「本ブログ」Bun-log

本を “読む、書く、考える” 。

ニュース 小説 文学

又吉直樹2作目『劇場』発表!芥川賞『火花』に続く「又吉効果」で、今、文芸誌がアツイ! 

投稿日:2017年3月20日 更新日:

芸人ピース又吉直樹氏の『火花』が文學界に掲載され、

増刷を2度繰り返したことで、

累計部数が同誌史上最高の4万部に達した。




当初部数は1万部。

発売からわずか2日で4倍の部数に達したことになる。

純文学やそれに関する話題を扱う同誌の増刷は、

1933年の創刊以来初めてのこと!

この「事件」を契機として、

今、文芸誌がアツイんです!

2017年3月号では、

又吉氏が「当事者だけが知る芥川賞の真実」と題されたページで、

小説執筆の苦悩を告白されています。





 

日本には、

5大文芸誌と呼ばれるものがあります。

 

文藝春秋の「文學界」

講談社の「群像」

出書房新社の「文藝」

集英社の「すばる」

新潮社の「新潮」

 


 

そんな今アツイ文芸誌のなかでも

最近、特におススメしたいのがコレ!

 

『群像2016年10月号』

70周年記念特大号

永久保存版「群像短編名作選」

 

掲載作家は、なんと、、、

三島由紀夫、太宰治、原民喜、安岡章太郎、庄野潤三、室生犀星、島尾敏雄、深沢七郎、藤枝静男、小島信夫、大江健三郎、後藤明生、津島佑子、色川武大、山田詠美、多和田葉子、笙野頼子、保坂和志、角田光代、堀江敏幸、町田康、本谷有希子、川上未映子、筒井康隆、津村記久子、藤野可織、川上弘美

なんたる豪華な顔ぶれだろうか、、、。


 

又吉直樹『火花』における、文芸誌ブーム。

この火付け役となった彼の、

二作目

売れない劇作家が主人公の恋愛小説

『劇場』

新潮4月号に掲載されています。

執筆期間は2年以上。

あれ・・・?

そうです。

『火花』より前に着想された小説なのです。

今なら新潮社のホームページで、

冒頭部分の「立ち読み」が可能です。

既に、かなりの売れ行きだとか。

今、文芸誌から目が離せません。







-ニュース, 小説, 文学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【追悼】クマのパディントンで世界中に愛された作家、マイケル・ボンド死去。おすすめ書籍、映画「パディントン」を紹介。

マイケル・ボンドとは? ボンド,マイケル 1926年、英国ニューベリー生まれ。 1943年、英国空軍に航空士として入隊。その後陸軍に移り、中東へ行く。そこで軍務に携わりながら作品を書き始め、1945年 …

演劇と小説 劇作家兼小説家の強みとは?(井上ひさし、山下澄人、前田司郎、本谷有希子・・・)

戯曲と小説 むかしから戯曲を書く人の小説は、ある一定の強みを持っている。 劇作家でありながら小説家である人物はたくさんいる。 戦後日本文学に遡れば、三島由紀夫の名が思い浮かぶ。 『仮面の告白』『豊饒の …

読書のBGM。本と相性の良い音楽たち。民族音楽、ジャズ、ロック。夢野久作、筒井康隆、絲山秋子、他。

本と音楽 読書の際に、音楽を聴く。 本の世界を邪魔しないもの、 逆に、本の世界に導いてくれるもの。 本と音楽には相性がある。 何で音楽を聴くか   音楽を紹介する前に、 音楽を聴くアイテムと …

新入社員必見 新生活で困った方へ、応援グッズ。必読の本。

スーツが眩しい季節 三月も終わり、花見の季節。 街中にはまだ身体に馴染んでいないスーツの男女を見かける。 新入社員だ。 私も昔、新入社員として、東京から大阪に異動になった。 ドキドキとウキウキがない交 …

梨木香歩『西の魔女が死んだ』感想・書評。映画化もされた児童文学の名作。

梨木香歩とは? 梨木 香歩(なしき かほ、1959年 – ) 日本の児童文学作家、絵本作家、小説家。 鹿児島県出身。同志社大学卒業。 イギリスに留学し、児童文学者のベティ・モーガン・ボーエ …