オススメ品 ニュース 小説 文学 落語

Amazonの「聴く本」。Audible(オーディブル)について。無料体験レビュー。

投稿日:





Amazon×本

 

本好きにとって、図書館のような存在のAmazon。

本を買い、本を読むことはもちろん、

「本を聴く」こともできることをご存じだろうか。

いま、アマゾンを先駆けとして、

オーディオブックなるものが流行っている。

アマゾンが提供しているサービスは、オーディブルだ。

 

Audibleとは?

オーディブルは本の朗読を聴くことのできるサービスだ。

アマゾンはこう謳う。

月額1,500円(税込)で、ビジネス書から落語、語学など20以上のジャンルの豊富なタイトルから、Audibleでしか聴くことのできないスペシャルコンテンツを、いくつでも自由に聴くことができます。

実際に聴ける本を調べてみると、たしかに様々な種類のタイトルが名を連ねている。

 

実際にオーディブルで聴ける人気の本(一例)を挙げてみると、





 

 『お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」

内容(「BOOK」データベースより)

売れない芸人の徳永は、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第153回芥川賞受賞作。芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を収録。

 

マイナーな本しかないのでは・・・という心配は無用。

ベストセラーとなった芥川賞受賞作もちゃっかり聴くことができる。

 

『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』

 

内容(「BOOK」データベースより)

「訳さず」読める。「そのまま」聞ける。日本の公立小中学校に通っている長男(中2)、長女(小6)、次女(小3)をバイリンガルに育てた著者が教える!英語を「訳さない」学習メソッド。

 

オーディブルなら、読むだけでは得れない学習もできる。

英語など語学系の「聴く本」も人気だ。

当然、読むだけよりも勉強効率は上がる。

 

それだけではない!

「本」の朗読だけでなく、

なかには、落語や最新のM-1の漫才などエンタメ系のコンテンツも豊富。

通勤通学時に音楽を聴くのではなく、新しい楽しみが生まれる。

 

無料体験を試してみた!

オーディブルは通常、月額1,500円のサービスだが、

無料体験をすることができる。

最初の一か月が無料なので、一度試してみるといい。

実際に「本を聴いて」みると、

読むだけでは味わえないリズムを体験できることに喜びがある。

文章を目で追う必要がないため、目の疲れもなく、

両手が空くので、本を読みながらの自由度が増す。

例えば、ジョギング中やドライブ中などなど、

読書をする場所や時間が無限に広がる。

そして、スマホやタブレットにアプリをおとし、

コンテンツをダウンロードしておくことでネット環境のないところでも楽しむことができるのも利点だ。

 

ただ単に無料だから試してみたのだけれど、

病みつきになってしまった。










-オススメ品, ニュース, 小説, 文学, 落語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

作家・小説家とうつ病。『ツレがうつになりまして。』を観て感じたあの作家の凄さ。

作家にはうつ病の人が多い? ぱっと思い浮かべただけでも何人もの作家・小説家が思い浮かぶ。 太宰治、夏目漱石などの文豪も心に病を抱えていた。 なかでも、最近で、 うつ病との生活を赤裸々につづっていたと思 …

中野翠と落語。『今夜も落語とで眠りたい』から、落語の魅力を再考する。

中野翠 中野 翠(なかの みどり、本名非公開、女性、1946年7月21日 – ) 埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身のコラムニスト、エッセイスト。 社会・事件に関する批評のほか、映画や本、 …

【書評】山下澄人『鳥の会議』解説 町田康。山下澄人の小説から学ぶこと。

  山下澄人『鳥の会議』   この本が単行本として出た時から、 町田康が絶賛したという話を耳にしていた。 それを聞いて読まずにはいられなかった。 読んでみてまず、 語り手の表現(視 …

言葉を変えることで新しい世界を描き出す魅力。オススメ芥川賞受賞作・どうしても捨てられなかった本・多和田葉子『犬婿入り』他の書評。

どうしても捨てられなかった本 以前このブログで紹介した通り、 Kindleを手に入れたことや引っ越しによって、 紙の本を手放すことにした。 本好きの私にとっては、かなり苦しく、寂しい思いのする断捨離で …

廃車の活用。旅行ガイドとしても楽しめる廃車本を紹介。

日本の廃車が 東南アジアにでかけると、 日本の車両に出会えることがある。 日本で廃車となった車両は、 海を越え、新しい場所で人々を乗せ続けている。 このことを知ったのは、とある本との出会い。 東南アジ …