オススメ品 スポット ニュース

東京(新宿・渋谷・有楽町)でいつでもプルームテックを買える店を発見。

投稿日:2017年8月23日 更新日:


プルームテックを東京で買う。

東京にプルームテック(PloomTECH)が進出したのも束の間、

売り切れが続出し、まだ手に入れられていない方も多いかもしれない。

しかしこのブログでも紹介しているように、

プルームテックはAmazonなどでいつでも買える

「互換バッテリー」を手に入れれば、いつでも楽しむことができる。

 

 

しかしながら、つい最近までは、

カプセルを買うには、インターネットで注文するしかなかった。

会員登録が必要なため、面倒で手を出せなかった人も多いのではないだろうか。

そんななか新宿でこんな看板を見つけてしまった!


東京でプルームテックのカプセルが買える場所

新宿駅東口をでて、

アルタの横の百果園という果物屋の左脇の通りを進む。

目の前にドン・キホーテが見えて来るあたりに、この店はある。

名前は、「vape studio」。

電子タバコの専門店だ。

店の前に、例の看板が。

半信半疑で店内に入ると、

レジの横に、

プルームテックのカプセルが置いてあるではないか!

看板によると、

渋谷スペイン坂店

有楽町店

でも同じ販売が行われているようだ。

プルームテックを試してみたいが、

ネット登録が面倒で試せていない

という方に是非オススメしたいお店である。


-オススメ品, スポット, ニュース
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蓮實重彦『伯爵夫人』で三島由紀夫賞を受賞。蓮實重彦の必読本『小説から遠く離れて』。

蓮實重彦 蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 – )は、 東京府生まれのフランス文学者(パリ大学博士)、映画評論家、文芸評論家、編集者、小説家。 第26代東京 …

【Kindle小説家デビュー】「小説家になろう」や「カクヨム」で小説をアップするってバカじゃない? 出版方法も紹介!これを見ればあなたもすぐに作家デビュー!

Kindleから小説を出版   今回、自分一人で電子書籍を作ってみよう!   と思い立ち、   書き溜めていた小説をKindleで出版するに至りました。   っ …

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

マクルーハン『メディア論』をメディアに踊らされる現代に再考する。

マーシャル・マクルーハンとは? Herbert Marshall McLuhan(1911年7月21日 – 1980年12月31日) カナダ出身の英文学者、文明批評家。メディアに関する理論 …

新しくなったFire HD 8を買ってみた。ダウンロードすべきアプリを紹介。実は小説執筆もできちゃいます。

Fire HD 8が新しくなった iPadよりも圧倒的にコスパがよく、 Amazon中毒の私にとって、これ以上ないタブレット端末。 Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Ne …