オススメ品 文学

Amazonプライムビデオ人気ランキング。まずは無料体験からスタートしよう。

投稿日:2017年12月15日 更新日:




プライムビデオの強み

Amazonプライム会員限定の動画コンテンツが見放題のサービス。

プライム会員の会費は、

年額3900円もしくは月額400円!

月額400円は、TSUTAYAでDVD一つ借りるのと変わらない値段だ。

重要なコンテンツはというと、

Amazonオリジナル作品、人気映画、ドラマ、アニメ・・・。

常に更新されるので飽きがきたり、観終わるということはない。

またスマホでも視聴可能で、

Wi-Fiのある場所でサクッとダウンロードしておけば、

通勤通学の電車内などでも、ストレスなしでサクサク楽しむことができる。

今回は、そんな魅力たっぷりのプライムビデオの

人気作品ランキングを紹介する。

(2017年総合ランキング)

と、その前に、朗報!

年額または月額の会費がかかると書いたが、

実は、プライムビデオは30日間の無料体験ができる。

百聞は一見にしかず。

観てみたいという作品を見つけたら、

まずは無料体験から始めてみるといいだろう。

 

1位「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」

2位「M-1グランプリ」

 

2017年は念願でラストチャンスの決勝戦を制した

とろサーモンが優勝し話題となった。

過去のM-1を思う存分楽しめる。

3位「戦闘車」

 

浜田軍とジュニア軍に分かれて、

車を使った派手なバトルを繰り広げる。

テレビではできない。ネット番組ならではの作品。

4位「ペット(吹替版)」

 

飼い主が出かけているとき、ペットたちは何をしているのか?

動物好きはもちろん。大人から子どもまで楽しめる作品。

ちなみに映画が公開されたのは2016年。

公開後すぐさま追加されるのもプライムビデオの魅力だ。

5位・6位「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」

 

別シーズンのドキュメンタルが5位・6位に

連続ランクイン。この作品の人気が窺える。

シーズンによって、面白味が違うので見比べてみるのもおすすめだ。

7位『ドラえもん』

 

言わずと知れたアニメ作品が7位に。

プライムビデオは、子ども向け作品も多くある。

子どもに観てもらっている合間に、

家事や一息。

お子様をもつ親にとっても人気の理由がここにある。

8位『孤独のグルメ』

 

コミック原作だが、松重豊の魅力にあふれた作品。

ただ食べているだけなのに、どうしてこうも面白いのか。

観始めると止まらなくなる。

9位「勇者ヨシヒコと魔王の城」

 

ドラクエのパクリ!?

と言われつつ、ドラクエファンを魅了し続けている作品。

10位「今田×東野のカリギュラ」

 

どうしても紹介したいこの作品。

特に「東野○○を狩る」シリーズは、

生命や食について考えさせられる傑作。

その他テレビでは絶対にできない企画を何作も生み続けている

必見のアマゾンオリジナル番組。

まとめ

10位まで見てもらえばわかるように、

バラエティやアニメ、映画まで様々なコンテンツが、

いい意味で差がなく楽しまれている。

またオリジナル番組の人気の高さから、

アマゾンがいかにアマゾンビデオに力を入れているかがわかるだろう。

 

まずは、気になった作品から無料体験してみるのをおすすめします。








-オススメ品, 文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【おすすめ読書スポット】 新宿ゴールデン街・日本一敷居の低い文壇バー「月に吠える」

新宿ゴールデン街とは? 東京都新宿区に所在する飲食店街。およそ2000坪ほどの狭い区画に低層の木造長屋が連なっており、200軒以上の小さな飲食店が密集している。個性豊かな店が多く、常連客として作家、編 …

今まさに、堀江貴文(ホリエモン)の『多動力』を今読むべき理由。

堀江貴文『多動力』 多動力 (NewsPicks Book) posted with ヨメレバ 堀江 貴文 幻冬舎 2017-05-27 Amazon Kindle 楽天ブックス   内容紹 …

本屋大賞受賞!辻村深月『かがみの孤城』 レビュー。同作家によるオススメ小説も紹介。

本屋大賞2018 「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2018年本屋大賞」 の発表会が、4月10日(火)明治記念館にて行われた。 投票数は、 一次投票には全国の504書店より書店員665人、 …

太宰治『小説の面白さ』〜「面白くない」と言うことで面白くなる太宰の魅力 〜

太宰治は常におどけている。 彼の『小説の面白さ』という文章を 読めば、彼が何故おどけ続けたのか、 わかるような気がする。 「小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変え …

【おすすめ哲学書】デカルト『方法序説』の「我思う、ゆえに我あり」についてとは何か?

哲学書って難しい? 哲学書や哲学史は難しいイメージがあった。 しかし哲学を知ることは、こころをおおらかにしてくれる。 「忙しくて時間がない」と言われている現代人。 読書でさえも「速読」がスキルとされる …