オススメ品 文学

Amazonプライムビデオ人気ランキング。まずは無料体験からスタートしよう。

投稿日:2017年12月15日 更新日:




プライムビデオの強み

Amazonプライム会員限定の動画コンテンツが見放題のサービス。

プライム会員の会費は、

年額3900円もしくは月額400円!

月額400円は、TSUTAYAでDVD一つ借りるのと変わらない値段だ。

重要なコンテンツはというと、

Amazonオリジナル作品、人気映画、ドラマ、アニメ・・・。

常に更新されるので飽きがきたり、観終わるということはない。

またスマホでも視聴可能で、

Wi-Fiのある場所でサクッとダウンロードしておけば、

通勤通学の電車内などでも、ストレスなしでサクサク楽しむことができる。

今回は、そんな魅力たっぷりのプライムビデオの

人気作品ランキングを紹介する。

(2017年総合ランキング)

と、その前に、朗報!

年額または月額の会費がかかると書いたが、

実は、プライムビデオは30日間の無料体験ができる。

百聞は一見にしかず。

観てみたいという作品を見つけたら、

まずは無料体験から始めてみるといいだろう。

 

1位「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」

2位「M-1グランプリ」

 

2017年は念願でラストチャンスの決勝戦を制した

とろサーモンが優勝し話題となった。

過去のM-1を思う存分楽しめる。

3位「戦闘車」

 

浜田軍とジュニア軍に分かれて、

車を使った派手なバトルを繰り広げる。

テレビではできない。ネット番組ならではの作品。

4位「ペット(吹替版)」

 

飼い主が出かけているとき、ペットたちは何をしているのか?

動物好きはもちろん。大人から子どもまで楽しめる作品。

ちなみに映画が公開されたのは2016年。

公開後すぐさま追加されるのもプライムビデオの魅力だ。

5位・6位「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」

 

別シーズンのドキュメンタルが5位・6位に

連続ランクイン。この作品の人気が窺える。

シーズンによって、面白味が違うので見比べてみるのもおすすめだ。

7位『ドラえもん』

 

言わずと知れたアニメ作品が7位に。

プライムビデオは、子ども向け作品も多くある。

子どもに観てもらっている合間に、

家事や一息。

お子様をもつ親にとっても人気の理由がここにある。

8位『孤独のグルメ』

 

コミック原作だが、松重豊の魅力にあふれた作品。

ただ食べているだけなのに、どうしてこうも面白いのか。

観始めると止まらなくなる。

9位「勇者ヨシヒコと魔王の城」

 

ドラクエのパクリ!?

と言われつつ、ドラクエファンを魅了し続けている作品。

10位「今田×東野のカリギュラ」

 

どうしても紹介したいこの作品。

特に「東野○○を狩る」シリーズは、

生命や食について考えさせられる傑作。

その他テレビでは絶対にできない企画を何作も生み続けている

必見のアマゾンオリジナル番組。

まとめ

10位まで見てもらえばわかるように、

バラエティやアニメ、映画まで様々なコンテンツが、

いい意味で差がなく楽しまれている。

またオリジナル番組の人気の高さから、

アマゾンがいかにアマゾンビデオに力を入れているかがわかるだろう。

 

まずは、気になった作品から無料体験してみるのをおすすめします。








-オススメ品, 文学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『バカの壁』を超える養老孟司のおススメ本一挙紹介!名越康文との対談本『「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質』出版!!

養老孟司 養老 孟司(ようろう たけし、1937年(昭和12年)11月11日 – ) 日本の解剖学者。 神奈川県鎌倉市出身。 東京大学名誉教授。 『バカの壁』 2003年に出版された『バカ …

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

文章の書き方を何に学ぶか 学ぶは真似る。 名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、 文章力は向上していくだろう。 読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。 中でも一番手取り早く、 文章の …

「僕と共鳴せえへんか?」日本製ロードバイクで神保町の古本屋めぐり 織田作之助『夫婦善哉』

去年の春に、 何故だか無性にロードバイクが欲しくなって、 けど、ロードバイクについて何もわからない。どうしよう。 って時に見つけたのがこれ。 【手組み立てMade in japan】ロードバイク シマ …

ショウペンハウエル『読書について』から本当の「本の読み方」を学ぶ。

『読書について』ショウペンハウエル 読書について 他二篇 (岩波文庫) posted with ヨメレバ ショウペンハウエル 岩波書店 1983-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 表紙に …