オススメ品 小説 文学

私小説をなめてはいかん。劇的におもしろいオススメ私小説を紹介!

投稿日:





私小説とは?

私小説(ししょうせつ、わたくししょうせつ)は、

日本の近代小説に見られた作者が直接に経験したことがらを素材にして書かれた小説。

心境小説と呼ぶこともあるものの、私小説と心境小説は区別されることがある。

日本における自然主義文学は、私小説として展開された。

 

私小説というと、なんだか湿っぽく古臭いというイメージがあるのではないか。

私も今から紹介する小説に出会うまではそうだった。

私小説のおもしろさは、一度ハマってしまうと抜け出せない。

記憶と虚構の相交える最高の世界がそこにはある。

さて、前置きはこの辺にして、



 『赤目四十八滝心中未遂』車谷長吉


 

現代私小説家の第一人者であろう車谷長吉の直木賞受賞作。

私はこの作品で完全に私小説の虜となった。

車谷の文体のかっこよさ。

描かれているのは「どん底」。

これを読まずして現代私小説は語れまい。

『小銭をかぞえる』西村賢太

 

 

西村賢太といえば、芥川賞を受賞し映画化もされた

『苦役列車』が代表作だとされている。

しかし私は、この『小銭をかぞえる』こそをおすすめしたい。

圧倒的なダメ人間が繰り広げる圧倒的なダメさ加減。

そこには不快感を超越したおもしろさがある。

古臭い文体のなかに現代用語を散りばめ、

主人公に対して女性は常に新しい言葉を発することに、

西村賢太の文体のおもしろさがある。

『根津権現裏』藤澤清造

 

内容(「BOOK」データベースより)

根津権現近くの下宿に住まう雑誌記者の私は、恋人も出来ず、長患いの骨髄炎を治す金もない自らの不遇に、恨みを募らす毎日だ。そんな私に届いた同郷の友人岡田徳次郎急死の報。互いの困窮を知る岡田は、念願かない女中との交際を始めたばかりだったのだが―。貧困に自由を奪われる、大正期の上京青年の夢と失墜を描く、短くも凄絶な生涯を送った私小説家の代表作。


 

長い間、文壇から忘れ去られていた藤澤清造。

彼の作品を復活させたのは、西村賢太。

西村氏は貧窮しながらも

藤澤清造の作品を再度世に送り出そうとした。

そして、

これはそんな西村賢太の努力の末に出版された

彼が愛してやまない作家の代表作。

壮絶な人生のなかに、確かに笑いがある。

西村賢太の生みの親のような作品。









-オススメ品, 小説, 文学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スティーブンキング『書くことについて』は小説家志望者、必読の書。

ものを書くすべての人にとって、 必読の書。 それがスティーブンキングの 『書くことについて』だ。   スティーブンキングとは? 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 1947年米国メイ …

澁澤龍彦のオススメ本。三島由紀夫が激賞した幻の書『快楽主義の哲学』について。サド裁判とは?

澁澤龍彦とは? 澁澤 龍彥(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお) 1928年(昭和3年)5月8日 – 1987年(昭和62年)8月5日)。 日本の小説家、フランス文学者、評論家。 別名 …

落語は人間の業の肯定である。立川談志の『五貫裁き』の名言。落語と本。

談志の『五貫裁き』を聴いた。 立川談志プレミアム・ベスト 落語CD集「勘定板」「五貫裁き」 posted with カエレバ 立川談志 日本コロムビア 2008-09-24 Amazon 楽天市場 立 …

太宰治『小説の面白さ』〜「面白くない」と言うことで面白くなる太宰の魅力 〜

太宰治は常におどけている。 彼の『小説の面白さ』という文章を 読めば、彼が何故おどけ続けたのか、 わかるような気がする。 「小説と云うものは、本来、女子供の読むもので、いわゆる利口な大人が目の色を変え …

遠藤周作は『沈黙』だけではもったいない。小説だけではなく、エッセイにこそ彼の魅力が詰まっている。

遠藤周作とは? 遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 – 1996年(平成8年)9月29日)。 日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。 代表作は、 …