ニュース 小説 文学 知識

今なら一冊10円! ブックオフで30円で本を買う方法 『米原万里ベストエッセイⅠ』

投稿日:2017年3月11日 更新日:





中野坂上にあるブックオフに行ってきました。

3/20に閉店してしまうようで、、、
残念なのですが、
今なら何と、本全品70%OFFで買うことができます!
108円の本なら、約30円。
今がチャンスです。
ってことで、大量の本を買い込んできました。

例えば、この本。
米原万里『ベストエッセイ』
米原万里といえば、
ロシア語の通訳さんとしても活躍されておりました。
その後作家に転身した訳ですが、
この本は、通訳時代の政治の堕落を、
独特のユーモアと毒舌で一刀両断しています。
痛快な珠玉のエッセイ。
小説『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』
も有名ですが、
エッセイならこの本から読むことをオススメします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]米原万里ベストエッセイ(1) [ 米原万里 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/3/7時点)

〈追記〉

また、中野坂上のブックオフに行ってみました。

なんとそこには【90%】OFFの張り紙が、、、

こんなチャンス他にありません!!







-ニュース, 小説, 文学, 知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

芥川賞・又吉に次ぐ文豪芸人は、オードリー若林? 彼の文章の魅力に迫りながらオススメ本を紹介。

芸人と文章 芸人で文章を書いている人。 そういわれてまず思いつくのが、 『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹さんであろう。 内容(「BOOK」データベースより) 売れない芸人の徳永は、天才肌の先輩芸人・ …

遠藤周作は『沈黙』だけではもったいない。小説だけではなく、エッセイにこそ彼の魅力が詰まっている。

遠藤周作とは? 遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)。 日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 代表作は、 …

又吉直樹『劇場』評価と売れ行き好調で早くも増刷。サイン会も大盛況!モチーフになった『東京百景』。

又吉直樹『劇場』 『火花』で芥川賞を受賞してから又吉直樹の勢いがとまらない。 二作目の『劇場』は、早くもAmazonでベストセラーとなっている。 『火花』からの文学性はそのままに、 「芸人」ではない人 …

真実後政治とは? 日本人の性格 vs マスメディアの嘘

現代人とマスメディア 現代人は政治の嘘に寛容になりすぎた。虚偽が検証されぬまま批判もされず、後に、誇張や言い間違いだと弁明すれば、許容される。虚偽が罷り通る「真実後政治」が世界に広がっているのだ。海外 …

立川談春『赤めだか』ドラマ挿入歌と立川談志の名言

立川談春とは? 1966年、東京都生まれ。 1984年、17歳で立川談志に入門。 1988年、二ツ目昇進。 1997年、真打昇進。 2008年、『赤めだか』で講談社エッセイ賞受賞。 近年、『ルーズヴェ …