オススメ品 小説 文学 音楽

【書評】芦原すなお『青春デンデケデケデケ』直木賞受賞作。村上春樹との関係。音楽と青春。

投稿日:2017年4月22日 更新日:




芦原すなおとは?

芦原 すなお(あしはら すなお、1949年9月13日 – )は、日本の作家。本名 蔦原 直昭(つたはら なおあき)。香川県観音寺市出身。香川県立観音寺第一高等学校、早稲田大学第一文学部独文科卒業。

芦原すなおと村上春樹の関係

早稲田大学大学院博士課程中退後、帝京短期大学講師を務める傍ら執筆活動を行う。1979年(昭和54年)、大学時代同じクラスだった村上春樹が『風の歌を聴け』で「群像新人文学賞」をとったという記事を新聞で読み、同作品に大きな衝撃を受ける。そして漠然と小説を書きたいとの思いから本腰を入れて書き始める転機となる。

『青春デンデケデケデケ』

●受賞歴●
第105回(平成3年度上半期) 直木賞受賞
第27回(1990年) 文藝賞受賞
●内容(「BOOK」データベースより)●
1965年の春休み、ラジオから流れるベンチャーズのギターがぼくを変えた。“やーっぱりロックでなけらいかん”―。四国の田舎町の高校生たちがくりひろげる抱腹絶倒、元気印の、ロックと友情と恋の物語。青春バンド小説決定版。

1960年代の少年がロックに出会い、恋をし、求めていく姿が描かれている。

初めの出会いはベンチャーズの『パイプライン』。題にもあるように、デンデケデケデケと鳴るエレキギターを聞いた瞬間からバンドを経て大人になっていくまで。

1960年代を知らない世代にも、誰もが感じたことのある青春のあれこれが書かれていて懐かしく愛おしい小説。

「バンド小説」というと色々なものが思い浮かぶが、流石は直木賞受賞作なだけあり、マイベストバンド小説である。

音楽

小説のなかには、様々な楽曲が顔を出す。

ベンチャーズ

 

ビートルズ

 

ローリングストーンズ

方言

この小説にはその舞台である香川県観音寺地方の方言が使われている。

方言を使った小説は数知れないが、達筆すべきは、カッコ書きで標準語が書かれていることだ。

方言をなんとなく読んでいくのではなく、その土地の空気とともに正しく理解しながら読み進めることができる。

まとめ

この小説は、時代背景や舞台からして芦原すなおの自伝的小説であるが、芦原自身は、主人公のようにバンドで演奏していたわけではなく、照明係をしていたとのこと。

だからこそロックやバンドに対する憧れが濃く浮かび上がっているのかも知れない。







-オススメ品, 小説, 文学, 音楽
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

文学理論とは? 筒井康隆『文学部唯野教授』から文学理論を学べ!これで文学の歴史と理論がスッキリ分かる。関連書籍も紹介します。

筒井康隆 筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 – )は、 日本の小説家・劇作家・俳優である。 小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。 パロディやス …

コミュ力の向上、コミュ障の改善は平田オリザ『対話のレッスン』から学べ!これで対人関係の悩みは解消される!

平田オリザとは? 平田 オリザ(ひらた オリザ、男性、1962年11月8日 – )は日本の劇作家、演出家。 劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人。 代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三 …

立川流は文筆家。家元・談志から弟子まで、オススメ本を紹介。

立川流家元・立川談志 落語を「人間の業の肯定」と定義し、 若くして現代落語論を上梓。 現代落語の第一人者であった立川談志は、 文筆家としても知られている。 また、家元だけでなく、立川流は、 本を多く出 …

中野信子『脳内麻薬』から自分の「気持ちよさ」をコントロールする技術を学ぶ。ドーパミンとの付き合い方。

中野信子とは? なかの のぶこ(1975年 – )は日本の脳科学者(医学博士)・評論家。 東京都出身。東日本国際大学特任教授。 最近では、テレビ出演でも有名。 『脳内麻薬』幻冬舎新書 脳内 …

町田康・最新小説『湖畔の愛』発売。町田康と筒井康隆とスラップスティック。

町田康の新作小説『湖畔の愛』   湖畔の愛 posted with ヨメレバ 町田 康 新潮社 2018-03-22 Amazon Kindle 楽天ブックス 内容紹介 ようこそ、九界湖ホテ …