オススメ品 ニュース 知識

新入社員必見 新生活で困った方へ、応援グッズ。必読の本。

投稿日:2017年3月31日 更新日:




スーツが眩しい季節

三月も終わり、花見の季節。

街中にはまだ身体に馴染んでいないスーツの男女を見かける。

新入社員だ。

私も昔、新入社員として、東京から大阪に異動になった。

ドキドキとウキウキがない交ぜになった不思議な気分で、

新天地を訪れたのが懐かしい。

ところがすぐに苦難はやってきた。

部屋に何もないのだ。

何もない部屋。洗濯機も冷蔵庫もなかった。

早速揃え始めたのはいいものの、あとから考えると、

間違った買い物をしてしまったと気付くことも少なくなかった。

そんなわけで、私と同じ思いをしてほしくないという一心から、

新生活にはこれを!という商品を紹介していくこととする。

①洗濯機

コインランドリーがあるから大丈夫と思うかもしれないが、

実際独り暮らしを始めると、面倒くさくてやってられなくなること必至だ。

それにコインランドリー代も馬鹿にならない。

そんなわけで紹介したいのがこれだ。

ALUMIS アルミス 2槽式小型自動洗濯機

商品紹介

●面倒な分別洗いに! 脱水機能搭載のミニ洗濯機!
●お一人暮らしの方やオフィスに。ペットの服やスニーカー、雑巾などの洗濯に!
●小型でもたっぷり洗える2槽式自動洗濯機。反復水流で、しっかり洗浄・脱水までできる本格派
●ゴミ取りフィルター付き
●分けて洗いたい汚れ物やペット用品、少しだけ洗いたいときに大活躍
●ご家庭の洗濯機と併用して使えば、洗濯時間も短縮できて便利。一人暮らし用としてもオスス
●洗い・すすぎ・脱水まで1回約3円
●1度に2.6kgまで洗える。半袖シャツなら約12枚
●コンパクト&軽量

なんといっても1回3円というコスパの高さ!

独り暮らしには十分な量が洗濯できる。

小型なので場所も取らず、万が一、また引越しなんて時には、

引っ越し代も節約できる。

そうすりゃ本が買える。最高かよ。




 

 ②山善製 本棚6段

このブログをご覧いただいている方なら、

悩みの種の一つが本の収納だろう。

なんといってもサイズ感がこれしかない。

奥行きがなくスペースを必要としないので、私は廊下に置いていた。

 

まとめ

新天地での自分の部屋は、

唯一の憩いの場となる。

そんな場所が不便では仕事も嫌になるだろう。

今回オススメしたのは、そんな気持ちにならずに済む、

新入社員応援グッズだ。








-オススメ品, ニュース, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

都築響一『圏外編集者』部屋にこもり郊外に出る編集術。その他おすすめ本も紹介。

都築響一とは? 珍スポット、独居老人、地方発ラッパー、 路傍の現代詩、カラオケスナックなどなど 無名の天才を発見し続ける編集者。 『POPEYE』や『BRUTUS』を担当したことも。 そんな彼の近著『 …

若松英輔『生きる哲学』 「コトバ」とは何か? これを読めば、井筒俊彦の哲学がスッキリ分かる!

  『生きる哲学』 著:若松英輔 この本は、いつでも自分の足で確かに立ち、 新たな思索を切り開いた14人の「生きる哲学」を知ることができる。   「哲学」と聞くと、小難しく、机上で …

茂木健一郎 「オワコン」芸人批判で炎上! 対して芸人は? キーワードは「質問力」?

茂木健一郎   日本で最も有名な脳科学者なのではないか。 いま、彼のツイッターでの発言が物議を醸している。   Twitter茂木健一郎 (@kenichiromogi) 日本の芸 …

【永久保存版】おすすめ文藝賞受賞作品 一覧

「文藝賞」とは? 河出書房新社が新人小説家の登竜門として主催している文学賞。 1962年から続く由緒ある文学賞だ。 「文藝賞」は、たえず文学シーンに新しい才能を送りだしてきた。 今回は、そんな「文藝賞 …

【書評】山下澄人『鳥の会議』解説 町田康。山下澄人の小説から学ぶこと。

  山下澄人『鳥の会議』   この本が単行本として出た時から、 町田康が絶賛したという話を耳にしていた。 それを聞いて読まずにはいられなかった。 読んでみてまず、 語り手の表現(視 …