オススメ品 副業

文章書ければ誰でも稼げる時代『1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方 』を読んであなたもライターになる!

投稿日:





人気の副業

クラウドソーシングは、副業としての活躍の場を広げた。

副業を国が奨励する時代に、副業をしようと考えたことのない人はいるだろうか。

副業には様々ある。

FXや株などの投資。


とくに自動売買のシステムが進んだFXは人気の副業の一つだ。

 

あるいはセルフバックという手もある。

これは広告のサービスを自ら使用することで報酬を得る手である。


リスクも少なく、必ず稼げる副業として人気だ。





副業としてのライター

FXは、リスクがある。

セルフバックは、数に限りがある。

無限の可能性が潜んでいるのはライターとしての副業だ。

文章ならだれでも書ける。

クラウドソーシングをはじめとしてネット上には様々な仕事が転がっている。

クラウドソーシングで人気が高いのは、TVなどでも有名になったクラウドワークスだ。



リスクなしで無限の副業。

あまりにも魅力的で嘘のようだが、本当だ。

しかし、文章でどう稼いでいいか分からないという方も多いだろう。

そんな方にオススメの本がある。

 

1日1時間から稼ぐ副業ライターのはじめ方

 

-オススメ品, 副業
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

BRUTUS(ブルータス)『危険な読書』からオススメ本を紹介。前回は筒井康隆。今回の危険な作家は?

BRUTUS『危険な読書』 以前このブログでも紹介した ブルータスの『危険な読書』。 2018年1/1・15合併版で、 同じ名前の『危険な読書』が発売された。 BRUTUS(ブルータス) 2018年 …

漫画『昭和元禄落語心中』(著:雲田はるこ)が現代に生まれたワケと歴史

『昭和元禄落語心中』とは? 昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)[Kindle版] posted with ヨメレバ 雲田はるこ 講談社 2012-09-28 Kindle Amazon[書 …

保坂和志『小説の自由』から「優れた小説」とは何かを考える。

保坂和志『小説の自由』 小説の自由 (中公文庫) posted with ヨメレバ 保坂 和志 中央公論新社 2010-05 Amazon Kindle 楽天ブックス 内容(「BOOK」データベースよ …

蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

蓮實重彦 蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 – )は、 東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者、小説家。 第26代東京 …

Kindle本を簡単に出版する方法を一から紹介。これを読めば、だれでも電子書籍が出版できる!(拍子抜けするほど簡単です)

Kindle(電子書籍)出版のすすめ アマゾンで本を販売する。 夢のようなことに思えるかもしれないが、 実は、だれでも簡単に出版することができる。 今回は、そのノウハウを紹介していく。 これを読めば、 …