オススメ品 小説 文学

私小説をなめてはいかん。劇的におもしろいオススメ私小説を紹介!

投稿日:





私小説とは?

私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、

日本の近代小説に見られた作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説。

心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別されることがある。

日本における自然主義文学は、私小説として展開された。

 

私小説というと、なんだか湿っぽく古臭いというイメージがあるのではないか。

私も今から紹介する小説に出会うまではそうだった。

私小説のおもしろさは、一度ハマってしまうと抜け出せない。

記憶と虚構の相交える最高の世界がそこにはある。

さて、前置きはこの辺にして、



 『赤目四十八滝心中未遂』車谷長吉


 

現代私小説家の第一人者であろう車谷長吉の直木賞受賞作。

私はこの作品で完全に私小説の虜となった。

車谷の文体のかっこよさ。

描かれているのは「どん底」。

これを読まずして現代私小説は語れまい。

『小銭をかぞえる』西村賢太

 

 

西村賢太といえば、芥川賞を受賞し映画化もされた

『苦役列車』が代表作だとされている。

しかし私は、この『小銭をかぞえる』こそをおすすめしたい。

圧倒的なダメ人間が繰り広げる圧倒的なダメさ加減。

そこには不快感を超越したおもしろさがある。

古臭い文体のなかに現代用語を散りばめ、

主人公に対して女性は常に新しい言葉を発することに、

西村賢太の文体のおもしろさがある。

『根津権現裏』藤澤清造

 

内容(「BOOK」データベースより)

根津権現近くの下宿に住まう雑誌記者の私は、恋人も出来ず、長患いの骨髄炎を治す金もない自らの不遇に、恨みを募らす毎日だ。そんな私に届いた同郷の友人岡田徳次郎急死の報。互いの困窮を知る岡田は、念願かない女中との交際を始めたばかりだったのだが―。貧困に自由を奪われる、大正期の上京青年の夢と失墜を描く、短くも凄絶な生涯を送った私小説家の代表作。


 

長い間、文壇から忘れ去られていた藤澤清造。

彼の作品を復活させたのは、西村賢太。

西村氏は貧窮しながらも

藤澤清造の作品を再度世に送り出そうとした。

そして、

これはそんな西村賢太の努力の末に出版された

彼が愛してやまない作家の代表作。

壮絶な人生のなかに、確かに笑いがある。

西村賢太の生みの親のような作品。









-オススメ品, 小説, 文学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

町田康の新作小説『湖畔の愛』が新潮2017年9月号で一挙公開されました。筒井康隆の系譜を継ぐ作家が描くスラップスティック。

町田康の新作小説『湖畔の愛』 2017年9月の表紙に、どどんと書かれた、 町田康『湖畔の愛』(200枚)の文字。 これは、と、買わずにいられなかった人も多いのではないだろうか。 中を開くと、こんな文言 …

文章がうまく書けない悩みに、物書きの必需品『言葉選び実用辞典』

物書きに必要なもの 物を書く上で必要なものは何だろうか。 究極に言えばそれは、紙とペンだけである。 現代で言えば、パソコンがあれば事足りる。 しかしながら、その必要最低限の物だけでは、 自分から出てく …

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。志賀直哉の文体とは?

志賀直哉『暗夜行路』は恋愛小説ではない。 志賀直哉『暗夜行路』は、当時小林秀雄などによって恋愛小説という批評を受けた。 しかしこの小説を単に「恋愛小説」と括ってしまうのは、あまりに勿体無い。 実際、志 …

猫と文学 作家に猫好きが多い理由。猫が出てくるおすすめ本

作家に猫好きが多い理由 猫と文学の関係は、古くから濃厚だ。 心理学に「類似性の法則」というものがある。 自分と似たものを好きになるという法則だ。 作家は、ひきこもり他者を必要としない。 或いは、それを …

新しくなったFire HD 8を買ってみた。ダウンロードすべきアプリを紹介。実は小説執筆もできちゃいます。

Fire HD 8が新しくなった iPadよりも圧倒的にコスパがよく、 Amazon中毒の私にとって、これ以上ないタブレット端末。 Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Ne …