「本ブログ」Bun-log

本を “読む、書く、考える” 。

オススメ品 知識

Ploom TECH(プルームテック)に完全移行成功。紙タバコよりアイコスよりプルームテックをおすすめする理由と移行して変わったこと。

投稿日:2017年5月23日 更新日:




Ploom TECH(プルームテック)を買うには?

東京に住んでいる私ですが、

実は東京ではまだプルームテックが販売されていません。

どうやって手に入れたかというと、実はとっても簡単に手に入るのです。

プルームテックを吸うには、バッテリーが必要です。

そしてこのバッテリーが東京では買えません。(2017年6月に東京でも発売されるとか)

しかし、東京で発売するまで待つ必要はありません。

実はプルームテックには互換性のあるバッテリーが数多く発売されているのです。

それもAmazonなど、ネットで簡単に買うことができます。

たとえばこれ。

値段も安く、純正と同じ質感、サイズのため、正直、純正の発売を待つのは意味がないです。

プルームテックの構造

プルームテックは、

カプセル、カートリッジ、バッテリーと、

3つの部品で構成されています。

バッテリーはネットから買うとして、

残るは、カプセル、カートリッジです。

カプセル、カートリッジの購入

少し厄介なのが、

カプセルとカートリッジが(も)東京の店頭で発売されていないこと。

これはJTのHPから会員登録をしてネットで注文します。

一度会員登録してしまえば、すぐに注文できるので、ささっと登録してしまいましょう。

念のため公式サイトのリンクを載せておきます。

https://www.ploom.jp/adultauth

プルームテックの味

プルームテックに移行する前に気になるのが「味」だと思います。

プルームテックには3種類のカプセルがあります。

レギュラー

普通のレギュラーのタバコから雑味を排除したような味。電子タバコのレギュラー味に近いです。

クーラーグリーン

一般的なメンソールタイプです。私がおすすめするのはこのカプセルです。プルームテックに移行するまでレギュラーしか吸わなかった私ですが、今ではこの味に落ち着きました。プルームテックに完全移行した人は、この味に落ち着つく人が多いみたいです。

クーラーパープル

甘めのメンソールタイプです。味はブルーベリーガムに似ています。女性には受けがいいかもしれません。



プルームテックに移行して良かったこと

プルームテックに移行して良かったと思うことがたくさんあります。

臭いがない

紙タバコはもちろん、アイコスでも気になる「タバコ臭」。

家庭や仕事場において、タバコ嫌いな人がいると気を遣ってしまいます。

プルームテックは一切臭いがしません。

その分、気を遣わずに吸える場所が広がりました。

嫌な目を気にせず吸える。これが最も素晴らしい点です。

節約になる

プルームテックに移行すると様々な面で節約になります。

まず単純にタバコ代を節約できます。

紙タバコを吸っている頃は1日1箱程度吸っていました。

プルームテックには1箱にカプセルが5個入っていますが、

1日、1〜2カプセルで足りています。

これはきっと紙タバコの場合、無駄が多いからだと思います。

紙タバコだと、

火をつけた直後に誰かに呼ばれただとか、

吸ってみたらそんなに欲してなくてすぐ消してしまった、

なんてことも少なくありませんが、

プルームテックは吸いたい時に吸え、

いつでも中断できるので、無駄にすることがないのです。

次に節約になるのが、電気代。

紙タバコの場合、換気扇を回しっぱなしにしていましたが、

プルームテックには臭いがないので換気扇を回す必要がありません。

電気代を浮かせられるのも嬉しいです。

ゴミが出ない

プルームテックはカプセルを捨てるだけで良いので吸い殻がでません。

火事にならないのも安心です。

当然、灰皿やライターも必要ありません。

集中できる

本を読みながらタバコを吸うのが至福の時間。

紙タバコだと火をつけたり、灰を落としたりと、集中が途切れてしまいます。

プルームテックであれば、そういった手間がなく、煙が目に沁みないので本に集中できます。

まとめ

政治でも問題になっている「タバコ」。

愛煙家と嫌煙家が上手く付き合っていく必要があります。

そういった意味においてもプルームテックはアイコスより優れていると思います。

皆さんもプルームテックに移行してみてはいかがでしょうか。



-オススメ品, 知識
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【永久保存版】おすすめ文藝賞受賞作品 一覧

「文藝賞」とは? 河出書房新社が新人小説家の登竜門として主催している文学賞。 1962年から続く由緒ある文学賞だ。 「文藝賞」は、たえず文学シーンに新しい才能を送りだしてきた。 今回は、そんな「文藝賞 …

【Kindleのススメ】「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月から電子書籍化!ベストセラー『古事記』も!

電子書籍とは? 紙媒体ではなく電子化された書籍のこと。 書籍リーダーとして最も有名なのはAmazonの「Kindle」だろう。 Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つ …

アイコスの次はコレ!「入手困難なプルームテック」を今すぐに楽しむ秘密の方法。中原中也『わが喫煙』

プルームテックをご存じですか? アイコスの次に来る新しいタバコ。 まだ福岡でしか販売されておらず、 なかなか手に入らない。 しかしながら、 プルームテックをすぐに楽しめる方法があります。 プルームテッ …

プルームテックに新フレーバー(レッド&ブラウン)登場!いち早く体験できる座談会開催!発売日はいつ?

PloomTECHに新フレーバー誕生! JTから嬉しい知らせが届いた。 プルームテックに新しいフレーバーが登場するのだ。 これまでは、3種類のみの展開。 味の種類が豊富なアイコスを選ぶ方も少なくなかっ …

今年こそは副業を始めたい!という方に、クラウドワークスをおすすめする理由とオススメの仕事。

副業としてのCrowdWorks(クラウドワークス)   そもそもクラウドワークスとはなにか? クラウドワークスとは、 ネット上の仕事をこなすことで報酬がもらえる クラウドソーシングサイト。 …