オススメ品 小説 映画

アマゾンプライム会員で前田司郎の小説、映画、脚本など様々な世界観を堪能する!

投稿日:




Amazon Prime

アマゾンで物を買い、

アマゾンで本を読み、

アマゾンで音楽を聴き、

アマゾンで映画を観る。

娯楽のすべてを網羅できるアマゾンプライム。

いま、大活躍の作家がいる。

 

前田司郎だ。

多数のジャンルを股に掛け活躍している人物。

彼の肩書は、

劇作家、演出家、俳優、小説家、映画監督、脚本家。

才能の塊のような前田司郎氏。

私が彼の世界にのめり込んだのは、「小説」からだ。

『夏の水の半魚人』

内容紹介

魚彦。僕の変な名前は、お母さんの初恋にちなんでつけられた。写生大会で行った臨死の森で、転校生・海子の秘密を見てしまう。二人だけの秘密。夏の海の水の音。色ガラスの破片。車椅子の今田は魔法使いに会ったという。そんなの嘘だ、嘘であって欲しいと僕は思う。出処の知れない怒り、苛立ち、素晴らしい遊び、僕はこの楽園を飛び出したいのかもわからない。あの神話のような時代を。

三島由紀夫賞を受賞している。

 

それにしても、

本谷有希子

であったり、

山下澄人

であったりと、

劇作家出身の方が書いた小説が非常に評価されている。

 



前田司郎の映画

映画監督としても知られる彼。

 

映画『ふきげんな過去』

プライムビデオで観ることができる作品のなかには、

前田司郎氏が脚本を務めている作品もある。

 

『日本をゆっくり走ってみたよ ~あの娘のために日本一周~』

まとめ

アマゾンプライムに関しては、過去にも何度か記事を書いている。

このブログのテーマは

「本を、書く、読む、考える」である。


本・書籍ランキングへ

現代において活躍されている作家は、

本の世界だけに留まらない。

音楽も映画も楽しめるアマゾンプライムは、

本好きにとって、いろんな角度から楽しみを与えてくれる。








-オススメ品, 小説, 映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

文章の書き方を何に学ぶか 学ぶは真似る。 名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、 文章力は向上していくだろう。 読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。 中でも一番手取り早く、 文章の …

私小説をなめてはいかん。劇的におもしろいオススメ私小説を紹介!

私小説とは? 私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、 日本の近代小説に見られた作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説。 心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別され …

又吉直樹『劇場』評価と売れ行き好調で早くも増刷。サイン会も大盛況!モチーフになった『東京百景』。

又吉直樹『劇場』 『火花』で芥川賞を受賞してから又吉直樹の勢いがとまらない。 二作目の『劇場』は、早くもAmazonでベストセラーとなっている。 『火花』からの文学性はそのままに、 「芸人」ではない人 …

小説家志望者が社会言語学を学ぶべき理由。『日本語は「空気」が決める~社会言語学入門~ (光文社新書)』から小説における言語共同体を考察する。

「文は人なり」と「アイデンティティ」 「文は人なり」という言葉がある。 その人が使う言葉が、その人を表す。 言葉と人との同一性だ。 同一性というと、アイデンティティという言葉もある。 アイデンティティ …

石井裕也監督の新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』のレビュー。最果タヒの詩の世界が映画化された奇跡を見逃すな!高橋源一郎が寄せたコメントとは?

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 今、文学界にも映画界にも激震が走っている。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が公開されたからだ。 主演は、池松壮亮と石橋静河。 『映画 夜空はいつでも …