オススメ品 ニュース 知識

超簡単!プルームテックのカートリッジを再生し復活させる方法。インジェクター不要!これでたばこカプセルが余る問題、すっきり解決。

投稿日:2017年7月8日 更新日:




PloomTECH(プルームテック)

JTが販売している加熱式たばこ、プルームテック。

プルームテックには、

火を使わない、中断できる、臭いがない、

などなど紙たばこにはないメリットが沢山あります。

6月にやっと東京での販売も始まり、

IQOS(アイコス)やglo(グロー)を超す勢いで

使用者がふえています。

プルームテックのダメなところ

しかし、プルームテックを使用している人なら

必ずと言っていいほど「え?」となることがあります。

そうです。

たばこカプセルが余っているのに、

カードリッジの蒸気がでなくなってしまう。

今回は、そんな悩みを簡単に解決する

「カードリッジ再生方法」を紹介します。



既に様々な方法がネット上にUPされていますが、

おそらく今から紹介する方法が一番「楽」なので、

よければ読んでみて下さい。

カードリッジ再生に必要なもの

必要なのは、これだけです!

①プルームテック本体

私は互換性のあるバッテリーを使っています。

純正の購入はネットからの登録や応募など、面倒ですが、

これさえあれば遜色なくプルームテックを楽しめるのでオススメです。

数ある互換バッテリーのなかでもAmazonで一番人気な商品です。

②リキッド

もっともプルームテックの味に近く、

本来の味が復活する無味無臭の国産リキッドです。

③かぎ針(オープナー)

カードリッジのなかの蓋を取り外すために使用します。

100均でも売っていて、

編み物用のかぎ針を使う場合は「5号」がジャストサイズです。

さて、準備万端。再生方法を紹介します。

①カードリッジ内部のふたを取り外す

このように、カードリッジ内部には、

液体をしみ込ませてある綿にふたがしてあります。

リキッドを注入するにはその「ふた」を取り外す必要があります。

上の写真のように、かぎ針を入れて引っ張れば簡単に取れます。

こんな感じです。

②リキッドを注入する

ふたが取れたので、次にリキッドを綿にしみ込ませていきます。

ここでインジェクター(注射器)を使用する人もいますが、

私のやり方では不要です。

カードリッジの内側の面に垂らすようにしてリキッドを注入していけばOK。

5滴ぐらいが目安です。

リキッドを入れたら、接続部分を下にして、

2分程ティッシュの上に立てておきます。

この時にティッシュにリキッドが漏れてきたら、

リキッドを入れ過ぎたと思って下さい。

2分程経てば、綿全体にリキッドがしみ込みます。

垂れてしまった場合は、

接続部分をティッシュで拭いてから使用した方が良いと思います。

③ふたを戻す

ふたを戻すには、

たばこカプセルで押しこむのが一番簡単です。

そして、あとは吸うだけです。




いかがでしたか?

必要なものも最小限で簡単な方法でカードリッジを再生すれば、

たばこカプセルが余る問題が解決され、節約にもなりますね。

ちなみに

リキッドには今回紹介したものの他に、

味がついたものもあるので、

自分好みのプルームテックを楽しむことも可能です。

よければ試してみて下さい。



-オススメ品, ニュース, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2017年ベスト本、一挙紹介

2017年と本 今回は2017年に読んだ本で、 特におすすめしたいものを一挙に紹介する。 できる限り2017年に出版されたものを。 人気ブログランキングへ   『けものになること』坂口恭平 …

Kindle本を簡単に出版する方法を一から紹介。これを読めば、だれでも電子書籍が出版できる!(拍子抜けするほど簡単です)

Kindle(電子書籍)出版のすすめ アマゾンで本を販売する。 夢のようなことに思えるかもしれないが、 実は、だれでも簡単に出版することができる。 今回は、そのノウハウを紹介していく。 これを読めば、 …

不眠症など睡眠の悩みを持つあなたに、西野精治『スタンフォード式 最高の睡眠』がおすすめ。科学的に睡眠の全てをこの一冊で知ることができる。

睡眠の悩み 寝つきが悪い、熟睡できない、朝が辛い・・・ などなど「睡眠」は多く現代人にとって悩み種。 そんな方にオススメしたいのが、この本。 『スタンフォード式 最高の睡眠』 スタンフォード式 最高の …

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。志賀直哉の文体とは?

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。 志賀直哉『暗夜行路』は、当時小林秀雄などによって恋愛小説という批評を受けた。 しかしこの小説を単に「恋愛小説」と括ってしまうのは、あまりに勿体無い。 実際、志 …

都築響一『圏外編集者』部屋にこもり郊外に出る編集術。その他おすすめ本も紹介。

都築響一とは? 珍スポット、独居老人、地方発ラッパー、 路傍の現代詩、カラオケスナックなどなど 無名の天才を発見し続ける編集者。 『POPEYE』や『BRUTUS』を担当したことも。 そんな彼の近著『 …