オススメ品 ニュース 知識

超簡単!プルームテックのカートリッジを再生し復活させる方法。インジェクター不要!これでたばこカプセルが余る問題、すっきり解決。

投稿日:2017年7月8日 更新日:




PloomTECH(プルームテック)

JTが販売している加熱式たばこ、プルームテック。

プルームテックには、

火を使わない、中断できる、臭いがない、

などなど紙たばこにはないメリットが沢山あります。

6月にやっと東京での販売も始まり、

IQOS(アイコス)やglo(グロー)を超す勢いで

使用者がふえています。

プルームテックのダメなところ

しかし、プルームテックを使用している人なら

必ずと言っていいほど「え?」となることがあります。

そうです。

たばこカプセルが余っているのに、

カードリッジの蒸気がでなくなってしまう。

今回は、そんな悩みを簡単に解決する

「カードリッジ再生方法」を紹介します。



既に様々な方法がネット上にUPされていますが、

おそらく今から紹介する方法が一番「楽」なので、

よければ読んでみて下さい。

カードリッジ再生に必要なもの

必要なのは、これだけです!

①プルームテック本体

私は互換性のあるバッテリーを使っています。

純正の購入はネットからの登録や応募など、面倒ですが、

これさえあれば遜色なくプルームテックを楽しめるのでオススメです。

数ある互換バッテリーのなかでもAmazonで一番人気な商品です。

②リキッド

もっともプルームテックの味に近く、

本来の味が復活する無味無臭の国産リキッドです。

③かぎ針(オープナー)

カードリッジのなかの蓋を取り外すために使用します。

100均でも売っていて、

編み物用のかぎ針を使う場合は「5号」がジャストサイズです。

さて、準備万端。再生方法を紹介します。

①カードリッジ内部のふたを取り外す

このように、カードリッジ内部には、

液体をしみ込ませてある綿にふたがしてあります。

リキッドを注入するにはその「ふた」を取り外す必要があります。

上の写真のように、かぎ針を入れて引っ張れば簡単に取れます。

こんな感じです。

②リキッドを注入する

ふたが取れたので、次にリキッドを綿にしみ込ませていきます。

ここでインジェクター(注射器)を使用する人もいますが、

私のやり方では不要です。

カードリッジの内側の面に垂らすようにしてリキッドを注入していけばOK。

5滴ぐらいが目安です。

リキッドを入れたら、接続部分を下にして、

2分程ティッシュの上に立てておきます。

この時にティッシュにリキッドが漏れてきたら、

リキッドを入れ過ぎたと思って下さい。

2分程経てば、綿全体にリキッドがしみ込みます。

垂れてしまった場合は、

接続部分をティッシュで拭いてから使用した方が良いと思います。

③ふたを戻す

ふたを戻すには、

たばこカプセルで押しこむのが一番簡単です。

そして、あとは吸うだけです。




いかがでしたか?

必要なものも最小限で簡単な方法でカードリッジを再生すれば、

たばこカプセルが余る問題が解決され、節約にもなりますね。

ちなみに

リキッドには今回紹介したものの他に、

味がついたものもあるので、

自分好みのプルームテックを楽しむことも可能です。

よければ試してみて下さい。



-オススメ品, ニュース, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

漫画『昭和元禄落語心中』(著:雲田はるこ)が現代に生まれたワケと歴史

『昭和元禄落語心中』とは? 昭和元禄落語心中(1) (ITANコミックス)[Kindle版] posted with ヨメレバ 雲田はるこ 講談社 2012-09-28 Kindle Amazon[書 …

今話題沸騰のおすすめコーヒーメーカー「ネオトレビエ」(上島珈琲/UCC)のレビュー。オススメ理由と使い方。

ネオトレビエとは? ネオトレビエ (BS200) ボルドーレッド 1台 posted with カエレバ UCC(上島珈琲) 売り上げランキング : 234194 Amazon 楽天市場   …

【書評】漫画化もされロングセラーの『君たちはどう生きるか』著:吉野源三郎。宮崎駿が映画アニメを制作。

『君たちはどう生きるか』吉野源三郎 君たちはどう生きるか (岩波文庫) posted with ヨメレバ 吉野 源三郎 岩波書店 1982-11-16 Amazon Kindle 楽天ブックス 内容( …

ポールオースター ニューヨーク3部作! 翻訳家柴田元幸 現代世界文学のおすすめ

ポールオースターとは? オースター,ポール 1947年生まれ。 コロンビア大学卒業後、数年間各国を放浪する。70年代は主として詩や評論、翻訳に創作意欲を注ぎ、’85年から’86年にかけて、『ガラスの街 …

孤高の小説家・エッセイイスト中島らものオススメ本5選。

中島らものオススメ本5選 自らに無理難題を課す。 作家・中島らものオススメ本を5つに絞るのは、ほとんど不可能だ。 純文学からエンターテイメント、珠玉のエッセイ。 なににおいても一流。わざと二流になるこ …