オススメ品 ニュース 小説 文学

町田康、新刊『ホサナ』発売!『告白』『宿屋めぐり』に続く新たな代表作誕生!サイン会&朗読の情報を見逃すな!

投稿日:




町田康

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 – )は、日本の小説家、ミュージシャン。

旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」。
大阪府堺市出身。

1981年、バンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。

同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。

1996年には処女小説「くっすん大黒」で文壇デビュー。筒井康隆氏が絶賛しドゥマゴ文学賞を受賞。

2000年に小説「きれぎれ」で第123回芥川賞受賞。以後は主に作家として活動している。

新刊『ホサナ』

そんな町田康が新たな代表作となるであろう『ホサナ』を発表した。

執筆5年。

元は『群像』で連載されていた作品だ。

ホサナ

ホサナ

  • 作者:町田 康
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2017-05-26

 

内容紹介

人間の根源を問う傑作大長編小説。
『告白』『宿屋めぐり』に続く、町田康の新たな代表作、ここに誕生!

ホサナ。私たちを救ってください。

愛犬家の集うバーベキューパーティーが、全ての始まりだった。
私と私の犬は、いつしか不条理な世界に巻き込まれていく…。

栄光と救済。呪詛と祈り。私ともうひとりの私。
迷える民にもたらされた、現代の超約聖書ともいえる大長編小説!

新宿「紀伊国屋書店」にてサイン会開催

サイン会の予定も決まっている。

https://www.kinokuniya.co.jp/

日  時|2017年6月6日(火)  19:00開始

会  場|紀伊國屋書店新宿本店8階 イベントスペース

参加方法|参加には整理券(先着150名)が必要です。

(※整理券の配布:5月26日(金)10:00より紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターにおいて『ホサナ』を新規に購入すれば、先着150名様に参加整理券が配布される。)

町田康本人による朗読

町田康本人が『ホサナ』を朗読する動画がyoutubeで配信されている。

詩人としても活躍する著者の、朗読はさすがです。







-オススメ品, ニュース, 小説, 文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

会社に絶望しているならこれを読め!寺本隆裕「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」

会社に絶望していませんか? 私の答えは、「していました」。 ・増えない給料… ・深夜の残業… ・仕事のできないダメ上司… そんな会社に絶望したある会社員。 その会社員が「1本のペン」を使って、 会社を …

『現代世界の十大小説』池澤夏樹 いま読むべき世界文学10選

池澤夏樹とは? 池澤 夏樹(いけざわ なつき、1945年7月7日 – )は、 日本の小説家、詩人。翻訳、書評も手がける。日本芸術院会員。 文明や日本についての考察を基調にした小説や随筆を発 …

内田樹『修業論』から無敵とは何か、無我の境地とは何かを学ぶ。合気道と哲学の関係性がスッキリ分かるベストセラー光文社新書。

内田樹 1950年東京都生まれ。 東京大学文学部仏文科卒業。 神戸女学院大学文学部総合文化学科教授を2011年に退職。 同年、神戸市に武道と哲学のための学塾「凱風館」を開設。 『私家版・ユダヤ文化論』 …

【書評】山下澄人『鳥の会議』解説 町田康。山下澄人の小説から学ぶこと。

  山下澄人『鳥の会議』   この本が単行本として出た時から、 町田康が絶賛したという話を耳にしていた。 それを聞いて読まずにはいられなかった。 読んでみてまず、 語り手の表現(視 …

【小説原作のオススメ映画】古典から最新映画まで

小説原作の映画 小説が原作の映画というのは数多くあるが、 「本好き」の方にとっては、原作の方がいい!!!! と断言したくなるようなものも多い。 しかし、原作と同じくらい素敵な映画もたくさんある。 今回 …