ニュース 知識

片付けられない人必見!【買取王子の利用レビュー】本だけじゃなく色々なものを一気に売りたい人にオススメなサービス。

投稿日:2017年5月3日 更新日:




買取王子とは?

HPのトップにこう記載がある。

古本・DVD・フィギュア・家電・楽器・ゴルフ・ブランド品の買取なら買取王子
ラクチンお得な送料無料の宅配買取サービス

買取王子では、様々なものを売ることができる。

このブログをご覧になっている人であれば、

「本が溜まっていって、置く場所がない」という人も多いのではないだろうか。

しかし、私もそうだが、本だけ売るとなると面倒でやめてしまう。

「買取王子」は、要らないものを売るついでに、本も売ることができるオススメのサービス。

それも、家から一歩も出ずに売ることができる。

メリット ①宅配が楽

ネットで売り買いをする際に面倒なのが、宅配の手配だ。

しかし買取王子なら、ネットで注文をするだけで、段ボールが家に届けられる。

それに物を詰め込んで、あとは、また宅配業者に渡すだけ。

配達日・受取日は指定できるので、いつでも楽ちん。

≪手順≫

①段ボール取り寄せ

②商品を詰めて送る

③買取り金額を確認

④代金受取り方法を選ぶ

 

以上、4ステップで全て完了するので、

家にいながらにして、売りたいものを売却できるのだ。

 

メリット②ジャンルを問わない

私が売ったのは、ギター・ベース・エフェクター・アンプ・古本・服・鞄・プリンター・ジューサー、マッサージ機などなど。

それを全て段ボールに適当に詰め込んで、発送した。

あまりに品質の悪いものや使えないものは返送されるらしいが、

普通に使えるものなら、ほとんどなんでも取り扱い可能。

メリット③代金受取り方法を選べる

売却すると、査定額がメールで送られてくる。

それを承諾するとポイントがたまる仕組みだ。

ポイントの交換方法は様々あるが、

・現金振り込み

・Amzonギフト券に交換

・楽天Edyに交換

など受け取り方法を選ぶことができる。

Amazonギフト券や楽天Edyの場合、還元率が上がるなど、

利用者が自分に合った形で、代金を受け取ることができる。

 

メリット④キャンペーン

・「本100冊ごとに1000円プレゼント」

・「まとめて売ると最大15000アップ」

など、様々なキャンペーンが行われている。

良きタイミングで売れば、高額な査定を得ることも可能だ。

 

本好きの方へ

本好きの人であれば、本が溜まっていく一方で、

生活スペースがなくなることも多いだろう。

ブックオフなど、本を売る場所はたくさんあるが、

「買取王子」の良いところは、本だけじゃない!ってところ。

家電や服など、捨てたいものがある時に、整理するような気持ちで、本も売る。

「売りたいものがあるけど、売るのがめんどくさい」

という人に、オススメのサービスだ。








-ニュース, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。志賀直哉の文体とは?

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。 志賀直哉『暗夜行路』は、当時小林秀雄などによって恋愛小説という批評を受けた。 しかしこの小説を単に「恋愛小説」と括ってしまうのは、あまりに勿体無い。 実際、志 …

遠藤周作『友を偲ぶ』、三島由紀夫の「政治の芸術家」からICANのノーベル賞受賞と現代政治を考える。

核関連のノーベル平和賞 核関連のノーベル平和賞は1962年のアメリカのライナス・ポーリングから始まり、これまでに多くの受賞歴がある。 今回のICANを含め、その殆どが理念や訴えを評価されての受賞だが、 …

又吉直樹『劇場』評価と売れ行き好調で早くも増刷。サイン会も大盛況!モチーフになった『東京百景』。

又吉直樹『劇場』 『火花』で芥川賞を受賞してから又吉直樹の勢いがとまらない。 二作目の『劇場』は、早くもAmazonでベストセラーとなっている。 『火花』からの文学性はそのままに、 「芸人」ではない人 …

今話題沸騰のおすすめコーヒーメーカー「ネオトレビエ」(上島珈琲/UCC)のレビュー。オススメ理由と使い方。

ネオトレビエとは? ネオトレビエ (BS200) ボルドーレッド 1台 posted with カエレバ UCC(上島珈琲) 売り上げランキング : 234194 Amazon 楽天市場   …

催眠療法(ヒプノセラピー)とは? 歴とした療法の一つ。これで医者要らず。オススメ本『あなたにもできるヒプノセラピー―催眠療法』を紹介。

ヒプノセラピー(催眠療法)とは? 催眠療法(ヒプノセラピー)とは、 催眠を用いる精神療法の一種。 1955年に英国医師会が、 1958年に米国医師会が、有効な治療法として認めている。 実は、歴史のある …