オススメ品 小説 文学

小説理論とは? 小説観を語るミラン・クンデラ『小説の技法』から学べ!小説家志望者へオススメの良書。

投稿日:




ミラン・クンデラとは?

ミラン・クンデラ(Milan Kundera、1929年4月1日 – )は、チェコ生まれのフランスの作家。
ブルノ生まれ。プラハの音楽芸術大学 (AMU) 卒業。1963年発表の短編集『微笑を誘う愛の物語』で本格的な創作活動に入る。1967年に発表した共産党体制下の閉塞した生活を描いた長編小説『冗談』でチェコスロバキアを代表する作家となり、当時進行していた非スターリン化の中で言論・表現の自由を求めるなど、政治にも積極的にかかわるようになった。

代表作

『存在の耐えられない軽さ』

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

存在の耐えられない軽さ (集英社文庫)

  • 作者:ミラン クンデラ
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 1998-11

内容(「BOOK」データベースより)

本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇―。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。

20世紀の最高傑作恋愛小説とも言われています。

 

そんなミラン・クンデラが小説の書き方について書いた本がある。

『小説の技法』

小説の技法 (岩波文庫)

小説の技法 (岩波文庫)

  • 作者:ミラン・クンデラ
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日: 2016-05-18

内容(「BOOK」データベースより)

セルバンテス、カフカ、プルーストなど、誰もが知っている名著名作の作者たちとその作品に言及しながら、さらには自らの創作の源泉を語りつつ、「小説とは何か」「小説はどうあるべきか」を論じるクンデラ独自の小説論。実存の発見・実存の探求としての小説の可能性を問う、知的刺激に満ちた文学入門でもある。

小説家志望者必見の本、『小説の技法』。その理由。

私は、この本を、「小説理論なんてどうでもいい!」と

思っている方にこそ読んでもらいたい。

なぜなら、ミラン・クンデラ自身も、本の冒頭においてこう書いている。

私は理論の世界とは無縁の人間だ

では、そんな理論と距離を置いていた作家が、なぜ『小説の技法』という本を書いたのだろうか。

この本は、

「実作者の考察」

「暗黙のうちになんらかの小説史観、小説とはなにであるかという考えを持っている」

「私が語らせたのは、みずからの小説に内在するその小説観である」

であるとミラン・クンデラは言う。

つまりこれはあくまでも、一世界的小説家の考察の記録なのである。

だからこそ、「理論なんて」という方こそが共感することが多い良書なのだ。

とくに、「小説の技法」/「構成の技法」の部では、対談形式となっているため、

非常にわかりやすく、その経験的な技法を知ることができます。

小説家志望の方、必読の書です。

小説の技法 (岩波文庫)

小説の技法 (岩波文庫)

  • 作者:ミラン・クンデラ
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日: 2016-05-18







-オススメ品, 小説, 文学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

又吉直樹2作目『劇場』発表!芥川賞『火花』に続く「又吉効果」で、今、文芸誌がアツイ! 

芸人ピース又吉直樹氏の『火花』が文學界に掲載され、 増刷を2度繰り返したことで、 累計部数が同誌史上最高の4万部に達した。 当初部数は1万部。 発売からわずか2日で4倍の部数に達したことになる。 純文 …

最高のタオルに出会った。タオル研究所。

タオルにこだわりがある人。ない人。 どちらかといえばない人。 の、私は、銭湯でしょうがなく買った数十円のタオルを 茶色くなるまで使い続けていた。 でもすぐに臭くなる。 一回使えば臭くなる。 雑巾にすれ …

今なら一冊10円! ブックオフで30円で本を買う方法 『米原万里ベストエッセイⅠ』

中野坂上にあるブックオフに行ってきました。 3/20に閉店してしまうようで、、、 残念なのですが、 今なら何と、本全品70%OFFで買うことができます! 108円の本なら、約30円。 今がチャンスです …

町田康の新作小説『湖畔の愛』が新潮2017年9月号で一挙公開されました。筒井康隆の系譜を継ぐ作家が描くスラップスティック。

町田康の新作小説『湖畔の愛』 2017年9月の表紙に、どどんと書かれた、 町田康『湖畔の愛』(200枚)の文字。 これは、と、買わずにいられなかった人も多いのではないだろうか。 中を開くと、こんな文言 …

石井裕也監督の新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』のレビュー。最果タヒの詩の世界が映画化された奇跡を見逃すな!高橋源一郎が寄せたコメントとは?

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 今、文学界にも映画界にも激震が走っている。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が公開されたからだ。 主演は、池松壮亮と石橋静河。 『映画 夜空はいつでも …