オススメ品 ニュース 小説 文学

やなか珈琲が名作文学とコラボ?「飲める文庫」とは?AIテクノロジーが小説の読後感を、「珈琲の味わい」に表現した作品たち。

投稿日:





やなか珈琲「飲める文庫」

「飲める文庫」

、、?、、

すぐには理解できなかった。

コピーにはこうある。

「名作文学を、AIが珈琲に。」

よくわからないけど、なにやら魅惑的なことだけは確か。

説明文を読んですぐに引き込まれた。

珈琲好きにはたまらない。

小説好きにはたまらない。

そんな商品が

やなか珈琲から、販売された。

その名も、

名作文学の読後感をブレンドコーヒーで再現した“飲める文庫”。

「読書の日」のである2017年10月27日(金)より、

やなか珈琲店の店舗にて期間限定販売。

全6種類のブレンド珈琲には、

日本を代表する文学作品の名前がそのままついている。

AIが学習し再現したというその読後感を表現した❝6作品❞。

それぞれ見ていこう。

吾輩は猫であるブレンド(夏目漱石)

夏目漱石の軽妙洒脱な文体をAIが感じ取ったのであろう。

「クリア感」が強い珈琲だ。

それでいて「高品質」。コスタリカの豆を使用している。

こころブレンド(夏目漱石)

人の苦しみや罪負いについて書かれた『こころ』から

AIは「苦み」と「飲みごたえ」、「余韻」を強くして表現した。

満足感の強い飲める文庫だ。

同じ夏目漱石でも、作品によって味がここまで違ってくる。

飲み比べてみるのもいいだろう。

若菜集ブレンド(島崎藤村)

島崎藤村の第一詩集『若菜集』をAIが分析した結果がこちら。

抒情的な世界を「クリア感」のある「甘味」で表現。

爽やかな一杯。





舞姫ブレンド(森鴎外)

恋と夢。その二つが交差していく様子を

「甘味」と「苦み」の程よいブレンドで表現。

その文体と同様に、味もうまくまとまっていてソフトなボディが特徴。

人間失格ブレンド(太宰治)

「クリア感」と「余韻」がMAXのブレンド。

太宰文学の読みやすさを珈琲に置き換え、

人間の弱さをなめらかな口当たりで表現。

「苦み」が強いことも『人間失格』ならではだ。

三四郎ブレンド(夏目漱石)

なんと夏目漱石の作品で、コーヒー3作目。

やなか珈琲さんの夏目文学に対する思入れの強さを感じられる。

さて、『三四郎』。

上京したての青年の淡い物語を、

AIは強い「甘味」で表現している。

青春の甘酸っぱさもブレンドされた、上品な一杯だ。

まとめ(ありがとう、やなか珈琲さん)

珈琲と小説。

この最強のコラボにAIとい最新技術を取り込んだ、やなか珈琲さん。

どれも本を片手に、それぞれの小説を読み返してみたくなる。

こんな素敵な珈琲をつくってくれた、やなか珈琲さんに感謝いたします。

 









-オススメ品, ニュース, 小説, 文学
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小説家志望者が社会言語学を学ぶべき理由。『日本語は「空気」が決める~社会言語学入門~ (光文社新書)』から小説における言語共同体を考察する。

「文は人なり」と「アイデンティティ」 「文は人なり」という言葉がある。 その人が使う言葉が、その人を表す。 言葉と人との同一性だ。 同一性というと、アイデンティティという言葉もある。 アイデンティティ …

M・Jアドラー、C・Vトレイン『本を読む本』から有益な読書方法を学ぶ。

『本を読む本』 (講談社学術文庫) 本を読む本 (講談社学術文庫) posted with ヨメレバ J・モーティマー・アドラー,V・チャールズ・ドーレン 講談社 1997-10-09 売り上げランキ …

【おすすめ世界文学】カート・ヴォネガット小説5選

カート・ヴォネガットとは? Kurt Vonnegut(1922年11月11日 – 2007年4月11日) アメリカの小説家、エッセイスト、劇作家。 1976年の作品『スラップスティック』 …

遠藤周作『友を偲ぶ』、三島由紀夫の「政治の芸術家」からICANのノーベル賞受賞と現代政治を考える。

核関連のノーベル平和賞 核関連のノーベル平和賞は1962年のアメリカのライナス・ポーリングから始まり、これまでに多くの受賞歴がある。 今回のICANを含め、その殆どが理念や訴えを評価されての受賞だが、 …

【酒と小説】お酒を片手に読むべき、おすすめ本

飲酒読書 読書は飲酒していても罪にならない。 たとえそれが、ドライブの話でも、仕事の話でも、 酒を飲みながらにして、物語に入っていける。 自分自身をどのような状態にして、本と向き合うか。 これは殆ど実 …