オススメ品 小説 文学 音楽

絲山秋子とロック ― 小説と音楽の融合(ビート・ジェネレーション、Theピーズ・・・)

投稿日:2017年3月28日 更新日:




絲山秋子とは?

≪略歴≫

東京都世田谷区出身。

東京都立新宿高等学校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒。

卒業後INAXに入社。営業職として数度の転勤を経験。

1998年に躁鬱病を患い休職、入院。

入院中に小説の執筆を始める。

≪受賞歴≫

 

●2003年(平成15年) – 第96回文學界新人賞(『イッツ・オンリー・トーク』)
●2004年(平成16年) – 第30回川端康成文学賞(『袋小路の男』)
●2005年(平成17年) – 第55回芸術選奨文部科学大臣新人賞(『海の仙人』)
●2005年(平成17年) – 第134回芥川龍之介賞(『沖で待つ』)
●2016年(平成28年) – 第52回谷崎潤一郎賞(『薄情』)

絲山秋子とロック

絲山秋子の作品には、数多くの音楽作品が顔を出す。

なかでもロックに対する造詣が深く、

日本、世界限らず様々な楽曲やアルバムを作品のなかに入れ込んでいる。

特に、小説『ダーティ・ワーク』では、

ローリング・ストーンズのアルバム

『Dirty Work』を題にするだけでなく、

『Worried About You』から始まる7編全てに、

ストーンズの楽曲名がタイトルに冠せられている。

「異性を描く」ということ

絲山秋子の魅力は、まだまだある。

なかでも特筆すべきなのは、男性を描く巧さであろう。

 

(現代において、作家の性別を問題にするのは、ナンセンスであるが)




 

日本文学の歴史において、

「男性が女性を書く」/「女性が男性を書く」

ということが幾度も問題になってきた。

彼女は、『エスケイプ』や『ばかもの』で見事に男性を描いている。

 

紀貫之『土佐日記』

平安時代まで遡れば、男性の紀貫之が『土佐日記』を、

女性として書いている。

「男もすなる日記というものを、女もしてみむとて、するなり」

という冒頭の一文は有名だ。

その文章には「ひらがな」が使われている。

(『土佐日記』は文学史上、初めてひらがなで書かれた文学作品と言われている。)

当時は、男性が「ひらがな」を使うことが良しとされていなかった。

そのため女性仮託を行ったのである。

また、894年に遣唐使の廃止が行われ、

国風文化の栄えとともに、中国の「漢字」ではなく、

日本の「ひらがな」を用いたとも言われている。

(この歴史がなければ高い識字率の日本はなかっただろう。)

このように、男性が女性を描くことは昔から行われてきた。

しかしながら、女性が男性を描くとなると、

そういった小説は数多あるものの、ぱっとしなかった。

そこに現れたのが絲山秋子である。

彼女の男性を描く巧さは、その著作を拝読すれば一目瞭然だ。

さて、前置きはこれぐらいにしておいて、著作の紹介にうつる。

 

『逃亡くそたわけ』& Theピーズ

この作品には、Theピーズの楽曲が使われている。

作品の内容は、精神病棟を抜け出した男女が逃避行をするというもの。

この構成自体にも音楽の影響が濃いことが生まれる。

まず思い浮かぶのが、ビート・ジェネレーションだ。

ビート・ジェネレーションとは?

1950年代から1960年代にアメリカ文学界に登場。当時の社会体制、社会の価値観を否定し反抗した一部の作家たちの総称のこと。ビートニク(Beatnik)とも呼ばれる。

主な作家には、

●ジャック・ケルアック

●ウィリアム・S・バロウズ

●アレン・ギンズ・バーグ

などが挙げられる。

『逃亡くそたわけ』を呼んで思い浮かべたのは、

ケルアックの『オン・ザ・ロード』(別名:路上)だ。

数年前に映画化されたことでも記憶に新しいこの作品。

アメリカ放浪生活を中心に書かれた自伝的な作品であり、

当時ヒッピーなどから熱狂的な支持を受け、

「ヒッピーのバイブル」とも呼ばれていた。

また、この作品が愛されたことでケルアックは、

「ビートの王」「ヒッピーの父」などとも呼ばれることもある。

ジム・モリソンやボブ・ディランなど、

当時のミュージシャンたちにも影響を与えたと言われている。

この世代の文学が、音楽に与えた影響は大きい。

『オン・ザ・ロード』も『逃亡くそたわけ』も「移動」を描いている。

それは時代は違うにせよ、若者たちの感情が齎した「移動」だ。

Theピーズ

『逃亡くそたわけ』のなかに挿入されているのは、

主に『どこへも帰らない』というアルバムだ。

 

彼らの廃退的な歌詞が、

『逃亡くそたわけ』と見事に融合している。

歌詞をここに引用するのは控えるが、気持ちいいほどの融合だ。

それはかつて、ビート・ジェネレーション(文学)が、

音楽に齎した影響に対しての感謝とも思えてくる。

是非、味わってみてほしい。

 

まとめ

絲山秋子の作品には、

他にもたくさんの音楽作品との融合が図られている。

そして、ここでは書ききれるはずがない程の魅力がある。

絲山秋子の作品は、音楽と、そして私たち読者と融合する。







-オススメ品, 小説, 文学, 音楽
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

渋沢栄一も影響を受けた『論語』。素晴らしいリーダーの条件とは?

渋沢栄一とは? 江戸時代末期から大正初期にかけての官僚、実業家。 第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業を設立・経営。 「日本資本主義の父」といわれている。 そんな彼が傾倒した学問があ …

おすすめ2018年最新iQOS(アイコス)互換品。正規品を超える使用感。

アイコス互換品 有害物質を9割以上削減できることや、 臭いが少ないことで人気のアイコス。 そんなアイコスには正規品にも勝る互換品があるのをご存知ですか。 今回は、最新の互換品を紹介します。  geem …

【夏休み、文学好きにおすすめの宿】川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した《川端の宿・湯本館》

川端康成 川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 – 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍し …

BRUTUS『危険な読書』― きっと見つかる「人生を変える一冊」。文学の毒に陶酔せよ!

  「危険な読書」 そう題された「BRUTUS」が2017年1月に発売された。 BRUTUS(ブルータス) 2017年 1/1・1/15合併号[危険な読書] posted with ヨメレバ …

2017年ベスト小説⁉︎ 坂口恭平『けものになること』 まるで音楽。読む麻薬。

建築家、作家、絵描き、踊り手、歌い手・・・ 様々な肩書を持ち、 現代日本で最も異彩を放つ男。 坂口恭平。 彼ほどまでに自分らしい生き方を模索し、 実行している人はいるだろうか。 その実行力は学生時代か …