オススメ品 ニュース 小説 文学 知識 音楽

【河出書房新社】おすすめ本! 吉本隆明から『大人の塗り絵』まで一挙紹介。

投稿日:




河出書房新社とは?

1886年(明治19年)に河出靜一郎日本橋に設立。

当時は教科書や学習参考書を中心に出版していたが、農学関係書の刊行を次第に増やす。
1933年(昭和8年)に2代目の河出孝雄が河出書房に改称。文芸書や思想書を中心に刊行する。

1944年(昭和19年)には改造社より文芸雑誌『文藝』を買い取る。

1950年(昭和25年)に刊行した笠信太郎『ものの見方について』がベストセラーに。

1954年(昭和29年)に創業70周年記念企画として総合雑誌『現代生活』の創刊を公告。

1968年(昭和43年)12月、吉本隆明の『共同幻想論』を刊行。

1977年(昭和52年)に品川区東大井から新宿区住吉町に移転し、清水勝が社長に。

2年後に千駄ヶ谷に移転し現在に至る。

1962年(昭和37年)より文藝賞を創設。

文藝賞について詳しくはこちら(おすすめ本も紹介しています。)⇒http://wp.me/p8xAeH-8G

本屋に行き、河出書房新社の本を見ると胸が躍る。

新しく、常に文学を追い求めているような印象。

今回はそんな河出書房新社のおすすめ本を紹介する。

 

『サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』ユヴァル・ノア・ハラリ

大ベストセラーなのでご存じの方も多いだろう。
 
文明というものの過程、文明と人との関わりを、
 
わかりやすく、おもしろく、書かれた良書。
 
Amazonでもベストセラー1位を記録している。
 

『近現代作家集 I』池澤夏樹

内容(「BOOK」データベースより)

江戸趣味からモダニズムまで、超絶技巧の作家たち。昭和初期までを描いた多様な傑作12篇。

 

作者の池澤夏樹はこう述べる。

この百年の間に書かれた傑作、今こそ読むに価する名作を、もっぱらモダニズムの尺度から選んで供する。

日本文学の入り口としてこれに勝る本はないのではなかろうか。

このなかの12編を読めば、日本にいかに優れた文学があるのか分かるはずだ。

日本に生まれてよかったと思うこと間違いなしの一冊。




 

『あかちゃん もってる』吉田戦車

内容(「BOOK」データベースより)

つみ木をもって、泥だんごをもって、クレヨンをもって、おはしをもって、カバンをもって、消しゴムをもって、サイフをもって、包丁をもって、携帯をもって…いろんなものといっしょに君は生きていく―漫画家・吉田戦車、初の絵本。

絵本は普段読まない。

けれどこれを読んだ時に、自分のこどもには、これを最初に読ませたいと思った。

全ページオールカラーであり、こどもがいる方には是非ともオススメしたい一冊。

 『鳥の会議』山下澄人

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。ぼくがまさしにどつかれて左目を腫らしたと知ると、神永たちは仕返しにゲーセンに向かい、教師や先輩からの理不尽には暴力で反抗する毎日。ある晩、酔った親父の乱暴にカッとなった神永は、台所に二本あった包丁を握る。「お前にやられるなら本望や」そう言い放つ親父を、神永は刺すのだが…。痛みと苦味のなかで輝く少年たちの群像。

芥川賞作家・山下澄人の傑作。忘れていたことを思い出させてくれる一冊。解説は町田康。

この小説が好きすぎて、記事を書いているので、詳しくはこちらを参考にしてほしい。

http://wp.me/p8xAeH-8P

 

 『サンタナ』

内容紹介

ラテン・ロックを切り開きいまも現役の偉大なるアーティストの全て。横尾忠則、大鷹俊一×後藤幸浩、巽孝之、小野瀬雅生。宮田信など。

偉大なるアーティスト・サンタナを知ることは、芸術を知ることと同義なのかもしれない。

ロック好きにおすすめな一冊。これを読むと無性にサンタナが聴きたくなる。

最後は趣向を変えて、

大人気の『大人の塗り絵』シリーズ。

なかでも最初におすすめなのがこれだ。

母の日など、プレゼントにも最適。(母親にプレゼントしたら喜んでもらえた。)

 

まとめ

このように河出書房新社からは、魅力的な本がたくさん出ている。

本屋に行ってまずチェックすべき本は「河出書房」だと勝手に思っている、今日この頃だ。





-オススメ品, ニュース, 小説, 文学, 知識, 音楽
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年ベスト本、一挙紹介

2017年と本 今回は2017年に読んだ本で、 特におすすめしたいものを一挙に紹介する。 できる限り2017年に出版されたものを。 人気ブログランキングへ   『けものになること』坂口恭平 …

2017年ベスト小説⁉︎ 坂口恭平『けものになること』 まるで音楽。読む麻薬。

建築家、作家、絵描き、踊り手、歌い手・・・ 様々な肩書を持ち、 現代日本で最も異彩を放つ男。 坂口恭平。 彼ほどまでに自分らしい生き方を模索し、 実行している人はいるだろうか。 その実行力は学生時代か …

円周率の日? ホワイトデーにプロポーズする人、増加!? その理由は「円周率」がもたらす永遠の愛にあった。【号外】

3月14日。 そうです、言わずと知れたホワイトデー。 本命も義理でもバレンタインデーにチョコをもらった男性にとっては、 少し困る日でもありますね(笑) 女性にとっては少し期待もあるのでしょうか。 さて …

立川流は文筆家。家元・談志から弟子まで、オススメ本を紹介。

立川流家元・立川談志 落語を「人間の業の肯定」と定義し、 若くして現代落語論を上梓。 現代落語の第一人者であった立川談志は、 文筆家としても知られている。 また、家元だけでなく、立川流は、 本を多く出 …

井上ひさし『ふふふ』から学ぶ、「どこでもドア」を手に入れる方法。

直木賞作家として知られる井上ひさし。 彼の著作を多く読めば読むほど、 その非凡な才能と博識に驚かされる。 いったいその才能と知識はどこからもたらされたのであろうか。 今日読んだ本にそのヒントが隠されて …