オススメ品

私が一切ミネラルウォーターを買わなくなった理由

投稿日:




水を買う生活

暑くなる季節、ミネラルウォーターを買う頻度も増えていた。

どうせ買うのであれば、少しでも安いもので節約しようと考え、見つけたのがこの商品。

 

クリスタルガイザー 48本

コンビニは比でなく、

スーパーで買うよりも随分と安く済ますことができる。

ネットで買い、配達してくれるので、

これ以上ない良い商品だと思っていた。

 

しかし、

あるときこの商品に出会い、その考えはいとも簡単に覆された。

そしてこの出会いが「私がミネラルウォーターを買わなくなった」理由だ。

Bobble(ボブル)

水道水がミネラルウォーター同然に

浄水器がついたボトルのため、

水道水を入れてそのまま飲めば、

ろ過されたキレイな水を飲むことができる。

 

おしゃれなデザイン

見た目の美しさはお墨付き。

なぜなら、

PRADA,ジョルジオアルマーニ、KENZO等数々のデザイナーでもある

カリム・ラシッド氏がデザインを担当しているからだ。

世界で数々のデザイン賞を受賞している。

特許取得の独自形状

この形があるからこそ、

飲むときにスピーディーに浄水することができるという。

世界でも厳しい国際基準(NFS International standard 42)の基準を満たし、
日本工業標準調査会のJIS3201もパスしているのだとか。




水を買うのをやめて変わったこと

なにより節約

水道水ならどこにでもある。

ペットボトルを買わなくなるといかに今まで無駄遣いをしていたのか気づかされる。

冷たい水が飲める

ペットボトルを持ち歩いていると、

すぐにぬるくなってしまうが、

これなら蛇口をひねったばかりの冷たい水をいつでも飲むことができる。

災害時の使用

じつは、これがこの商品をオススメしたい大きな理由です。

水道さえあれば、安全でキレイな水を飲めるということは、

災害時にも役に立つ商品だといえます。

非常用持ち出し袋の中に入れておくと安心ではないでしょうか。




-オススメ品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【夏休み、文学好きにおすすめの宿】川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した《川端の宿・湯本館》

川端康成 川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 – 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍し …

【酒と小説】お酒を片手に読むべき、おすすめ本

飲酒読書 読書は飲酒していても罪にならない。 たとえそれが、ドライブの話でも、仕事の話でも、 酒を飲みながらにして、物語に入っていける。 自分自身をどのような状態にして、本と向き合うか。 これは殆ど実 …

新入社員必見 新生活で困った方へ、応援グッズ。必読の本。

スーツが眩しい季節 三月も終わり、花見の季節。 街中にはまだ身体に馴染んでいないスーツの男女を見かける。 新入社員だ。 私も昔、新入社員として、東京から大阪に異動になった。 ドキドキとウキウキがない交 …

物書きにも役に立つ、ランチェスター戦略とは?『小さな会社の稼ぐ技術』栢野 克己  (著)を読めば、小説・ブログなど、自分だけのものが書ける!

ランチェスター戦略とは? もともとは、軍事戦略における損害量計算から導き出されたもの。 この法則は、第二次世界田大戦中に、主にアメリカ軍が用いて効果を発揮した。 この軍事戦略であったはず「ランチェスタ …

目的別おすすめコーヒーメーカー。あなたのニーズに答えるコーヒーメーカー探し。

コーヒーメーカーを買う目的 家族構成や年齢、性格などによって、 コーヒーメーカー選びは決まってくる。 例えば、 ・一人暮らし上京したての学生 ・家族の多い主婦 ・おしゃれ好きなOL この三者においてだ …