オススメ品 ニュース 映画

映画『パンク侍、斬られて候』公開!原作・町田康、脚本・宮藤官九郎

投稿日:





町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代、ある晴天の日、街道沿いの茶店に腰かけていた浪人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずば、と切り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われたその浪人・掛十之進は、かの老人が「腹ふり党」の一員であり、この土地に恐るべき災厄をもたらすに違いないから事前にそれを防止した、と言うのだった…。圧倒的な才能で描かれる諧謔と風刺に満ちた傑作時代小説。

 

現代の日本文学界に欠かせない人物の一人・町田康。

独特の語り口と文体、リズムで知られる彼が書いた時代小説。

時代小説といっても、現代風な言葉が溢れ、ギャグが散りばめらられ、

町田文学のなかでも意欲的で、いまなお中毒性の高い作品だ。





鬼才・石井岳龍監督により映画化

そんな、『パンク侍、斬られて候』が映画化される。

監督は、

石井岳龍。

過去に町田康が町田町蔵を名乗っていたころ出演した伝説的映画、

『爆裂都市 BURST CITY』

 

でもメガホンを取った日本映画界の鬼才だ。

 

脚本には、宮藤官九郎

脚本を務めるのは、『あまちゃん』などで全国的に有名な宮藤官九郎。

町田康の世界感を、会話の掛け合いが得意なクドカンはどう表現するのか。

この最強二人の初タッグは見逃せない。

宮藤官九郎は、町田康・石井監督のファンであるらしく、

こうコメントをしている。

「真面目に生きていれば良いことがあるもんです。憧れの石井組の一員になれました。しかも町田康さんの『パンク侍、斬られて候』」と喜びを露わに。「これはもう、長年秘かに夢想し続けていた『爆裂都市2』への布石になるのでは? と勝手に興奮しましたが、脚本を書き、現場へお邪魔し、ラッシュを拝見して、これが『爆裂都市2』でも良いかもしんない、とすら思いました。時代劇ですが。それくらい監督の采配も、それに応えるキャストも振り切れていて素晴らしい」といい、「もし中3か高1でこの映画に出合ってたら人生狂わされていたに違いない。そんな“映画の暴動”です!」

 

更に!豪華なスタッフの面々

その他映画関係スタッフにも注目が集まっている。

「シン・ゴジラ」の尾上克郎(特撮監督)&林田裕至(美術)、

「るろうに剣心」「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の澤田石和寛(キャラ・衣装デザイン)など。

日本映画が本気を出した。そんな作品になる予感がする。

 

気になる公開日は、6月30日

 

観に行くしかない。










-オススメ品, ニュース, 映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「本音と建前について」現代の本音はどこにあるのか?トランプ大統領誕生の過程から読み解く。

本音はどこいった? 国民の本音はどこにあるのか。世論調査で次第にトランプ氏が優勢だと知って本当に驚いたのは誰だろうか。全米100紙の内、2紙のみがトランプ氏を支持し、それ以外の大半がヒラリー氏を支持し …

現実と非現実をどちらも現実にする小説家・村田沙耶香の魅力。『コンビニ人間』と『消滅世界』に描かれる現実。

村田沙耶香 1979年生まれの小説家、エッセイスト。 しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫) posted with ヨメレバ 村田沙耶香 朝日新聞出版 2015-07-07 Amazon Ki …

猫と文学 作家に猫好きが多い理由。猫が出てくるおすすめ本

作家に猫好きが多い理由 猫と文学の関係は、古くから濃厚だ。 心理学に「類似性の法則」というものがある。 自分と似たものを好きになるという法則だ。 作家は、ひきこもり他者を必要としない。 或いは、それを …

遠藤周作は『沈黙』だけではもったいない。小説だけではなく、エッセイにこそ彼の魅力が詰まっている。

遠藤周作とは? 遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)。 日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 代表作は、 …

2017年ノーベル文学賞をカズオ・イシグロ氏が受賞。『日の名残り』などオススメ小説を紹介。

ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏! 今年のノーベル文学賞に、 日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏が選ばれた。 村上春樹がノミネートされたり、 近年ではボブディランが受賞するなどして、 話題となった文 …