オススメ品 ニュース 映画

映画『パンク侍、斬られて候』公開!原作・町田康、脚本・宮藤官九郎

投稿日:





町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代、ある晴天の日、街道沿いの茶店に腰かけていた浪人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずば、と切り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われたその浪人・掛十之進は、かの老人が「腹ふり党」の一員であり、この土地に恐るべき災厄をもたらすに違いないから事前にそれを防止した、と言うのだった…。圧倒的な才能で描かれる諧謔と風刺に満ちた傑作時代小説。

 

現代の日本文学界に欠かせない人物の一人・町田康。

独特の語り口と文体、リズムで知られる彼が書いた時代小説。

時代小説といっても、現代風な言葉が溢れ、ギャグが散りばめらられ、

町田文学のなかでも意欲的で、いまなお中毒性の高い作品だ。





鬼才・石井岳龍監督により映画化

そんな、『パンク侍、斬られて候』が映画化される。

監督は、

石井岳龍。

過去に町田康が町田町蔵を名乗っていたころ出演した伝説的映画、

『爆裂都市 BURST CITY』

 

でもメガホンを取った日本映画界の鬼才だ。

 

脚本には、宮藤官九郎

脚本を務めるのは、『あまちゃん』などで全国的に有名な宮藤官九郎。

町田康の世界感を、会話の掛け合いが得意なクドカンはどう表現するのか。

この最強二人の初タッグは見逃せない。

宮藤官九郎は、町田康・石井監督のファンであるらしく、

こうコメントをしている。

「真面目に生きていれば良いことがあるもんです。憧れの石井組の一員になれました。しかも町田康さんの『パンク侍、斬られて候』」と喜びを露わに。「これはもう、長年秘かに夢想し続けていた『爆裂都市2』への布石になるのでは? と勝手に興奮しましたが、脚本を書き、現場へお邪魔し、ラッシュを拝見して、これが『爆裂都市2』でも良いかもしんない、とすら思いました。時代劇ですが。それくらい監督の采配も、それに応えるキャストも振り切れていて素晴らしい」といい、「もし中3か高1でこの映画に出合ってたら人生狂わされていたに違いない。そんな“映画の暴動”です!」

 

更に!豪華なスタッフの面々

その他映画関係スタッフにも注目が集まっている。

「シン・ゴジラ」の尾上克郎(特撮監督)&林田裕至(美術)、

「るろうに剣心」「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の澤田石和寛(キャラ・衣装デザイン)など。

日本映画が本気を出した。そんな作品になる予感がする。

 

気になる公開日は、6月30日

 

観に行くしかない。










-オススメ品, ニュース, 映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【小説家志望者必見】ワセダ大学小説教室が1,500円ほどで受講可能? 芥川賞作家・三田誠広の講義を格安で受講する方法。

三田誠広とは? 日本の小説家。大阪府出身 日本文藝家協会副理事長。 歴史時代作家クラブ会員。 早稲田大学客員教授を経て、武蔵野大学教授。 『僕って何』で第77回(昭和52年度上半期)芥川賞を受賞。 内 …

石井裕也監督の新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』のレビュー。最果タヒの詩の世界が映画化された奇跡を見逃すな!高橋源一郎が寄せたコメントとは?

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 今、文学界にも映画界にも激震が走っている。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が公開されたからだ。 主演は、池松壮亮と石橋静河。 『映画 夜空はいつでも …

遠藤周作は『沈黙』だけではもったいない。小説だけではなく、エッセイにこそ彼の魅力が詰まっている。

遠藤周作とは? 遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)。 日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 代表作は、 …

コーヒー好きにオススメの本『珈琲の世界史』を紹介

珈琲と本   偏見でしょうか?   本好きには コーヒー好きが多いように思います。   そういえば、 コーヒーや喫茶店を題材にした 小説もたくさんありますね。 &nbsp …

コンビニコーヒーにはマイタンブラーを持参して満足度up! その方法とオススメなタンブラーを紹介。

コンビニコーヒー コンビニで手軽に美味しいコーヒーを飲める時代。 その味はコーヒーのプロも認めています。 例えば、 こんな本すら出ているのをご存知ですか。 『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味 …