

 




-スポット, 小説, 文学, 知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏目漱石『文鳥』を読んで文鳥を飼ってみた。飼育方法も紹介。

夏目漱石『文鳥』 文鳥・夢十夜 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 夏目 漱石 新潮社 2002-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 夏目漱石の『文鳥』は、短いながらとても魅力 …

石井裕也監督の新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』のレビュー。最果タヒの詩の世界が映画化された奇跡を見逃すな!高橋源一郎が寄せたコメントとは?

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 今、文学界にも映画界にも激震が走っている。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が公開されたからだ。 主演は、池松壮亮と石橋静河。 『映画 夜空はいつでも …

「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書く」作家・山崎ナオコーラのオススメ小説5選

山崎ナオコーラとは? 会社員を経て26歳で作家になる。 『人のセックスを笑うな』で第41回文學賞を受賞し、 衝撃的なデビューを果たした。 その後数ある小説やエッセイを出版。 受賞にこそ至っていないもの …

『しんせかい』で芥川賞受賞!山下澄人の小説の魅力。町田康が絶賛したあの作品も紹介。

山下澄人とは? 山下 澄人(やました すみと、1966年1月25日 – )は、日本の劇作家、小説家、俳優。 富良野塾生としても知られる。 劇作家としても活躍する彼。 劇作家兼小説家の強みが …

【酒と小説】お酒を片手に読むべき、おすすめ本

飲酒読書 読書は飲酒していても罪にならない。 たとえそれが、ドライブの話でも、仕事の話でも、 酒を飲みながらにして、物語に入っていける。 自分自身をどのような状態にして、本と向き合うか。 これは殆ど実 …