オススメ品 知識

面白すぎて増刷?異常に売れてる専門書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』著:川上和人

投稿日:2017年6月24日 更新日:




今、話題沸騰の専門書がある。それは、鳥類学の・・・

話題の書『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』

その発起人、というか著者は、この人。

川上和人

1973年大阪府生まれ。

東京大学農学部林学科卒、同大学院農学生命科学研究科中退。農学博士。

国立研究開発法人森林総合研究所主任研究員。


著書に『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』『美しい鳥 へンテコな鳥』『そもそも島に進化あり』など。

『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』とは?

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

  • 作者:川上 和人
  • 出版社:新潮社
  • 発売日: 2017-04-18

内容紹介

鳥類学者に必要なのは、一に体力、二に体力、三、四がなくて、五に体力?! 
出張先は火山に、ジャングル、無人島……!?

耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘い、吸血カラスを発見したのに、なぜか意気消沈し、
空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――。
アウトドア理系「鳥類学者」の知られざる毎日は、今日も命がけ!

センセイ、ご無事のお戻り、祈念しております……(担当編集者) 



『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』が売れまくってるワケは?

なにせ、専門書っぽくない

専門書というと、堅苦しく専門用語が多用されるイメージだが、

この本では、コミカルで誰もがわかる言葉しか使われていない。

その為、専門書でありながら、読者を限定しない。

「テーマにこだわらず長期的に明るく楽しく鳥類学に励む(p.221)」

ことが目標だと書かれている。

読み始めると止まらない、笑撃のサイエンスブックである。

 

ちなみに、「日本鳥学会の会員数は約1200人」だという。。

 




-オススメ品, 知識
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

玄侑宗久『ないがままで生きる』書評。臨済宗の僧侶であり『中陰の花』で芥川賞を受賞した著者の創作の極意を垣間見る。『アブラクサスの祭』のキーワードでもある「ないがまま」とは?

玄侑 宗久とは? 玄侑宗久(げんゆう そうきゅう) 昭和31年(1956)、福島県三春町生まれ。 慶應義塾大学文学部中国文学科卒業後、さまざまな仕事を経験。 京都天龍寺専門道場に掛搭。現在、臨済宗妙心 …

文章力をつけるためには、コピーライターに学べ。『名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方 』

文章の書き方を何に学ぶか 学ぶは真似る。 名文と呼ばれる文章に多く触れれば触れるほど、 文章力は向上していくだろう。 読書家に名文家が多いのは言わずと知れた事実である。 中でも一番手取り早く、 文章の …

絲山秋子とロック ― 小説と音楽の融合(ビート・ジェネレーション、Theピーズ・・・)

絲山秋子とは? ≪略歴≫ 東京都世田谷区出身。 東京都立新宿高等学校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒。 卒業後INAXに入社。営業職として数度の転勤を経験。 1998年に躁鬱病を患い休職、入院。 入 …

【書評】山下澄人『鳥の会議』解説 町田康。山下澄人の小説から学ぶこと。

  山下澄人『鳥の会議』   この本が単行本として出た時から、 町田康が絶賛したという話を耳にしていた。 それを聞いて読まずにはいられなかった。 読んでみてまず、 語り手の表現(視 …

片付けられない人必見!【買取王子の利用レビュー】本だけじゃなく色々なものを一気に売りたい人にオススメなサービス。

買取王子とは? HPのトップにこう記載がある。 古本・DVD・フィギュア・家電・楽器・ゴルフ・ブランド品の買取なら買取王子 ラクチンお得な送料無料の宅配買取サービス 買取王子では、様々なものを売ること …