オススメ品

FLEVOからビタミン入りのC-TECまで使い捨ての電子タバコを試してみた。プルームテック、アイコスとの比較。

投稿日:2017年8月10日 更新日:

使い捨て電子タバコ

電子タバコというと、

リキッドを補充して、

メンテナンスが必要で、、

など面倒なイメージが多い。

そんななかで、

電子タバコを始めてみたい

という初心者の方にも人気なのが、

使い捨て電子タバコだ。

日本で販売されている殆どの電子タバコは、

タール、ニコチンがゼロ。

さらに最近では、

ビタミンが摂取できるものも販売されてきており、

電子タバコが健康アイテムとしても注目を集めている。

今回はそんな使い捨て電子タバコについて、

アイコスやプルームテックとの比較を交えながら考察していく。

FLEVO

充電済みなので、開封して即吸えるフレヴォ。

プルームテックやアイコスのように、最初の充電待ち時間は無し。

味には3種類ある。

●タバコフレーバー

タバコというよりコーヒーのような香り。

●メンソール

癖のない爽やかなメンソール。

●ビタミンベリー

ビタミン入りで女性にも人気な甘いフレーバー

上に紹介したスターターキットであれば、

バッテリー×1

フレーバーカートリッジ×2(メンソール・タバコフレーバー)

USBアダプタ

が付いてくるので、3種類の内、2種類を試すことができる。

もちろんカートリッジだけでの販売もある。

カートリッジは5個入り。

少ないように感じるかもしれないが、
5個で約1200回吸える。
(カートリッジ1個あたり約240回として算出)

紙タバコより経済的だ。

C-Tec

FLEVOより、

「ビタミン入り」ということに特化しているシーテック。

フレヴォと比べると少し割高だが、

メリットがたくさんある。

こちらもスターターキットが販売されているのでまずは試してみるのもよし。

またFLEVOよりも味のバリエーションが豊富なので、

誰でも好きなフレーバーを見つけられるだろう。

 

-オススメ品
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

蓮實重彦 蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 – )は、 東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者、小説家。 第26代東京 …

【Kindle小説家デビュー】「小説家になろう」や「カクヨム」で小説をアップするってバカじゃない? 出版方法も紹介!これを見ればあなたもすぐに作家デビュー!

Kindleから小説を出版   今回、自分一人で電子書籍を作ってみよう!   と思い立ち、   書き溜めていた小説をKindleで出版するに至りました。   っ …

中野信子『脳内麻薬』から自分の「気持ちよさ」をコントロールする技術を学ぶ。ドーパミンとの付き合い方。

中野信子とは? なかの のぶこ(1975年 – )は日本の脳科学者(医学博士)・評論家。 東京都出身。東日本国際大学特任教授。 最近では、テレビ出演でも有名。 『脳内麻薬』幻冬舎新書 脳内 …

『こころの処方箋』河合隼雄の著作、名言から、生きる秘策を学ぶ。

河合隼雄『こころの処方箋』 河合隼雄とは? ●1928年、兵庫県生まれ。 ●京都大学数学科卒業後、スイスの「ユング研究所」に留学。 ●京大名誉教授。 ●「国際日本文化研究センター」所長。 ●日本におけ …

現実と非現実をどちらも現実にする小説家・村田沙耶香の魅力。『コンビニ人間』と『消滅世界』に描かれる現実。

村田沙耶香 1979年生まれの小説家、エッセイスト。 しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫) posted with ヨメレバ 村田沙耶香 朝日新聞出版 2015-07-07 Amazon Ki …