オススメ品 文学 知識

「タバコをやめる方法」禁煙は安部公房『死に急ぐ鯨たち』から学べ!

投稿日:





加熱式タバコのブーム

iQOS、プルームテックなど、

新しいタバコのブームは、

愛煙家の肩身の狭い思いがあってからこそのものだ。

受動喫煙問題や飲食店の全席禁煙化。

こうした嫌煙家の勢いは止まらない。

最近読んでいた本に意外な人が禁煙について書いていた。

安部公房の「タバコ論」

 

一般には薬物中毒の一種とされる喫煙。

しかし安部公房は、

アルコールとタバコの違いを明確に記している。

アルコールには禁断症状はないが、タバコにはない。

夜中に跳ね起きて冷蔵庫から酒を取り出すことは、まま聞くが、熟睡中に目を覚ましてまで喫煙する人はいない。

そしてタバコは、アルコールのように人格障害を引き起こすことはない。

安部公房によると、喫煙は、

「時間を変質するこころみ」であり、「爪を噛む習慣」に似ているという。

例: 電話をかける時に、ついタバコに手が伸びてしまう。(=タバコが、自然な対話でない時間の欠損部分を補填する)

つまり、喫煙習慣は心理的なものなのだ。

 

安部公房の「禁煙方法」

①手元にタバコとライターを置き、すぐにでも吸える状態にする。

②タバコを吸いたくなるのを待つ。

③ライターの火をつけ、タバコの先ぎりぎりまで近づける。

④そして考える。今自分はタバコを吸いたいと思っている。しかしもし吸わなかったらなんらかの生理的不都合が生じるだろうか。

⑤3分経過。どこか痛むか?(痛むはずがない)

⑥10分経過。ここまでくれば、もうしめたもの。タバコを吸わなくても平気という感覚を心の底に刻み込む。

⑦また吸いたくなった時は⑥の心理状態を思い出す。

 

タバコが心理と深く関係しているという安部公房の説をうまく活かした禁煙方法である。








-オススメ品, 文学, 知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『バカの壁』を超える養老孟司のおススメ本一挙紹介!名越康文との対談本『「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質』出版!!

養老孟司 養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 – ) 日本の解剖学者。 神奈川県鎌倉市出身。 東京大学名誉教授。 『バカの壁』 2003年に出版された『バカ …

新宿サブナードで古本浪漫州開催!

新宿サブナードとは? 新宿駅東口の靖国通りとモア四番街の地下にある地下ショッピングモール。 通称はサブナード。 「古本浪漫州」とは? サブナードで定期的に行われている古本市。 開催期間 : 4月10日 …

【Kindleのススメ】「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月から電子書籍化!ベストセラー『古事記』も!

電子書籍とは? 紙媒体ではなく電子化された書籍のこと。 書籍リーダーとして最も有名なのはAmazonの「Kindle」だろう。 Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つ …

小説家志望者が社会言語学を学ぶべき理由。『日本語は「空気」が決める~社会言語学入門~ (光文社新書)』から小説における言語共同体を考察する。

「文は人なり」と「アイデンティティ」 「文は人なり」という言葉がある。 その人が使う言葉が、その人を表す。 言葉と人との同一性だ。 同一性というと、アイデンティティという言葉もある。 アイデンティティ …

井上ひさし『ふふふ』から学ぶ、「どこでもドア」を手に入れる方法。

直木賞作家として知られる井上ひさし。 彼の著作を多く読めば読むほど、 その非凡な才能と博識に驚かされる。 いったいその才能と知識はどこからもたらされたのであろうか。 今日読んだ本にそのヒントが隠されて …