オススメ品 小説 文学

新しくなったFire HD 8を買ってみた。ダウンロードすべきアプリを紹介。実は小説執筆もできちゃいます。

投稿日:2018年10月7日 更新日:










Fire HD 8が新しくなった

iPadよりも圧倒的にコスパがよく、

Amazon中毒の私にとって、これ以上ないタブレット端末。

Amazonプライム会員なら、

いくつもの書籍が無料で楽しむことができる。

会員制のKindle Unlimitedなら、読書可能な本は無限大だ。

最近では、マンガの人気も高まっているらしい。

 

人気の「まんがで読破」シリーズ

最近ランキングの上位にいつも表示されているのが、このシリーズ。

文学をまんがで簡単に楽しめることができる。

「時短」重視の現代とマッチした「まんが」なのであろう。

 

プライムビデオも忘れずに!

Kindleでなく、FireHDを選ぶ人の多くは、

プライムビデオ鑑賞が目的であろう。

TVCMなどでも知られているため、詳しく述べる必要はないと思うが、

プライム会員なら映画やドラマ、アニメなどが見放題になるサービスだ。

Wi-Fi環境でダウンロードしておけば、

ネット環境のない場所でも楽しむことができる。

そして、この端末の良さは、「音」にある。

左右に内蔵されたスピーカーから出る音は、タブレットのなかでも随一の音質だ。




 

アプリのダウンロードで可能性は無限大!オススメアプリ!!

ビジネスでも活躍間違いなし!「WPS」

WordやExcelに同等する機能を有した優良アプリ。

アマゾンのレビューも☆4つと人気だ。

 

小説執筆にはこれ!「JotterPad – 脚本や小説を執筆しよう」

 

画面のキーボードでもストレスフリーで入力ができ、

無駄が一切ないシンプルなアプリだ。










-オススメ品, 小説, 文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポールオースター ニューヨーク3部作! 翻訳家柴田元幸 現代世界文学のおすすめ

ポールオースターとは? オースター,ポール 1947年生まれ。 コロンビア大学卒業後、数年間各国を放浪する。70年代は主として詩や評論、翻訳に創作意欲を注ぎ、’85年から’86年にかけて、『ガラスの街 …

2017年ベスト小説⁉︎ 坂口恭平『けものになること』 まるで音楽。読む麻薬。

建築家、作家、絵描き、踊り手、歌い手・・・ 様々な肩書を持ち、 現代日本で最も異彩を放つ男。 坂口恭平。 彼ほどまでに自分らしい生き方を模索し、 実行している人はいるだろうか。 その実行力は学生時代か …

今なら一冊10円! ブックオフで30円で本を買う方法 『米原万里ベストエッセイⅠ』

中野坂上にあるブックオフに行ってきました。 3/20に閉店してしまうようで、、、 残念なのですが、 今なら何と、本全品70%OFFで買うことができます! 108円の本なら、約30円。 今がチャンスです …

ショートショート小説『首』

『首』 空に穴が開いている。彼はそれを月だと言う。僕はそれを信じない。信じられない。 「あれは月なんかじゃない」 僕は三度目となる同じ言葉を彼に浴びせた。 「じゃあ何だっていうんだよ」 彼は溜息をつい …

太宰治『小説の面白さ』〜「面白くない」と言うことで面白くなる太宰の魅力 〜

太宰治は常におどけている。 彼の『小説の面白さ』という文章を 読めば、彼が何故おどけ続けたのか、 わかるような気がする。 「小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変え …