ニュース 小説 文学

又吉直樹2作目『劇場』発表!芥川賞『火花』に続く「又吉効果」で、今、文芸誌がアツイ! 

投稿日:2017年3月20日 更新日:

芸人ピース又吉直樹氏の『火花』が文學界に掲載され、

増刷を2度繰り返したことで、

累計部数が同誌史上最高の4万部に達した。




当初部数は1万部。

発売からわずか2日で4倍の部数に達したことになる。

純文学やそれに関する話題を扱う同誌の増刷は、

1933年の創刊以来初めてのこと!

この「事件」を契機として、

今、文芸誌がアツイんです!

2017年3月号では、

又吉氏が「当事者だけが知る芥川賞の真実」と題されたページで、

小説執筆の苦悩を告白されています。





 

日本には、

5大文芸誌と呼ばれるものがあります。

 

文藝春秋の「文學界」

講談社の「群像」

出書房新社の「文藝」

集英社の「すばる」

新潮社の「新潮」

 


 

そんな今アツイ文芸誌のなかでも

最近、特におススメしたいのがコレ!

 

『群像2016年10月号』

70周年記念特大号

永久保存版「群像短編名作選」

 

掲載作家は、なんと、、、

三島由紀夫、太宰治、原民喜、安岡章太郎、庄野潤三、室生犀星、島尾敏雄、深沢七郎、藤枝静男、小島信夫、大江健三郎、後藤明生、津島佑子、色川武大、山田詠美、多和田葉子、笙野頼子、保坂和志、角田光代、堀江敏幸、町田康、本谷有希子、川上未映子、筒井康隆、津村記久子、藤野可織、川上弘美

なんたる豪華な顔ぶれだろうか、、、。


 

又吉直樹『火花』における、文芸誌ブーム。

この火付け役となった彼の、

二作目

売れない劇作家が主人公の恋愛小説

『劇場』

新潮4月号に掲載されています。

執筆期間は2年以上。

あれ・・・?

そうです。

『火花』より前に着想された小説なのです。

今なら新潮社のホームページで、

冒頭部分の「立ち読み」が可能です。

既に、かなりの売れ行きだとか。

今、文芸誌から目が離せません。







-ニュース, 小説, 文学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

立川流は文筆家。家元・談志から弟子まで、オススメ本を紹介。

立川流家元・立川談志 落語を「人間の業の肯定」と定義し、 若くして現代落語論を上梓。 現代落語の第一人者であった立川談志は、 文筆家としても知られている。 また、家元だけでなく、立川流は、 本を多く出 …

アメトーーク!読書芸人で紹介された本たち②

『応仁の乱』呉座勇一 応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) posted with ヨメレバ 呉座 勇一 中央公論新社 2016-10-19 売り上げランキング : 17 Am …

【書評】山下澄人『鳥の会議』解説 町田康。山下澄人の小説から学ぶこと。

  山下澄人『鳥の会議』   この本が単行本として出た時から、 町田康が絶賛したという話を耳にしていた。 それを聞いて読まずにはいられなかった。 読んでみてまず、 語り手の表現(視 …

直木賞の「直木」とは?芥川龍之介に比べて軽視されている大衆文学の代表作家。その人生に迫る。

芥川賞と直木賞 誰もが知る二大文学賞の 芥川賞と直木賞。 芥川賞は芥川龍之介。 では、直木賞は? 文学好きなら知っていると思うが、 意外と知られていない。 直木賞の正式名称は、 「直木三十五賞」 そう …

私小説をなめてはいかん。劇的におもしろいオススメ私小説を紹介!

私小説とは? 私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、 日本の近代小説に見られた作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説。 心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別され …