オススメ品 小説 文学 映画

【小説原作のオススメ映画】古典から最新映画まで

投稿日:




小説原作の映画

小説が原作の映画というのは数多くあるが、

「本好き」の方にとっては、原作の方がいい!!!!

と断言したくなるようなものも多い。

しかし、原作と同じくらい素敵な映画もたくさんある。

今回は、私の偏見と独断で、小説原作のオススメ映画を紹介する。

『麻雀放浪記』原作者:阿佐田哲也

ロードムービーとして秀逸。逃避行こそ青春だ!

 

『けものがれ、俺らの猿と』原作者:町田康

内容紹介

Dragon Ash、スガシカオ等のミュージッククリップを手掛ける新鋭・須永秀明の初監督作に、永瀬正敏ほか豪華個性派キャスト&スタッフが集結!
芥川賞作家・町田康の小説を元にした新感覚映画を誕生させた!
売れない脚本家が次回作の調査旅行で、次々と奇妙なトラブルに巻き込まれいく・・・。

町田康の小説を映画にしたらどうなるのかずっと気になっていた。そしてこれを見た時に、思わず、拍手してしまいたくなった。町田康の世界を映像で確かに描いている。

『オン・ザ・ロード』原作者:ケルアック

内容紹介

ジャック・ケルアックの伝説的小説「路上/オン・ザ・ロード」完全映画化!
ウォルター・サレス監督との運命の出会い―巨匠コッポラ約30年の悲願が実現! !
多くの映画人にも影響を与えた不滅の名作がついに映画化!

原作の大ファンです。そしてこの映画。この時代に生まれてみたかったと思っている私にとって、気持ちのよい映画体験でした。

 

『沈黙』原作者:遠藤周作

絶賛公開中の『沈黙』。日本人必見の映画。この歴史をどうとらえるか、考えさせられながら鑑賞しました。そして必ず原作を読み返したくなります。






-オススメ品, 小説, 文学, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

会社に絶望しているならこれを読め!寺本隆裕「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」

会社に絶望していませんか? 私の答えは、「していました」。 ・増えない給料… ・深夜の残業… ・仕事のできないダメ上司… そんな会社に絶望したある会社員。 その会社員が「1本のペン」を使って、 会社を …

中原中也はイケメンか 大岡昇平『中原中也』

  中原中也と聞くと、 どのような姿を思い浮かべますか。 暗いハットの下に光を帯びたモノメニアックな目。 スーツ姿で寝癖の付いた髪。 幼年時代の尖った耳。 おそらくこの3つのうちどれかであろ …

詩って何だろう? おすすめ詩の入門書・茨木のり子『詩のこころを読む』 (岩波ジュニア新書)

詩ってなに? 文学好きなら、詩の魅力にはまり込んだ経験があるだろう。 しかし、「良い詩」というものにはなかなか出会えない。 そもそも良い詩と悪い詩の区別が難しい。 詩の魅力は理解しようとすればするほど …

『こころの処方箋』河合隼雄の著作、名言から、生きる秘策を学ぶ。

河合隼雄『こころの処方箋』 河合隼雄とは? ●1928年、兵庫県生まれ。 ●京都大学数学科卒業後、スイスの「ユング研究所」に留学。 ●京大名誉教授。 ●「国際日本文化研究センター」所長。 ●日本におけ …

C-Tec(シーテック)をPloomTECH(プルームテック)愛用者にオススメしたい理由。まずはスターターキットを買おう。

C-Tec(シーテック) C-Tecは、ニコチン・タール0の電子タバコです。 さらには、ビタミンが摂取できます。 見た目は、プルームテックと変わらず、 構造も殆ど同じ。 なんと、バッテリーはプルームテ …