文学

超簡単!ギター作曲法(FとBが押さえられれば無限に曲が作れちゃいます)。Fコードの簡単攻略法も紹介!

投稿日:





ギターで作曲

ギターを買ってまずやること。

それは、人の曲のコピーが主流だろう。

コードの載った本を買ってきて、

自分の好きな曲を真似してみる。

そうしてだんだん色んなコードを覚えると、

途端に自分で曲を作ってみたくなる。

ギターを持っている方なら、だれでも経験があるのではないだろうか。

今回は、ギターで作曲する一番簡単で確実な方法を紹介する。

<a href=”https://www.infotop.jp/click.php?aid=350593&iid=63951″>大好きなミュージシャンやアニメに憧れて、ギターを始めた女性のための30日間ギター上達法</a>

用意するのは、FとB

ギター初心者が最初にぶつかる壁。

よく言われることだが、

それは「Fコード」だ。

何が難しいのか。

人差し指一本で、弦6本すべてを押えなくてはいけない。

このようなコードを「バレーコード」と呼ぶ。

バレーコードには様々あるが、

そのなかでも「F」は指の押え方が複雑で、挫折してしまう人が多い。

Fコード攻略法

上に紹介した写真は、

Fコードの一般的な押え方だ。

しかし、Fコードには、他にも押え方がある。

こちらを覚えてしまえば、

あっという間にFを攻略できるだろう。

その押え方がこちら。

ただ、グーで握っているようにしか見えないが、

これできちんとFを押えている。

人差し指ですべての弦を押えるところを、

人差し指で1弦と2弦を、親指で6弦を押えている。

この押え方を覚えてしまえば、Fコードなんて楽ちんに攻略できてしまう。

さて、簡単作曲法を紹介

ギターで作曲というと、

コード進行がどうこうと考える人も多いだろう。

しかし、私の作曲法は、「形」で作曲する。





形とは?

曲を作るときには、キーを決めなければならない。

難しいように思えるが、

ギターの楽なところに、

Fを覚えれば、押えるフレッドを変えるだけで、様々なコードを鳴らせるという利点がある。

例えば今回は、「G」をキーにしよう。

GはFコードの「形」のまま、人差し指の位置を3フレッドに移動すればよい。

ちなみに、ご存じだとは思うが、

5フレッドならA、7フレッドならBだ。

私の作曲で使うコードは、

このFの形で押えた位置を起点に、4つのコードを使うだけで完結する。

①まずは起点コード(今回はG)

見てもらえればわかるが、形はFと同じまま、

人差し指を3フレッドに移動しただけだ。

②1フレッド上にして人差し指以外を一つ下に(B#m)

次がこのコード。

B#mだ。

#mというのは、起点コードから考えると、

1フレッド上げて、中指、薬指、小指をひとつ下の弦を押えた形だ。

(Fコードさえ押さえられれば作曲できるという言葉の意味は、

このコードのように、Fをすこし変えたコードが万能に使えるようになることを指す)

③起点コードのフレッドで「B」の形を押える(C)

次がCだ。

CはBコードの形で人差し指を3フレッドにすればよい。

覚え方としては、「起点コードの位置でBを押える」と考えてもらえればよい。

④ ③を2フレッド下にして(D)

最後のコードはD。

これは③で紹介したCを、形はそのままに、2フレッド下に移動すればよい。

さて、コードは揃った。

以上。たったの4つ。

これで作曲は無限に可能になった。

ためしに、この4つのコードを順番通り弾いていってみてほしい。

・・・どうだろうか。

なにか歌ができそうな予感がしませんか?笑

もちろんこの4つのコードは順番通りに鳴らす必要はない。

あとは自由に組み合わせていくだけで、作曲の幅はどんどん広がっていく。

まとめ

本を紹介するブログのはずが、

ギターについて書いてしまった。

実は音楽活動もしているので、僭越ながら・・・許していただきたい。

たったこれだけで、本当にできるのか?

そう思われる方も多いと思うので、例として自身の歌を載せておきます。

(昔作った曲を誰かがYouTubeにアップしてくれていました。ありがとうございます。)

これは、起点コードが「A」だ。

つまり、Fの形で5フレッドを押えた形。

そこから今回紹介したように移動したコードで構成されている。

ちょっとだけでも役立てたら嬉しい。

もしこの4つのコードで作曲してみた!という方がいたら連絡ください。








-文学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【おすすめ世界文学】カート・ヴォネガット小説5選

カート・ヴォネガットとは? Kurt Vonnegut(1922年11月11日 – 2007年4月11日) アメリカの小説家、エッセイスト、劇作家。 1976年の作品『スラップスティック』 …

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。志賀直哉の文体とは?

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。 志賀直哉『暗夜行路』は、当時小林秀雄などによって恋愛小説という批評を受けた。 しかしこの小説を単に「恋愛小説」と括ってしまうのは、あまりに勿体無い。 実際、志 …

【草津温泉と作家の関係】小説家ゆかりの地

草津温泉にゆかりのある作家 草津温泉の名所「湯畑」に着いた途端、 文豪の名前が目に飛び込んできた。 志賀直哉、田山花袋の他にも、 草津は多くの作家に愛されてきた。 この写真の他にも、 見ているだけでも …

【日本文学版・人生ベスト小説たち】紙の本を全部捨てようかと思った。でも、どうしても捨てられない本があった。その一部を紹介。

紙の本を捨てる 本を捨てるというのは、考えられないことだった。 けれど、kindleを手にしたこと、引っ越しをすること などが重なり今回思い切って、処分した。 処分の方法は、以前記事に書いているように …

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …