ニュース 政治 知識

数学「ポアンカレ予想」の解決から、現代日本社会が学ぶべきこと。

投稿日:

ポアンカレ予想の歴史

Henri Poincaré-2.jpg

1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提言された。

数多くの数学者たちが証明しようとしたが、 100年もの間、未解決のままであった位相幾何学の大難題。

この難問は、2002年から2003年にかけて、 ロシアの数学者グリゴリー・ペレルマンによって解決された。

なぜ、多くの数学者が挫折した問題をペレルマンが解決出来たのか?

そこには現代人が学ぶべきことが隠されている。

 

ポアンカレ予想とは?

関連画像 ポアンカレ予想を簡単に説明するのは難しい。

(このブログは、ポアンカレ予想自体を理解するためのものではないので、ここは読み飛ばしてもらって構わない)

NHKスペシャル『100年の難問はなぜ解けたのか 〜天才数学者 失踪の謎〜』では、 こう説明されていた。

「宇宙の中の任意の一点から長いロープを結んだロケットが宇宙を一周して戻って来たとする。ロケットがどんな軌道を描いた場合でもロープの両端を引っ張ってロープを全て回収できるようであれば、宇宙の形は概ね球体である(ドーナツ型のような穴のある形、ではない)と言えるのではないか、というのが(3次元)ポアンカレ予想の主張である」

 

日本の学校教育の問題

学校教育によって、

私たちは何を得て、

何を失っているのだろうか。

教育で形成される歴史観。

いい大学に入るための手段として嘘か真かは別にして、 教科書に書いてあることを暗記していく。

受験のための暗記の過程には、考える暇はない。

極端に言えば、

学校教育は「信じる」ことを教え、

「考える」ことは教えない。

教育が日本人の思考能力を減退させてきたことは、 現代人の受動的な態度が物語っている。

既に用意された選択肢のなかから答えを見つけることのみが要求され、 既に用意された正解に辿り着けば評価される。

これでは想像力あるいは創造力が身につくはずがない。

さらには、 評価の鍵を握る暗記物そのものが嘘だということに気付き始めている日本人にとって、

今後学校教育への意欲は損なわれていく一方であることが危惧される。

そうした意欲を失わないために、出来ることは何か。

⬇︎具体策は次ページ(下部のボタンから)⬇︎

> 続きを読む 

-ニュース, 政治, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コーヒー好きにオススメの本『珈琲の世界史』を紹介

珈琲と本   偏見でしょうか?   本好きには コーヒー好きが多いように思います。   そういえば、 コーヒーや喫茶店を題材にした 小説もたくさんありますね。 &nbsp …

若松英輔『生きる哲学』 「コトバ」とは何か? これを読めば、井筒俊彦の哲学がスッキリ分かる!

  『生きる哲学』 著:若松英輔 この本は、いつでも自分の足で確かに立ち、 新たな思索を切り開いた14人の「生きる哲学」を知ることができる。   「哲学」と聞くと、小難しく、机上で …

仕事もプライベートもこれで充実。思考法を簡単に学べる『世界一やさしい「思考法」の本 「考える2人」の物語』

思考法 人は誰でも思考する。 しかしどう思考するか、 その方法を知ることで、思考の質は格段と良くなる。 「その方法」を学問的に扱ったのが「思考法」だ。 思考法を学べば、 無駄に考える時間と手間を省くこ …

都甲幸治と町田康が、夏目漱石『吾輩は猫である』を語った対談から、夏目文学を考察する。

夏目漱石『吾輩は猫である』 吾輩は猫である (新潮文庫) posted with ヨメレバ 夏目 漱石 新潮社 2003-06 売り上げランキング : 8340 Amazon Kindle 楽天ブック …

渋沢栄一も影響を受けた『論語』。素晴らしいリーダーの条件とは?

渋沢栄一とは? 江戸時代末期から大正初期にかけての官僚、実業家。 第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業を設立・経営。 「日本資本主義の父」といわれている。 そんな彼が傾倒した学問があ …