オススメ品 小説 文学 映画

小説好きにオススメな「ユリイカ」5選

投稿日:





『ユリイカ』とは?

青土社から出版されている月刊誌。

詩や文学などの批評や、思想についてが中心であり、

小説家や文学愛好家に好まれている。

名前の「ユリイカ」は、見つけたを意味する「Eureka(エウレカ)」が由来だとされる。

この言葉は、古代ギリシアの数学者・発明家である、

アルキメデスが発した言葉だといわれている。

今回は、そんな本好きにはたまらない雑誌・ユリイカのなかでもオススメを紹介していく。

『ユリイカ 2017年12月号 特集=カズオ・イシグロの世界』

 

ノーベル文学書を受賞したことで話題となり、

いま彼の小説が飛ぶように売れているという。

そんなカズオ・イシグロの小説世界を知ることのできる一冊。
柴田元幸×中島京子の対談だ必見だ。

【関連記事】2017年ノーベル文学賞をカズオ・イシグロ氏が受賞。『日の名残り』などオススメ小説を紹介。

 

 『ユリイカ 2017年11月号 特集=スティーヴン・キング ―ホラーの帝王―』

 

誰もが知る世界的小説家・スティーブン・キングの特集。

代表作は『IT』、『スタンド・バイ・ミー』、『シャイニング』など、

その多くが映画化され、映画でもまた大成功を収めている。

・スティーヴン・キングの映画化作品とアメリカ――Both Sides, King / 南波克行

・「不信のバーベル」と〈戦慄〉――スティーヴン・キングの初期ホラー小説と映画化作品 / 冨塚亮平

を読めば、キングの小説だけでなく、

「映画学」としても楽しむことができる一冊。

 

【関連記事】スティーブンキング『書くことについて』は小説家志望者、必読の書。

 

『ユリイカ 2017年10月臨時増刊号 総特集◎蓮實重彦』

 

 

近年では、第29回三島由紀夫賞受賞時のインタビューが話題となった

『伯爵夫人』の作者・蓮見重彦。

文学者であり、批評家であり、小説家であり・・・

彼の博識は、現代の宝。

・ロングインタビュー
「そんなことできるの?」と誰かに言われたら「今度やります」と答えればいいのです 蓮實重彦 聞き手・構成=入江哲朗

を読めば、彼の創作の神髄を知ることができる。

 

【関連記事】蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

 



 

『ユリイカ 2015年8月号=江戸川乱歩』

 

日本文学会に奇妙で不思議な光を灯し続ける江戸川乱歩。

その魅力は、不思議な世界だけではない。

ジャンルを縦横無尽に書き渡った彼の作品を、

北村薫さんと辻村深月さんの対談を読むことで、

また読み返したくなる。

 

【関連記事】【江戸川乱歩賞】おすすめ受賞作品。第六十三回(平成二十九年度)江戸川乱歩賞の選考結果は?

 

『ユリイカ 2014年7月号 特集 ガルシア=マルケス -『百年の孤独』は語りつづける- 』

 

『百年の孤独』。

それは誰もが打ち破れない小説の最高峰。

創作や作品についてだけではなく、

彼の生活や性格を知ることができる良書。

空前のラテンアメリカ文学ブームを巻き起こした、

その理由とは?

文学史としても読みごたえのある一冊。

【関連記事】『現代世界の十大小説』池澤夏樹 いま読むべき世界文学10選










-オススメ品, 小説, 文学, 映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

澁澤龍彦のオススメ本。三島由紀夫が激賞した幻の書『快楽主義の哲学』について。サド裁判とは?

澁澤龍彦とは? 澁澤 龍彥(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお) 1928年(昭和3年)5月8日 – 1987年(昭和62年)8月5日)。 日本の小説家、フランス文学者、評論家。 別名 …

ロラン・バルトの『テクスト論』『作者の死』を踏まえた上で、本当の読解力・理解力とは? 読む力を身につけるためのおすすめ本。

「読解力」と「理解力」 同じ本を読んでいるのに、 感じることや得ることが違う。 これは良いことでもあるし、 本(テクスト)の醍醐味である。 フランスの批評家ロラン・バルトは、 『作者の死』と表現すると …

Kindle(キンドル)買うならプライム会員がぜったいお得!プライムリーディングとは?

Kindleを買った 以前このブログでも紹介したように、 Kindleなどの電子書籍リーダーを なんとなく「嫌だ」と思って買わないのは、 損しかない。 電子書籍リーダーにはさまざまあるが、 なかでもK …

遠藤周作『友を偲ぶ』、三島由紀夫の「政治の芸術家」からICANのノーベル賞受賞と現代政治を考える。

核関連のノーベル平和賞 核関連のノーベル平和賞は1962年のアメリカのライナス・ポーリングから始まり、これまでに多くの受賞歴がある。 今回のICANを含め、その殆どが理念や訴えを評価されての受賞だが、 …

猫小説の世界文学・平出隆『猫の客』書評。夏目漱石の翻訳家が絶賛する日本の猫小説。

平出隆とは? 平出 隆(ひらいで たかし、1950年11月21日 – )は、日本の詩人、散文家。   大江健三郎は、 「詩の中から新しい散文を生み出す詩人」 と評した。 &nbs …