オススメ品

アイコス互換品の最新版「efos (イーフォス)」とは? アイバディを超えた?

投稿日:2017年12月25日 更新日:

アイコス(iQOS)互換品

アイコス本体がなくても、

アイコスのヒートスティックが吸える互換品。

なかでも有名なのは、

iBuddy(アイバディ)

 

アイコスの場合、一本吸ったらホルダーをチャージャーに戻して、

待つ。

待つ。

待つ。

しかしアイバディの場合、

連続で喫煙することが可能。

 

アイコスは、

ホルダーとチャージャーに分かれている。

アイバディは、

一体型のため、操作性もより楽。

 

③煙が美味しい

太い針状の加熱ブレードを採用しているアイバディは、

アイコスよりも均一に加熱することが可能なため、

味にムラがなく美味しい。

 

そんなアイバディを超えたといわれる互換品

 

それが、、

efos (イーフォス)

イーフォスの特徴

①3D加熱システム

360℃からの加熱が可能。

アイバディよりもより均等かつ効率よく加熱。

つまり、美味い。

 

②加熱温度調整機能

イーフォスには、

「低温モード」と「高温モード」がある。

低温モードは、

たばこの風味を味わえる。

(アイコスと同じだと思っていい)

 

高温モードは、

一気に加熱することで風味と吸いごたえを

最大限引き出す。

 

気分によってモードを切り替えて使用できるのだ。

 

イーフォス。

 

最強のアイコス互換品である。

 


本・書籍ランキングへ

-オススメ品
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プルームテックに新フレーバー(レッド&ブラウン)登場!いち早く体験できる座談会開催!発売日はいつ?

PloomTECHに新フレーバー誕生! JTから嬉しい知らせが届いた。 プルームテックに新しいフレーバーが登場するのだ。 これまでは、3種類のみの展開。 味の種類が豊富なアイコスを選ぶ方も少なくなかっ …

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

現実と非現実をどちらも現実にする小説家・村田沙耶香の魅力。『コンビニ人間』と『消滅世界』に描かれる現実。

村田沙耶香 1979年生まれの小説家、エッセイスト。 しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫) posted with ヨメレバ 村田沙耶香 朝日新聞出版 2015-07-07 Amazon Ki …

直木賞の「直木」とは?芥川龍之介に比べて軽視されている大衆文学の代表作家。その人生に迫る。

芥川賞と直木賞 誰もが知る二大文学賞の 芥川賞と直木賞。 芥川賞は芥川龍之介。 では、直木賞は? 文学好きなら知っていると思うが、 意外と知られていない。 直木賞の正式名称は、 「直木三十五賞」 そう …

アマゾンプライム会員で前田司郎の小説、映画、脚本など様々な世界観を堪能する!

Amazon Prime アマゾンで物を買い、 アマゾンで本を読み、 アマゾンで音楽を聴き、 アマゾンで映画を観る。 娯楽のすべてを網羅できるアマゾンプライム。 いま、大活躍の作家がいる。 &nbsp …