オススメ品 小説 文学

小説理論とは? 小説観を語るミラン・クンデラ『小説の技法』から学べ!小説家志望者へオススメの良書。

投稿日:




ミラン・クンデラとは?

ミラン・クンデラ(Milan Kundera、1929年4月1日 – )は、チェコ生まれのフランスの作家。
ブルノ生まれ。プラハの音楽芸術大学 (AMU) 卒業。1963年発表の短編集『微笑を誘う愛の物語』で本格的な創作活動に入る。1967年に発表した共産党体制下の閉塞した生活を描いた長編小説『冗談』でチェコスロバキアを代表する作家となり、当時進行していた非スターリン化の中で言論・表現の自由を求めるなど、政治にも積極的にかかわるようになった。

代表作

『存在の耐えられない軽さ』

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

  • 作者:ミラン クンデラ
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 1998-11

内容(「BOOK」データベースより)

本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇―。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。

20世紀の最高傑作恋愛小説とも言われています。

 

そんなミラン・クンデラが小説の書き方について書いた本がある。

『小説の技法』

小説の技法 (岩波文庫)

小説の技法 (岩波文庫)

  • 作者:ミラン・クンデラ
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日: 2016-05-18

内容(「BOOK」データベースより)

セルバンテス、カフカ、プルーストなど、誰もが知っている名著名作の作者たちとその作品に言及しながら、さらには自らの創作の源泉を語りつつ、「小説とは何か」「小説はどうあるべきか」を論じるクンデラ独自の小説論。実存の発見・実存の探求としての小説の可能性を問う、知的刺激に満ちた文学入門でもある。

小説家志望者必見の本、『小説の技法』。その理由。

私は、この本を、「小説理論なんてどうでもいい!」と

思っている方にこそ読んでもらいたい。

なぜなら、ミラン・クンデラ自身も、本の冒頭においてこう書いている。

私は理論の世界とは無縁の人間だ

では、そんな理論と距離を置いていた作家が、なぜ『小説の技法』という本を書いたのだろうか。

この本は、

「実作者の考察」

「暗黙のうちになんらかの小説史観、小説とはなにであるかという考えを持っている」

「私が語らせたのは、みずからの小説に内在するその小説観である」

であるとミラン・クンデラは言う。

つまりこれはあくまでも、一世界的小説家の考察の記録なのである。

だからこそ、「理論なんて」という方こそが共感することが多い良書なのだ。

とくに、「小説の技法」/「構成の技法」の部では、対談形式となっているため、

非常にわかりやすく、その経験的な技法を知ることができます。

小説家志望の方、必読の書です。

小説の技法 (岩波文庫)

小説の技法 (岩波文庫)

  • 作者:ミラン・クンデラ
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日: 2016-05-18







-オススメ品, 小説, 文学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

遠藤周作は『沈黙』だけではもったいない。小説だけではなく、エッセイにこそ彼の魅力が詰まっている。

遠藤周作とは? 遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)。 日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 代表作は、 …

アイロンはもう古い?消臭・殺菌もできるスチーマーは主婦・ビジネスマンの味方。消臭効果も抜群で社会人レベルもアップと一石二鳥!!

アイロンvsスチーマー ワイシャツやスーツなど、 ビジネスマンにとって、アイロンは不可欠なものである。 皺だらけのシャツでは、信頼も失うことになりかねない。 しかし、アイロンをかけるには、 アイロン台 …

プルームテック(Ploom TECH)を使いこなすコツ。更に楽しく便利にしてくれるオススメなアイテムを紹介。

まずはプルームテックを購入しよう。 【送料無料】【バージョンアップ仕様】NEW プルーム・テック スターターキット 電子タバコ PloomTECH プルームテック JT ジェイティー posted w …

文章がうまく書けない悩みに、物書きの必需品『言葉選び実用辞典』

物書きに必要なもの 物を書く上で必要なものは何だろうか。 究極に言えばそれは、紙とペンだけである。 現代で言えば、パソコンがあれば事足りる。 しかしながら、その必要最低限の物だけでは、 自分から出てく …

内田樹『修業論』から無敵とは何か、無我の境地とは何かを学ぶ。合気道と哲学の関係性がスッキリ分かるベストセラー光文社新書。

内田樹 1950年東京都生まれ。 東京大学文学部仏文科卒業。 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授を2011年に退職。 同年、神戸市に武道と哲学のための学塾「凱風館」を開設。 『私家版・ユダヤ文化論』 …